三度目の殺人の作品情報・感想・評価・動画配信

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

ゆこ

ゆこの感想・評価

3.6
福山雅治かっこよかた、
何がほんまで何が嘘かわからない
モヤモヤが残る演技力。
深かったし引き込まれた。
あなたは、器?が沁みた。
万引き家族を撮られた監督さんの作品ですね。
他の方と同じくモヤモヤが残りました。が、監督はインタビューで「取材を通して出会った弁護士がみな判決の後にもしかしたら…という釈然としない感情を残しながら次の裁判に向かっている、その感情を視聴者にも味あわせたかった」と言っていたそうで、まんまと監督にのせられたー!みたいです。
役所広司はほんとはまり役です。
広瀬すずもいい演技でした!
斉藤由貴は不倫のイメージと今回の役の不倫疑惑がだぶってちょっとウケました。
すっきりしたい方には向いてませんが、重厚な邦画を見たい方にはおすすめです!
役所広司さんの醸し出す、あのなんとも言えない得たいの知れなさ。素晴らしいですね。本当に大好きな役者さんです。
真実はハッキリ語られることなく終ってしまいますので、確かに少しモヤッとするけど…私にはとても良い映画でした。あれこれ考えさせられるこの感じ、嫌いじゃないので。映像の表現も好きですし、福山さんも、広瀬すずさんも素晴らしかったです。広瀬さんの、お母さんとのやり取りのシーンで見せる静かな「怒り」の表情、凄かったです。

人が人を裁くということの危うさについて考えさせられました。そして、人間の意志とは関係のないところで命は選別されているのだという事を、改めて痛感させられました。
デチ

デチの感想・評価

3.5
ながら見するものじゃなかった
ざき

ざきの感想・評価

3.6
思惑が錯綜している!!
評価低めなのでビビってたけどよかった
真剣に見入ってしまう役所広司と福山雅治の演技。
たしかに三度目の殺人
謎が多いところも良き
mz

mzの感想・評価

3.9
あー
凪

凪の感想・評価

3.6
これ是枝さんなのか
EIKUNN

EIKUNNの感想・評価

-
この法廷劇という舞台を使って、単に司法の闇の部分を晒すだけでなく、失業、貧困、、とか他の社会問題をも問題提示するまさに一石三鳥作品。

ミステリーではあるが序盤からほとんどストーリーの波はないのに、最後の十数分で怒涛の連続パンチを喰らった感覚に陥る。是枝監督の作り込まれた脚本・演出の成せる技。

「誰を裁くか、誰が決めるんですか」
「あなたは、ただの、、、器、、。」

《一度目の殺人》は北海道での炭鉱。
《二度目の殺人》は東京の社長。
《三度目の殺人》は??
・死刑宣告になると分かっていながらわざと裁判に負けるような供述をした、三隅自身による自身の殺害?
・阿吽の呼吸で合理性や自らの評価・保身のために死刑を宣告(することができる)裁判所・裁判員・弁護士・検察等の司法?裁判員裁判であったのがポイント。司法の職につく人だけでなく、私たちも「生死を選別する」ことができてしまうということ。
・はたまた、観客(重盛も)が信じたくて、「嘘をつくのが上手」な咲江かも。
etc...

この辺をはっきりさせないのが是枝監督であって、全て正解なのだと思う。

いろいろな方のレビューとか解釈、本当に勉強になります。
>|