三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

2.6
期待度が高かったかな。
福山雅治がもっと壊れていく感じかと思ったけど、いい方向の変化で何かインパクトにかけるなあと。
まず広瀬すずの演技に注目。
タイトル通り、三度目の殺人は何だったのかを匂わせる描写が所狭しに広がっているため、なんだろうなんだろう?って考えながら見ると、人の思いや情といった側面から映画を見ることができるのではないかなと思います。
ただ、司法についてとかあまりよくわかりませんが、現状そういうことがあることをグレーゾーンの見解で表現してます。へーって見ることができないので、難しい作品が好きな方はおすすめかもしれないです。
深谷守

深谷守の感想・評価

3.0
芸者な役者たちが思う存分に演技を繰り広げる法廷劇。
真実は1つではなく、明かされる真実だけが真実ではない。真実を明かすことが正義ではない時もあり、あえて明かさない正義もある。
正直なところ、ストーリー展開はモヤモヤしすぎ。いくら観客に判断を任せるとしても、もう少し収束させて欲しかった。
森コロ

森コロの感想・評価

3.3
二度の殺人を犯した三隅(役所広司)と、その弁護士の重盛(福山雅治)、
そして被害者の娘の咲江(広瀬すず)、被害者の妻の美津江(斉藤由貴)を中心に
物語は展開していく。
二転、三転していく三隅の動機と供述、依頼人の利益を優先し、裁判をビジネスと
割り切りながらも、三隅の証言に翻弄され、真実を知るために奔走する重盛、
意外な接点で結びついている三隅と咲江の関連性、さらには
重盛自身が多感な中学生の娘を持つ父親(離婚調停中)であり、
ストーリーは複雑に絡み合いながら、絡まった糸を一つひとつほどくように展開していく。
が、一つの結び目が解けようとすると、また別の結び目が見つかる。。。
まさにそのような感じで、観客も重盛同様、疑心暗鬼というか、
何を信じ、誰を疑えば良いのか、皆目、見当がつかない。
美津江が怪しいのか。三隅とは一体、何物なのか。。。
やがて咲江の話により、物語は新たな展開へと進む。
が、また二転・三転する三隅の告白は、観客のそれまでの推理を見事なまでにひっくり返す。


「三度目の殺人」というタイトル名が、どのような意味をもつのかは
この作品を観た人それぞれに異なるかもしれないし、実際、レビューなどを眺めると
「わからなかった!」というコメントも多数見かける。


が、法廷のみでは決して裁くことのできない犯罪もあるのだということを
この作品は伝えてくれる。


役所と福山のガラス越し(拘置所内の)の対峙シーンが何度も出てくるのだけれど、
正直いって役所がすごすぎて福山がかすんでしまったのが残念なような(汗)。
彼があまり好きでないからなのかもしれないけれど、この重盛の役は福山には
ちょっと重すぎたようにも見えた。
福山がカッコ良すぎるからかもしれないけれど、人間くささが微塵も感じられない。
生活感の匂いがしないというのかな。
そこらへんのこの作品に欠けてい彼の人間くささを離れて暮らす娘との描写を交えて
表現したかったのかもしれないけど、何となく似合わないというか、違和感だけが残った。

この重盛という弁護士は、もっと人間味あふれるそこらへんにいそうな感じの
熱血タイプの弁護士という設定の方が良かったかもしれない。
まぁ、福山が主役というと、このような設定になってしまうのは
仕方ないことなのだろうけれど。。。

個人的にはもっとドライな割り切り型の人か、もう少し情けない感じの人の演技で
観て観たかった(笑)。弁護士というポジションははかっこよすぎるというだけで
マイナスイメージが強くなる気がする。


また、昨今、不倫問題で騒がれている斉藤由貴が、いい意味でも悪い意味でも
邪魔くさかった(笑)。実際、そういうこと(ネタバレになるので自粛)をしそうだし、
男関係にだらしなさそうだし、彼女の不倫は多少は映画の宣伝になったのかな(笑)。



福山と斉藤を除けば、あとの出演者たちは完璧だったと思う。
まぁ、個人的な主観ではあるのだけれど。。。


それにしても長いかなぁ。。。横のおじさん、いびきをかいて寝ていたし(笑)。
おそらく好きと嫌いがわかれる作品であることはたしかだ。
人間の感情って複雑で、自分自身でさえも、自分の感情がわからないときだってあるよなぁ。
真実、って何なのだろう。わたしの中の、正義だとか真実の在り方が崩される映画だった。
観終わったあと、どっと疲れるし、答えが出ないけれど、素晴らしい作品でした。
真実がどうでもいいことだったなんて・・・!結局暴かれずに最後までモヤモヤする。接見や裁判の場で、誰もが被害者のことを悼まないのも印象的。
ルドヴィコ・エイナウディのピアノ、冷ややかで硬くてこの話にぴったんこ◎
カザワ

