三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 250ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

Tacky

Tackyの感想・評価

3.9
役所広司のレベルがやばい
ガラスに写る顔の撮り方が素晴らしかった!
トマ姫

トマ姫の感想・評価

4.0
ダメだぁー。誰か解説してヽ(;▽;)ノ

結局 殺ったの殺ってないの?
何が真実で何が真実じゃないの?
なぜ“三度目の”殺人なの?

自分の理解力のなさによってモヤモヤだけが残った。言わんとしてることがわからない。テーマは何?何を伝えたかった?

こんなスッキリしない映画やだよー。後味悪いよー。
RikoYoshii

RikoYoshiiの感想・評価

3.0
歩いても歩いても、海街diaryといった今までのような是枝映画を求めて観に行ってしまったから、あまり好きにはなれなかった。広瀬すずも好きだけど、もっと激しい演技をしているときのほうが好き。こんなに暗いの初めて見た。役所広司と福山雅治を重ねる映し方や、誰が誰を裁くんだというメッセージにはグッときた。話の展開としては福山雅治が役所広司の家に行った時点で話が読めてしまったけど、事件の真相というより人間の心理的な部分が大事な映画だと思うので問題なかった。
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

3.7
思ったより重くはない。

裁判の裏をメインで見せるところが
あんまり観たことない感じで良かった

犯人、被害者、遺族
事件の当事者の思いとは別のところで
裁判官、弁護士、検察
司法関係者それぞれの大人の事情で
裁判が進められてしまうところにゾワっとした。
まだ正義を信じて臨んでいる若手の弁護士や検事(満島真之介、市川実日子)たちの、不満をぐっと飲み込む演技が良かったし生々しかった

結局何が本当なの?って感じだけど
「信じるのか信じないのかって聞いてんだ!」
っていう台詞はズシーンとくる

役者さんがすごいとやっぱり安心して観れる
圧倒的演技!
CAN

CANの感想・評価

5.0
全て素晴らしかった。
俳優陣の演技から脚本、タイトルまでも。
観終わった後に凄い考えさせられましたが、答えを導き出したところで結局真実はわからない。
最後までずっともやもやして、それがとても良かったです。
また観たいです。

役所さんの演技力が本当に素晴らしい。
あと、個人的に広瀬すずは、シリアスな映画の演技の方が好きです。
jasming

jasmingの感想・評価

4.2
大好きな是枝裕和作品です。

その中でも特別に大好きな「誰も知らない」と「ゆれる」(監督は弟子の西川美和さん)の感じ。

対峙していたふたりが
ガラスに映る反射で同じ向きになり重なる。
あっちの人の話と思ってたのに
こっちの自分の足元がおぼつかなくなる。
映画の話と思って観てるのに
自分のなかにもそんなエゴがあるかも?って
もあもあー。

時間が経てば経つほど、あの伏線をこういう意味だったのか💡とか、味わい尽きず。
さて、ずいぶんご無沙汰な映画鑑賞。このところ私事で忙しい毎日を送っていた自分にとって、いい息抜きになった2時間だった。
とはいえ、頭をフル回転して食い入るように鑑賞していたため、頭は休まる事が無かったのだが…

この映画は、白黒はっきりした、ありきたりな法廷ミステリーではありません。結局誰が殺したのか、その結論すら観客に委ねる、そんな新しい法廷サスペンス。

鑑賞時、自分は役所広司さん演じる三隅が犯人である事は確定なのだと思い込んでいました。ところが観終わってから振り返ると、一体何が真実で、誰が犯人なのか全く分からなくなっていました。

映画のタイトルにもなっている「3度目の殺人」とは何を指すのか、その犯人は一体誰なのか。この映画のキャッチコピーである「犯人は捕まった。真実は逃げつづけた」とはどういう事なのか。
そして、映画のポスターに移る頬に血のついた福山さん演じる弁護士の重盛、役所さん演じる容疑者の三隅、広瀬さん演じる被害者の娘の咲江。この3人はなぜ返り血を浴びてるのか。
これらの事を考えて考えて考えて、じっくりとこの映画の旨味を感じてください。周りの人と話してみるのもいいかもしれません。

この映画は観終わってからが本当の醍醐味だと思います。誰もが抱えている、心の奥底のドロドロした汚いところ。そこを抉られるストーリーだと思います。何度も言いますが、全然スッキリしません。でも、それでも何か得るものがきっと誰しもあると思います。
そして、観終わった後に気付くはず。人は誰しも弱く、汚い。だけど、いやだからこそ何かに生きがいを見出すことでしか前に進めないことに。

2017年、だいぶ後半に差し掛かってるけど、映画一本目。

p.s.久々にレビューを書くとここまで纏まらないのかと嘆く今日この頃。
何が真実で、何が嘘なのか?

…言いかえますと、誰が誰を裁き、あるいは裁かれるのか?という重いテーマを突きつけられているのかと
何が゙三度目゙?の意味が…ガッテン

【追伸】先日観た「関ヶ原」に続いてここでも゙ドローン撮影゙が使われていしたね…流行りです
【脱線】広瀬すず…あまり作品、作品ごとに ちやほやせず、大事に育てたいです…歯の浮くような形容をしなくっても、既に彼女自身『女優のなんたるか?』を理解していると思うんです

このレビューはネタバレを含みます

器について、自分の解釈を少し

「大器晩成」や「器の大きい」と言った表現からもわかるように、日本語においては「人や才能の大きさ」を表わすことが主だ。
重盛は、弁護士としては完全にビジネスマンである。裁判に勝つこと、依頼を最大限達成することを目的とし、感情と仕事を切り離して生きてきた。
重盛は、自分に近しい境遇をもつ三隅と触れ仕事を進めていく内に、徐々に三隅を通して自分の内面を瀑け出し、感じて、アイデンティティを知らずのうちに理解していく。
この様をラストシーン重盛は、人の有り様を推し量る道具としての「器」と表現したのではないだろうか。
内容理解度はともかくとして、
話もシチュエーションも広がりすぎずまとまっていて、その中で内容がギチギチに詰め込まれていて終始迫力があった。

わたしはもう、役所広司の演技という事だけで泣けてしまう。