三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

まる

まるの感想・評価

3.6
ずっと見たかったのだけれど見られてなくてこれを機会にと思って見た
解釈が何通りもできそうな観客に委ねるタイプのラスト。利害関係で名目上の真実が作られていく日本の司法と、誰も本当のことを言わないその舞台裏、とてもおかしな図だなぁと思わされた。舞台上で行われているのは儀式なのかな?なんなんだろう。そして当たり前ではあるけれども、真実かそうでないかの判断はかなり判断する立場の感情で揺れうるのだなとも感じた。

わたしには難しくてすべてを理解することはできなかったけれど、印象深い謎が多々出てきた。死んだ5羽の鳥はそれぞれ何を指すのか、咲江の足はいつから悪いのか、十字架の意味、本当の犯人は誰なのか…はっきりした答えは導けないぶん、ひとつわかっているのはどうとでもとれるということ。人に人は裁けない。それをわかった上で世の中で行われていることを受け入れていかなければならないんだなぁと思った

こういうのを見ると、中立に近い立場にたって正しい判断をするためには少しでも人生経験積まなきゃなぁ…という気になる。中立なんてないからだ。是枝監督は全てきれいに整理し白黒つけて考たいタイプの人にとってはモヤモヤする(いい意味で刺さる)話を作るのがうまい人なのかもしれないと思う
何度も変わる三隅の証言によって「何が真実なのかわからなくなる」というのが、後の咲江が発する「誰も本当のことを言わない」法廷と重なるという点。そして、三隅という存在が、入れられる中身によって印象などが大きく変わってゆく”器”に例えられているという点が非常に面白くありながらも、決してフィクションとして一蹴できない魅力をもっている。
キャラクターの描き方に関しては、福山雅治さん演じる重盛の、真実というこれまで向き合ってこなかったものと真剣に向き合ってゆく『そして父になる』の良多にも通じるキャラ。そして、役所広司さん演じる三隅の、静かでありながらも常に何かを漂わせるキャラは味わい深く良かった。
演出面に関しては『凶悪』にも見られた、面会室のガラスに映った片方の顔がもう片方の顔と重なるというものが印象深く、面白かった。
法廷サスペンスものの映画はあまり観たことがない私であるが、結構満足できた。
命は選別されてるんですよ、理不尽に”三隅”

終わった後に考えるやつやね、この作品。一緒に見た人と色んな話ができる、好きなやつです。ただ中盤が少し退屈になってしまって、少し残念

ともあれ、遅くなりましたが、
是枝監督、おめでとうございました。
万引き家族必ずみます。
さおり

さおりの感想・評価

4.0
色々考えたくなる映画だった。
別に重要なシーンではないけど、斉藤由貴が広瀬すずに寄りかかる所が印象に残っている。ゾッとした。
aZusA

aZusAの感想・評価

3.0
わかったような、わからなかったような。
三隅さんは器だったということかな。
最後の面会シーン、撮り方が印象的だった。

このレビューはネタバレを含みます

うーん、難しい。
1回目だと完璧に理解出来なかったですね。
モヤモヤして終わってしまった。

ガラス越しの2人のバトル
役所広司さんの目の色がどんどん深く変わっていくところは必見

三度目の殺人の三度目とは?
法律とか裁判とかレイプの暴露、はたまた誰からも信じられない時とか、なんだかありきたりなことしか思い浮かばないけど絶対違うんだよなー

雪の中の3人(十.十.大)は殺す人間と殺せない人間の境目なのかなー

ラストシーンのガラスの反射で2人が重なりそうで重ならない所も意味ありげでまだ理解出来ていない…

うーん、とにかく整理してもう一回観ないと分からなそうです。
chn126

chn126の感想・評価

3.7
見ているこちらまで三隅の話に翻弄されて何が本当なのかわからなくなる
ただ、ラストは見ている側に委ねるかんじなのではっきりすっきりはしない

役所さんの演技はどの役の時も本当凄まじいなというのが1番の印象でしたが、実際の弁護士さんに沢山話を聞いて撮ってる間も悩んだという監督のお話をすごく感じれる深いテーマの映画だと思いました

司法のありかた、人が人を裁くこと、命は選別されているというセリフ、最近のニュースにも当てはまることが多く胸が締め付けられる
良い人は早く死に悪いやつが生き残る
正しさとはなんなんだ…


あとタイトルの「3度目」の殺人の意味がなかなかわからなかったけど、それが自分自身の死刑だとするならば答えは初めからわかっていたことになるのかな。
tksh0921

tksh0921の感想・評価

3.6
事実は1つであるハズが、人間の口から語られるのはその人自身のフィルターを通した“真実”。
つまりは“真実”には主観性を有していて、この“真実”と事実は、必ずしも一致しない。。。
(残念、コナンくん)

だからこその「真実は誰にも分からない」発言だったハズが、自分のポリシーによってブーメラン的に苦悩させられる重盛。

このレビューはネタバレを含みます

三隅の命をかけた真実の告白は、司法という大船によって飲み込まれてしまった。

冷徹無比に見える検察官も、中立の執行人の裁判官も、被害者を弁護するべき弁護人も、立場は違えど同じ船に乗っている。

皆で目配せして、場の空気で持って、公判をやり直すのか、直さないのか。量刑をどうするのか、が決まっていく。
よくわからない部分もあったが、いろいろ考えさせられる映画だった!
福山雅治と役所広司のやり取りは見もの
役所広司の演技すごい