三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

真実の一端で人を裁くことの問題は複雑だな。

三度目は、最後の死刑のことだろうか。
tetsu0615

tetsu0615の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

面白かったというよりは見逃せない映画という感じ

終始犯人である彼に翻弄され振り回された映画である。
結局真実がどこにあるのか?そこを明らかにしないのは現代の司法制度やら裁判や人が人を裁く上での問題点への現れとも言えるのかもしれない。(意図的なんだよな?それとも理解力不足か?)

そんな訳で終始全ての真相は明らかにはならない。誰が本当のことを言っているのかも分からないし何が正しかったのかも分からん。

タイトルの意味も分からないまま終了。

監督が描きたかった上記の司法や裁判なついてのあれこれは特に終盤に如実に表れており、疑問に思う満島は観客の視点とも言えるキャラなのだろう(質問をして登場人物達に説明させているあたりとか)
役所広司の怪演は素晴らしいし、こういう重たい役にも挑んでくれている広瀬すずも好感がもてる

様々な父娘関係が示されたが有効にはたらいていたとは思えなかったがどうなのだろう?

とりあえず他にも見た人間と論議したい映画ではあったが、自身の読解力のなさ故なのか傑作とは言い難い映画でした。
あぁ、もっと深く知りたいものだ。
もう一度見たら理解が深まるか?
りお

りおの感想・評価

2.0
真実よりも勝利にこだわる福山雅治演じる弁護士が成り行きで弁護を引き受けることになった役所広司演じる殺人犯と接するうちに真実を追い求めていくようになるストーリー。
とにかく役所広司の腹の内が読めず終始イライラ。
結局最後まで何一つ真実が明らかにならず、謎だけがどんどん増えていく。
タイトルの解釈は多分合ってると思うんだけど、確信は持てない。
あー、もやっとするー!
ゆうら

ゆうらの感想・評価

4.2
2017年 劇場で鑑賞。
一枚のガラスを介して行われる心理戦...ではなく内側から外側へのアプローチ。それにより外側の人間は自らにも照らし合わせて悩み進んでいく。というあたりで今日本を舞台にリメイクした「羊たちの沈黙」と考えました。
ball3

ball3の感想・評価

4.1
三度目の殺人、
三度目は何をさしているのか。
本当のこと、真実はなんだろうか。
観た後もいろいろ考えてみる。

観た人それぞれが感じ取る、
余白のようなものを
監督からいただいたような。

次回作も楽しみです。
R1200ST

R1200STの感想・評価

3.7
福山、結構いい演技してる。でも、ストーリーがもう一つ盛り上がらなかったなあ。斉藤由貴の設定ももう一捻り欲しいなあ。
なっこ

なっこの感想・評価

3.3
この映画は、2017年の流行語“忖度”という語を思い出させる。

忖度されて引き起こされた出来事は、起きたことの責任の所在を曖昧にする。

観客は冒頭の河川敷での殺人場面を目撃したことで、これは“起きたこと”としておかなければその後のstory自体を信用出来なくなる、それでも観客は次第にその人が本当に殺人を犯したのか、起きたことさえも疑いたくなる不思議。弁護人の視点で事件の背景や被害者家族との意外な接点が明らかになっていくに連れ、次第に被告の話に引っ張られていく。その会話劇がなんとも魅力的。

ガラスを挟んで面会室という密室で向き合い話を聞いているうちに、言葉がまるで鏡のように相手に映し込まれていく。一体誰と話しているのだろう。まるで自分と会話しているよう。自分自身が口走ったことをなぜか相手が言う。相手の感じたことをなぜか自分も口走る、それは弁護士にあるまじき発言だったりする。

これはきっと、見る度に違うところが気になって、違う感想を持つと思う。そのくらい解釈に幅がありそうだ。恐ろしいとも言える、何を撮ったのか、もしかしたら監督さえ分かっていないのかもしれない。そのくらい、意図されたことと、観る側が役者の顔に浮かぶことから見つけることとの間に、いくらかの自由さがあるように思えた。

そして、全体的に光が美しい。
空間に暗さのある映画は、射し込む光の美しさを際立たせる。舞台となる建物もモダンなものが多くて素敵だった。

命を弄ぶのは、一体誰なのか。

神なのか、社会なのか、法なのか、、、奪われた命と、引き換えたものの価値を、誰がどう天秤にかけて裁こうというのか。その罪を、その命で贖えと一体誰が命ずるのか。

勝ちにこだわっていたはずの弁護人が、戦術や裁判官の心情を棚に上げて、被告人の心に寄り添い始めたとき、真実だと思って飛びついたものは、果たして、“ほんとう”だったのだろうか。

殺人という罪を犯すものと、犯さないものとの溝はあまりにも深い。けれど、その溝を掘り、囲み、法が治めるとされる場所は、本当にそこで生きるものすべてに優しいのだろうか。その世界で生きることは誰にでも容易いことなのか。
ここにもあそこにも見えない“悪意”がはびこっている。何故だかそんなことを思わされた。
chrono

chronoの感想・評価

2.0
意味不明だった。思わせ振りな内容が続いて結局最後も意味不明。福山雅治がなんでこんな変な人に心変わりするのかがわからない。
しば

しばの感想・評価

4.0
ん??ん????ってなって2回劇場で観ました。タイトルから深いもん〜〜 是枝監督ほんと好き〜〜
うーーーん
映画にする程のストーリーだったかなあ
大きなどんでん返しも無く、じわりじわりと事実が分かっていく感じ

そこが良いのかもしれんけど
福山雅治が
推理が特別に上手いわけでもなく
言葉の返しが上手いわけでもなく
ただ少しかっこつけて話してるだけの
普通の人に見えてしまった、、笑

主人公ならではの良さが感じれず
終始微妙だった

役所広司の演技うますぎて感動
途中から役所広司の演技に着目して見てしまった笑