三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

yujin

yujinの感想・評価

4.3
「そして父になる。」「海街diary」の
是枝裕和監督作品。
勝敗に徹底的にこだわる弁護士の重盛(福山)。彼が担当することになったのは、
三隅(役所)という殺人の前科がある男。
会う度に次々と供述内容が変わる三隅。
事件の真相は全く見えないまま裁判を迎えようとしていた。
一人の女の子と出会うまでは。

日常を丁寧に描き、まるで本当に存在する人物のようにリアリティを演出をする是枝裕和監督。
海街diary同様、テーマや雰囲気は変わっても是枝映画である事は変わっていない。
私達は重盛自身を知り、その気持ちに近い形で三隅という人物を追っていく。

「この場所では誰も本当の事を言わない」
このセリフこそがこの映画の本質を表している気がします。
誰が本当なのか。何が正しいのか。
人が人を裁くという事に正面から疑問を投げ掛ける台詞。
重盛の心が徐々に揺れ動き、三隅の真実を追い求めて行く様になる姿が上手に描かれて行きます。

是枝裕和監督らしく、映画自体は
ゆっくりとした時間の中で明確な答えを示す形は取りません。
好き嫌いは分かれますが、
私は非常に楽しめました。
是枝監督の作品を観ると、いつも思わされることだが、
殺人事件がテーマのこの作品では、特にそれが色濃く出ていた。

結末を迎えて、エンドロールが流れる時に
〝これが世の常だよな〟と思わされる。

殺人犯として起訴され、自白もし、極刑がほぼ確定の男。
その被告人を弁護するために、雇われた弁護人たち。
動機を探る中、供述が二点三転し、新たな新事実が明らかとなり、浮かび上がるある女の子・・・

殺人犯役に役所広司、彼を弁護する弁護士役に福山雅治。
鍵を握る女の子に広瀬すず。
癒し系若手女優と、ダンディのそろい踏み。

殺人犯役をしても、役所広司のセリフ回しには、説得力や情というものが強く感じられる。
そんな役者さん、なかなかいないと思う。

テーマが重く、咀嚼するのに時間がかかる作品だが、不条理な世の中をしっかり描ききっていたように感じる
《いきなり余談》
現時点で、役者として、福山雅治より広瀬すずの方が一枚上手だと思う……。

きゃーっ🙀また余計なことゆっちゃった!
日本中の女性の皆さん、ごめんなさい🙇‍♂️
吹石一恵さん、ごめんなさい🙇‍♂️



ところで、この映画は、「人が人を裁く」司法への皮肉が描かれたサスペンスミステリー。

確実に死刑を宣告されるであろう殺人犯を担当した弁護士の物語。

彼が事件を調査をしていくうちに、こいつ、本当に犯人か?と、徐々に疑わしくなってきます。

そして、驚きのラストへ…。

ちょ〜ぉ、面白かった!

本作品の最大の特徴は、謎解きのヒントが、直接的なセリフや映像では表されず、全て"暗示"や"暗喩"によって示されます。
ここが好みの別れ目、平均点の低さに繋がっていると思います。

↓↓↓ネタバレは私なりの見解です。ラストにもやもやされた方は、良かったら参考にして下さい。(かなり長いですけど)






▪️登場人物
・シゲモリ(福山雅治)
・ミスミ(役所広司)
・サキエ(広瀬すず)


犯行はミスミの単独によるものです。

サキエは、父親を殺したいほど憎んでいた事は事実ですが、犯行には関わっていません。
その事は、作中でのシゲモリと不自然な会話の流れで「嘘じゃありません」が暗示しています。

そして、ミスミが元裁判長へ送った手紙。
あれは「せっかく救って頂きましたが、これからまた殺人を犯します」という贖罪の為です。

また手紙には、雪でバースデーケーキをつくった際、「娘は手袋を持ってなくて、片方を分けてあげ…。手がとても冷たかった」とあります。
この時、冷たくなったお互いの手を温め合う時に、ミスミはサキエが虐待を受けていたことを知ります。
言葉でなく、手と手を合わせる会話で。
手紙にあった「温かくて冷たい思い出」とは、サキエと雪遊びをして、手を温めあった事が、温かい思い出。
サキエの虐待を知り、犯行を決意した事が冷たい思い出です。

手のひらを合わせた時、サキエも"何か"感じました。そして、後に犯行現場を訪れたとき、父親を殺したいほど憎んでいた事を、手のひらを通してミスミへ伝えてしまった事を確信します。つまり、間接的に父親を殺したのは、サキエ自身であると気づいたんです。
それが、サキエが父親を殺したシーンです。
あれは彼女の妄想です。

五羽のカナリアから虐待を受けていた一羽のカナリアと同じ。サキエはミスミの手によって、自由を得て、大空へと羽ばたきます。
この事は、ラストシーン、ミスミが退廷するする時の仕草が示しています。

そして、
【三度目の】殺人。

被害者は、ミスミ。

犯人は、「司法」です。



※「うつわ」の意味だけ分かんなかった。
土曜プレミアムで。
是枝監督。
真相は明らかにならない、想像に委ねられ系。
役所広司さすが。
ゆーた

ゆーたの感想・評価

3.5
モヤモヤ。。。
たそ

たその感想・評価

4.8
三隅の供述をどう捉えるか。
じわる。

このレビューはネタバレを含みます

吉田鋼太郎と福山雅治が同期!?
gamakun

gamakunの感想・評価

3.7
正解のないことを考えることの楽しさを思い出した。
>|