三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 250ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

初是枝監督作品。
映画予告からは
主人公弁護士が実利主義一辺倒のイメージが強かったですが
本編みたらまともな人物でした。
やっぱり予告だけで判断してはいけない。

役所広司の生霊じみた演技が壮絶でした。
本当はもう死んでいて実態ないんでしょ?
みたいに感じました。
終始振り回され続けた主人公に同情したくなった。
君はよくやったよ。

司法制度やそれに関わる諸処への諦観。
運命論への諦観。
選ばれる者
選ばれない者。


踏みつけにされてきた自分が選ぶ事の心地よさ。
犯人?の求めるものはそれだったのではないかと。

ほんの少し残念なのは殺された男の破綻している理由。
全く無視されていたので。
そこまでカバーするのは無理か…

蛇足
福山さんは福山さんしかできないんだなあって思ってしまった。

斉藤由貴の演技、娘に纏わりつくような気味の悪さにゾクゾクしたよ。
うん、怖い。

#TOHO1ヶ月無料パスポート発動中
真実に辿りつこうとすればするほど福山雅治が演じる主人公のようにドツボにハマる、まさに人を煙に巻くような掴みどころのない『羅生門』的な展開。頑張って読み解こうにも、この映画で語られることは全く意味がない(のでもう考えないことにした)が、考えるのをやめてしまえば作中のある人物達と同じなってしまうというジレンマを観るものに与える。たどり着いた真実とやらも、観客が真実だと思いたい真実でしかない。

世界中の現行司法制度に訴えかけるものがあるので、そういう意味では海外にも通用する普遍性があると思う。ベストアクトレスは斉藤由貴。最初の登場から得体が知れなくて、この女優さんは本当に天才ですね。広瀬すずもこうなれると良いなと思った。ちょっと長く感じるのがとても残念。
kewpie

kewpieの感想・評価

3.5
ん…私には難しくて、見終わった後、頭が熱くなってました(ー ー;)
もう一回見れば、私にも理解できるのかな…
とし

としの感想・評価

3.5
法廷サスペンス。真実はいつもひとつのコナンとは正反対にある映画。謎解きをして犯人を追い込んでスカっとするわかりやすさと違い観る側に判断を委ねられるし答えも出ずモヤモヤ。法廷の裏側では判決をスムーズにさせるための忖度。裁いているのか救い出しているのかわからなくなる。監督が見せたかったのは被害者の妻が依頼し殺したのかはたまた三隅と咲江が共謀したとかの真実ではないんだろうな。タイトルに込められた意味を理解した。
初見のスコアです。(4.6)
全てがいっぱいいっぱいで整理仕切れていません。

再見:ドキュメンタリーではないのに神の視点を持たない手法に翻弄されます。やはりすごい映画だと思い知らされました。現代社会全体に共通の歪みを、切り取られた一つのコミュニティーの中で浮き彫りにする手腕に脱帽です。
クリスティ『検察側の証人』を連想させる二転三転の裁判劇を繰り広げながら、最後は人間と裁きに着地させた是枝監督の作劇術が凄い。哲学性を帯びた『検察側の証人』と言うべきか。この凄さは「物理的事実」と「裁判戦略上の事実」を手玉にとり、真実を遠ざけて行く役所広司の演技に負うところが大きい。対する戸惑い、翻弄される、いささか露悪的な福山雅治の弁護士もよい。ただ、役所広司に戸惑いも翻弄もされない露悪的じゃない本格的な悪の弁護士のバージョンも見てみたいと思ったのは贅沢に過ぎるだろうか。
確かに、観た人とによって感想が違うだろうなと思う。

「よくわかんなかった」ていう人、「言いたいことは分からなくないが腑に落ちない」ていう人、様々だと思う。

終わってもまったくスッキリしない笑

ただこれは、「アレはどういうことだったんだろう?」ていうのを考えるのを1人でまたは観た人同士で楽しむ映画かなと思いました。


役所広司演じる殺人犯が、会うたびに言ってることが違う。どれが真実なのか?

だけど、嘘を言ってるのって真実を語らないって彼だけですか?

広瀬すずが言った「法廷では誰も真実を言わない。」て言葉が印象深い。

世間体を気にしたり、勝敗を気にしたり、時間を気にしたり。

そういうことも観客に投げかけているのかな。



結局、真相はどうだったのだろう?と思うまま終わってしまった。

タイトルの意味も分かりそうでわからない(自分的に笑)

なんか観終わった後、場面やセリフを反芻して考えてしまいます。笑

良作でした!( ̄▽ ̄)
大幹として現行の司法について考える機会となる作品でした。
陰鬱とした暗い雰囲気が始終続き、最後の方までなかなか物語の核たる部分が見えなかったので、少し疲れてしまいました(笑)
ですが、物語の端々にあった要素と福山さんの最後の一言がヒントとなって、鑑賞後に登場人物の思考や場面の暗示について自分であれこれ考察できて面白かったです。
aono

aonoの感想・評価

3.8
おそらくこうである。ただ確証がない。それどころか否定しうる材料まである。結局は誰を信じるのか。何を信じたいのか。
重盛の解釈に納得するのが一番手っ取り早いが、そうじゃなかった時の恐怖が最後まで残ります。
判決が出たという意味でこの物語は完結しますが、かなり考えさせられる作品です。
脚本もそうなんだけど何よりも演出がとんでもない
携帯を持つ手を変えたり、海街っぽくゆっくりカメラがスライドしているのを見ると是枝監督らしいなと思うけど、今回は初めてのシネスコだから今まで見たことない演出まみれ

特に面会室の演出がすごい ガラス越しに二人の顔が重なる瞬間鳥肌が立ったし、終盤言い争っているときにイマジナリーラインを割る演出もお見事

今のところ今年の邦画ベスト こんな是枝監督見たことがない!