カザワの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2回見た。何が嘘で何が真実か分からず、見終わってももやもや。役所広司の演技に翻弄される。反射を使った撮り方もとても良かった。
夢

夢の感想・評価

3.8
観終わったあとモヤモヤしますね。
裁判は真実を告げる場所だと思いがちだけど、皆が皆、真実を告げるわけではないし、白黒ハッキリつけるイメージがあるけれど実際は曖昧で終わることのほうが多いのかもしれないなとこの映画を観て、そして咲江のセリフから感じました。

それから三隅のように、ただの器のような悲しい人生を歩んでる人もいる。

この映画は裁判の現実と人の悲しみが混ざり合って滲んだような作品だと思いました。

福山さんと役所さんのぶつかり合い、すずちゃんのダークな演技に引き込まれました。
KKMX

KKMXの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

難しいテーマをいろいろと投げかけてくるだけでなく、スッキリと終わらないため、観終わった後はモヤモヤしながらあれこれ考えさせられる、実にやっかいで最高な映画だったな、との感想です。観応えがありすぎて、なかなか消化しきれない。

印象に残るのは、他者に関心がなく見て見ぬふりをする人たちと、他者に気持ちが向き、理解しようとする人たちの対比でした。前者は前半の重盛、裁判官をはじめとする司法関係者、咲江の両親、重盛父といった人たちで、後者は後半の重盛、咲江、川島ら若手の司法関係者、そしておそらく三隅でしょう。
事件の真実は煙に巻いた是枝監督ですが、上記の対比についてははっきりと前者に対する怒りを表明しています。本作は法廷ドラマの姿を借りた人間ドラマで、無関心で理解にチャレンジしない人やシステムを「お前ら意味ないぜ」と強烈にdisっているように思えました。

「何を考えているかわからない」と言われた怪人・三隅。しかし、彼の情動は丁寧に描写されている印象を受けました。理不尽な運命への怒り、娘への罪悪感、そのような中でも他者のために生きたいという意味への意志。他者の思いを受け止めて「器」になっても、「裁く」という復讐めいたやり方しかできない悲しさ。三隅を見ていて感じることは、悲しみでした。そこには無視され理解されない悲しみもあります。
なので、三隅は理解しようとしない人間を軽蔑します。だから、彼は合理的という名の下に事を進めようとする弁護士たちをコケにするのでしょう。

中盤、重盛に娘から電話が架かってくるシーン。ここが重盛のターニングポイントで、最も印象に残った場面でした。はじめ、自分の都合を重視し、重盛は娘を捌くように応対します。しかし、途中の無言のシーンで、重盛ははじめて娘の孤独さを思いやれました。彼の「…ごめん。もっと一緒に居れたら」といったセリフのトーンは今までとは異なります。
(福山雅治の演技にも感嘆!)
重盛は無関心サイドから理解サイドへの転回を果たし、ここから物語はドライヴしていきます。

そして、重盛vs三隅のガチンコ勝負へ。
このガチンコ感が本作品のもっとも旨い部分ですね。合理的で上っ面な関係は楽かもしれませんが、やっぱりガチじゃないと人間同士のやり合いは面白くない。保身してちゃ、ガチンコの手ごたえは味わえないです。
また、三隅を演じる役所広司の演技が鬼気迫りすぎているため、緊張感もハンパではない。面接室の仕切り版に映る両者の顔が重なっていく演出など、他者が他者の真実に迫る凄みを感じました。同時に、重盛が三隅との間に自他の境界をなくしていく危うさも描かれているようにも思いました。
勝負の結果は、熱くなりすぎた重盛の完敗でしたが、ラストで重盛が語った「咲江を守るために殺人を否認したこと」は、真実かどうかはわからずとも、三隅はそのように生きたかったように感じます。三隅はその後重盛を突き放しますが、あの時の表情や柔らかい光を交えた演出から、三隅の韜晦なんじゃないの、なんて感じましたね。三隅は重盛の理解しようとしてくれた姿勢を嬉しく感じていたんじゃないかな。

最大のモヤりポイントは、咲江の意志が尊重されなかったことです。咲江も覚悟を決めていたのに、ガチンコおじさん2人の「咲江を守りたい」という先回りのおかげで、結局その覚悟は大切にされずじまい。これは、重盛が三隅に同一化してしまい、弁護士としてのバランスを失ったことが原因でしょうね。ガチンコも大事だけど、冷静さも大事だな、と思いました。冷静ならば3人で面会するとかも、法的にOKならばできたような。

とにかく、メチャクチャ面白い映画でした。ホント観応えありました。
yuka

yukaの感想・評価

3.7
結局何か答えだったのかはわからないことが、いろんな人がモヤモヤ終わってた理由だったのか
とにかく暗いけど私的には面白かった!

個人的に…
仲良しの友達と3人で映画観に行ったのも久しぶりだったし、初めての映画館だったし楽しかったぁ