三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 250ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 「あなたは器?・・・」これが全て。私の話す真実なんて誰も興味はない。みんな勝手に思うように思うだろう。ならば私は器になってあなたの思うことを受け入れましょう。だからタイトルは「三度目の殺人」それは自分自身を殺すということ。三隅は自分を殺して、純粋な真実と誰かが信じたい真実のダブルスタンダードがまかり通るこの社会に対してのアンチテーゼとしての存在になった。しかしそれは自殺か?それとも誰かが殺したと言うのが適切なのだろうか?

 で、工場長を殺したのは誰なんだ?観終わってそう思うのは当然。誰が彼にそうさせたのかということが一番のテーマだから。是枝さん攻めてんなぁと思ったけど、その分最後のセリフなどちゃんと分かるように配慮してる。あのセリフはなしでも成立はしてるし、そもそも三隅はずっと答えを言っているし、川島と摂津の対比もある。ちゃんと主人公が答えに辿り着いて答えを言うので親切な作りになっていて完璧。これはただの司法批判じゃないし、もっと普遍的なもの。誰にでも思い当たるところはあるだろう。

 テーマとリンクしていて素晴らしい出来の頬を返り血で汚した三人の映るポスター。ある意味これはネタバレポスターですね。デザイン的にはあんまりパッとしないなと思ってたけど意味がわかると唸らされる。映画内でも最後の接見室での重盛と三隅の重ねる表現なんか、やっぱ是枝さん凄いなぁと唸ったし、テーマを表現する方法がホント素晴らしいわ。ラストシーンの十字路まで意味があって見応えありまくりの唸りまくり映画だった。

 三隅は重盛と話す際は重盛の望む三隅を、咲江との時間は望まれるがままの優しい父親像を自分という器に入れて表現していたのだろう。こんな役者冥利に尽きる役というか、実力者じゃないと出来ない難しい役でもやっぱり乗りこなす役所広司は凄まじい。広瀬すずは可愛さが邪魔だった気が。あのルックスでいじめられっ子の陰キャラは説得力ないんじゃないか?そもそも咲江が可愛い必然性がないし。斉藤由貴が憑依してるレベルだったからそれに負けない上手さのある人でないといけないから人選は難しいんだろうけど。バッファロー吾郎Aさんはほんの一瞬じゃなかったか?多分見たと思う。多分・・・

 作家森博嗣が作中で何度も書いてる「動機なんてどうでもいい。誰にも分からない。本人にすらわからないかもしれない」(意訳)
これが正にこの映画を言い当てている。動機はコレですって言ったとしても、誰もが自分の思いたいように思うのだから。
ひらが

ひらがの感想・評価

4.0
裁判を扱った本作。序盤から役所広司さん演じる一癖ある被疑者の登場、事件の真相を紐解いていこうとする流れ。
でも是枝監督の作品という事が頭の片隅にあるからどうもしっくりこない。
ただそこから徐々にこの作品のテーマというか描きたかったメッセージ性みたいなものが見え隠れしてきたような印象。
何故裁判を執り行うのか、そこに本当に求められているものがあるのか懐疑的になる。真実・真相という大事だと思われている事よりも裁判に携わる人間にとっての大事な事、優先されるべきは円滑に進み体裁を守るための裁判。
一番国民が納得できる判決と理解はし難いが真相に沿った判決を天秤にかければ前者なのだろうか。
この映画においての真相は判らないが。
「裁く」という言葉がしきりに飛び交っていた事も心に引っかかっている。
是枝監督はホント奥深い作品をお創りになられるなと感心してしまう。
shiori

shioriの感想・評価

3.5
重盛と三隅の面会シーンに引き込まれすぎた。
もやっと終わってしまったけど、これで良いんだな。色々考えさせられて。
三度目の殺人か。

広瀬すずの暗い演技好きだなぁ。
役所広司の演技が素晴らしくて感動です。
ちぇる

ちぇるの感想・評価

3.5
見応えはあったけれど、結末はあっけなく。
観る人に解釈を委ねた形に。
福山はやっぱり変わった。
爽やかさがなくなってしまった。
でも役所広司さんと向き合う場面が多く
彼なりに頑張っていたのだろう。
司法制度のあり方を問いかけてもいる。
期待が大きかっただけに、スッキリ終わらなくて
残念だった。
それでもスコア高めにつけたのは
また観てみたい気持ちがあるからだ。
終始謎めく本作は鑑賞後も眉間のシワが消えないのだけれど、最大の謎は事件の真実や人間関係ではなく、バッファロー吾郎Aがどこに出演していたか、である。
不可解なエンディングに緊張感のあるBGM、そして流れるスタッフロールに突然のバッファロー吾郎。Oh〜ポカホンタス‼︎

好みがガッツリ二分割される作品、多数派はもちろん意味わからん派。しかし一見の価値あり。
猫

猫の感想・評価

4.0
是枝監督のミステリー?サスペンス?
ということで
早く鑑賞したかったので
映画祭から帰宅し
夕ご飯を食べてから
再び出かけて、レイトショー鑑賞。

面白かった!
役所広司に翻弄される
福山雅治
娘の涙がもしや伏線?
本当のことを言っているのか?
騙されているのか?

法廷ものとして
『それでもボクはやってない』ほどのエンタメ性も
分かりやすさもない。
とても哲学的な話。

何が真実なのか?
何が本当のことなのか?
どうすれば
一番いい
「こたえ」になるのか?
自分が
納得するために、もう一度観てみたい。

役所広司さんの「目」の演技→気迫がありすぎて狂気を感じた。
これで役者としての地位が不動になったのでは?→
と思えた福山雅治さんの演技
が素晴らしい。

一番、常識的と思えた役柄を演じた満島さん
これで顔を覚えることができると思います!(笑)

 2017.09.10 TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞
春乃

春乃の感想・評価

3.7
弁護士は商売なのね~真実を明るみにするのがいいのか悪いのか、あ、これガリレオ!みたいな!
人のためでなく
ましてや自分のためでもない
正義や悪でもなく
真実はひとつなのにそこになんの意味も持たない

世の中はウソばかり真実すらもウソっぽい
映画やドラマの見過ぎなのかもしれませんが真実は真実 本音と建前的なね

そもそも生まれたことに意味を持たせたいのは人間だから
考える葦だから仕方がない、当然答えがあるわけもない
人と微生物の違いを明確に説明できる人なんて居ないのかも知れないな〜〜
このみ

このみの感想・評価

3.4
難しいし、寝た。今回向き合ったテーマというのは新しいものでは無いと思うんだけど、その向き合い方の真摯さと、セリフ、編集での余韻の残し方とか、すごい監督なのだと思わされる。映画って何回も観るものなんだなとつくづく思う。
かつ

かつの感想・評価

3.2
人を傷つけるのはどんな理由があったにしてもよくない。ってやっぱり偽善すぎると思う。
大切だと心のどこかで思ってる人だからこそ嘘の証言をしてしまってる被告人。
周りの噂に流される傍観者達。

どんな事件にしても結局はその場にいた登場人物にしか分かりえない答え。
このパターンの作品は評価しづらい。

正直に思ったのは是枝監督が自ら原案して脚本書いて監督って凄い思い入れの深い作品ってよく伝わってくる。