三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

まいか

まいかの感想・評価

3.5
結末がはっきりしない。
たぶん、私がはっきりさせて欲しい所はそんな重要じゃないのもわかるけど…

もっと他のことを感じなさいってことなんだろうけど。

ちょっと難しかった
かわい

かわいの感想・評価

3.9
評価が分かれそう


裁判で本音が語られない
鋭い視点で映ってて 見てて苛立ちもするけどこれが裁判の現状なんだと思う

広瀬すず目的で見たけど
役所広司の演技が怖いくらい凄かった
鑑賞後ここの評価を見て驚いた、邦画でここまで良くできた映画なかなかないのに…。

それぞれ解釈の別れる映画だとは思いますが個人的に終着した考察をしていきます。

まず、本事件の犯人は役所広司演じる三隅の単独犯だと考えています。財布のシミやカメラの映像、留萌でも火を使っていること、十字架の焼け跡等。
回想のようなシーンで広瀬すずと共犯のようなカットが流れますがもし広瀬すずも犯行に加わっていたら赤本を持って机に向かう余裕なんてないでしょうし受験勉強してるシーンをわざわざ挟まないと思います。
タイトルにもある「3度目」というのは、1度目は留萌での殺人、2度目はこの映画の本筋となっている社長の殺人、3度目は裁判官が得点稼ぎに慎重ところ等から分かるように杜撰な司法制度に殺された三隅自身を指しているように感じました。
ここまでは私の解釈ですが製作者の意図でもあると思います…、しかしこの映画を難解にしてるのは広瀬すずが劇中で「ここでは誰もが嘘をつく」というセリフです。
これのせいで何が真実なのか中和されてしまって面白いといえば面白い作りになっています。
また、この映画が深みを出しているのは人間関係といくつもある伏線です。
人間関係については書ききれないですが例を出すなら是枝監督特有のダメなお父さんが出てきているところです。(個人的に監督さんによって作品に共通項があるのはとても萌えるポイントです 笑)
伏線に関しては十字架、カナリア、器…、(他にも気づいてないのがあるかも)
カナリアに関してはお手上げで意味がわかりませんでした、一匹逃げ出したと言っていたのはおそらく広瀬すずのことだと思いますが…。最後の方で牢屋の窓を開けて鳥を呼んでいたのにも意味があったのかも…。
十字架はそれぞれ背負うべき罪の事でしょう、社長の焼身跡、カナリア(留萌事件の隠喩)を埋めた跡、最後のシーンで十字路に立つ福山雅治(杜撰な司法制度に結局は加担して三度目の殺人を行った一員として背負うべき罪によってでしょう)

難解だったので参考になれば幸いです。
棒)なるほどーそういうことか(全然わかっていない)

死刑宣告を受けた時に何故かシンクロして動悸がしたよ
十六夜

十六夜の感想・評価

3.1
是枝作品をあまり観たコトないのに、これが2本目なのは…チョイス誤ったか。

役所さんの面会が全部違う人に見えて恐ろしさを感じた。

事務員さんが話し出すと関西弁でふわっと雰囲気が緩むのが良かった。
ものすごくもやもやする
何回見てもわかんなかった
PIXY

PIXYの感想・評価

3.4
是枝監督の作品は毎回考えさせられるんだけど何が言いたいか分からない作品も多い、今作も何だかなーって所から広瀬すず演じる娘の告白辺りでどうなるかって期待したけど・・・観る側に委ねてるのか中途半端。
福山さんの娘役必要?なんかどの親子関係も中途半端に描いて今の現代社会を写してるなんて言わないよね?
serikamito

serikamitoの感想・評価

1.7
三度目の殺人は三隅本人?
きっと、小ネタがすごい。気づけないけど、きっとすごい。
>|