三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

中

中の感想・評価

4.7
正直まだ整理できてないです。
今年の邦画ナンバーワンかも
コッタ

コッタの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

タイトルを含めて、いろんな考え方が出来る映画。
本当のことはさして重要な事ではないのだろうけど、やっぱり気になる。

三隅は本当に神の如く殺されるべき人間を殺しただけのからっぽの器だったのか。
1匹のカナリアを逃がしたように、咲江を解放するためにした美しい殺人だったのか。

死刑判決が出た後の重盛との面会のとき、三隅に後光が刺してるような光の使い方をしてた。
この辺でこの人は神の様にただ裁いただけなのかなと思ったんだけど、、
ううん、難しい。

タイトルの三度目の殺人の意味、これ考えるのが一番怖いなぁ。
きっと三度目は三隅の死刑なんだろうと思うけど、これを殺人とするととても恐ろしい。
死刑制度は司法の名の元に合法的に行われる殺人であると言ってるってことだよね。

考えてみれば確かにそうだ。
三隅の発言からもあったように、裁判官にソの人間の命が委ねられている。裁判長という立場の人は日本で唯一合法的に人を殺すことを決定できる人達だ。
殺されるべき人間を殺すことを決定するのもこの人たちだ。

私達は神じゃないから人間を司法でしか裁けない。
この映画では司法そのもののあり方とかについて本当に考えさせられる。
映画見てこんなに何日も考えたことないってくらい(笑)


あと一つ、最後にいうことはみんな演技めっちゃ上手くて引き込まれる。
役所広司は全く何を考えているのか分からない三隅でしかなかった。
最近はマルちゃん正麺の役所広司しか見てないから余計にね(笑)

あとは広瀬すず!
ほんとにこの子は目の説得力がすごい。
目で語る演技。素晴らしかった。
吉田

吉田の感想・評価

5.0
三人目の犠牲者に気づいた瞬間この映画は素晴らしいと思えた。
ichi

ichiの感想・評価

-
170920 16:30〜
十字架、手紙、咲江の手袋、ピーナッツバター、カナリア・・・

なんとも意味深。

役所さんの多面性演技が凄すぎてもはや謎。

役所さんが笑顔だとちょっと安心すらしたし。


面白かったー!
aya

ayaの感想・評価

4.5
役者さんの演技がしっかりじっとり観れる、日本映画らしい日本映画。

役所さんの、狂人にも普通の人にも見える演技が映画のトーンを作っていてとても良かった。
でも同じくらい印象に残ったのは女性陣。広瀬すずと斉藤由貴のシーンが素晴らしくてゾクゾクしました。女性特有のこわさ。
市川実日子は一瞬の表情が叫びたくなるほど良かったし、福山の娘役だった蒔田彩珠ちゃんも短いシーンで良いスパイスになっていた。

配役自体はあまり意外性がないですが、良いように捉えれば適材適所。しつこいほどのアップで、でも瀧本幹也さんの美しい映像で演技を見られて、惹き込まれました。タイトルバックも素敵で、良い映画だと確信しました。

終わってみれば結構シンプルな話ですが、役所さんの演技に惑わされて最後まで心がグラグラ。すっきりしないですが余韻の残る感じがとても好きです。
skipRA

skipRAの感想・評価

-
社会問題を強く提起する。展開は言葉の情報上でのみ更新され鑑賞者は自発的に思考する必要に迫られる。陰影の効いた映像も再現にはさほど迫られず時より出てくるイメージ像は事件とは異なるもの。淡々としたものにどうアプローチをかけるか。そんな私の鑑賞時間だったと思う。
Masa

Masaの感想・評価

3.7
是枝監督作品は観終わったあとに考えさせれる作品ばっか
Yoshi

Yoshiの感想・評価

4.0
他人事が人事だと割り切れない部分は
共感できた。
が、一方で犯罪を犯してはいけない理性の方が普通は強く働く。
この作品の被告にはそれが欠けていると感じた。