三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

masD

masDの感想・評価

4.5
法廷モノって真実を追求する過程・解明する事に重きが置かれるものですが、事件の究明がされずここまで不完全燃焼で終わるのも珍しい気がします。

「裁判手続の真実として公判前整理手続があります。これは裁判の充実・迅速化を目的にして裁判の準備として事件の争点や証拠を整理するために行われる手続のことです。(公式パンフレット"法廷におけるいくつかの真実 参照")」

よって必然的に劇中でも裁判はあくまでシステマティックに淡々と進みます。と言うか実質何も起こらないに等しい。対して接見室ではスリリングなやり取りで物事が二転三転します。接見室の方が圧倒的にドラマティックであり、より真実に近づいている"様に見える"場面の連続で観ている我々も思わず真実を知りたいと切に願うのです。結局真実は解明されませんが。

少々乱暴な表現になってしまいますが司法に限らず、我々の人間社会では物事を円滑に進めるために無慈悲にもあらゆる事が効率化され、その代償としてあらゆる真実が無かったこと又は見て見ぬ振りをしてやり過ごされています。しかしそれはしょうがない。私を含め大方の大人達はその矛盾というか容赦ない真実を重々分かっているでしょう。そうでもしないと成り立たないシステム。でもどうすることも出来ない。
何で戦争が無くならないの?と言う問いに対する明確な答えが無いのと同じ事で、ある種考えても無駄と言ってもいいかもしれない。
ただ本作の様に映画として徹底的かつ圧倒的に芸術作品として昇華されるともう何も言えない。大傑作です。

接見室の美しさ等細かい事に関しては他の方の素晴らしい評論を参照。
ひーこ

ひーこの感想・評価

3.2
すっっごく難しかった
子供の笑顔も暖かな家庭も一切出てこない是枝さんの作品。なんだか新鮮でした。空想のシーンでは飛び切り笑顔の描写もあり、ギャップが綺麗でした。
刑務所で相対するシーンのカメラワーク、どアップの演技が素晴らしかったです。映画らしい映画だと思いました。
azuki

azukiの感想・評価

4.1
人を裁くとは、、役所広司すばらし
モヤモヤモヤモヤ…って感じで終わった。
鑑賞後モヤモヤが全く取れない(笑)
わたしには合わなかった……

でも役所広司の演技はやっぱり凄すぎた。
素晴らしい俳優さんです。
NOCCH

NOCCHの感想・評価

3.8
接見室でのカメラワークの変化が、とにかく秀逸。
弁護士(福山雅治)の心模様がとても上手く表現されていて、最後のシーンは思わず唸ってしまった(もちろん声は出してない)。
そして、全てを観終えたあとに分かる「三度目の殺人」の意味。
漫画原作の実写映画が乱立するいまの日本映画において、こういうオリジナルな作品に希望を感じました。
suricate

suricateの感想・評価

3.7
いい意味で不完全燃焼感が残る映画だった。
「真実」と言うよりも「人を裁くとは」という視点で見た方がいいと感じられた。
勝ち負けにこだわる弁護士や裁判を長引かせたくない裁判官が印象に残る映画だった。
saco

sacoの感想・評価

3.5
“藪の中”なのか....でも、いく通りもの真実が見えてくるような心理サスペンスだった。
殺したのか否か....そこが問題ではない。そこに至るまでのプロセスに、複雑な背景や心情が絡まり、簡単には割り切れない思いが存在する。

犯人三隅(役所広司)と対峙する重盛“福山雅治)が、事件の深淵に潜るに従い、咲江(広瀬すず)の存在を介して三隅に絡みとられ操られてゆく様が巧みに表現されていたと思う。現実と妄想の狭間で確信と思えたものが揺らぐ。

ラストの接見シーンで三隅と重盛の横顔が重なるところは、重盛が三隅の心底に最接近した感じが良く表現されていて巧いなぁと思った。
「あなたは器だったんですね」という重盛の言葉がこの事件の肝なのかな。

ラストの三隅の微笑みと交差点に佇む重盛のシーンで、結論はどちらの方向へも進めるという事を表しているようだった。
人間心理を撮るのに是枝裕和監督に並ぶ人はそういないと思う。面白かった。
春虎

春虎の感想・評価

3.1
広瀬すずは、こういう役どころ多いな。怒りと被る気がする。すっきりはしない映画。
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます


「この世界には人を殺せる人と殺せない人がいる」

「ここではだれも本当のことを話さない」

過去に起きた殺人と今回の殺人、三度目の殺人はいつ起きるのかと思いながら見ていました。三度目の殺人は三隅の死刑。さらに、結局、三隅が人を殺したのか殺してないのかは分からないというのがこの映画の大切なところ。

3人とも頰についた血を拭うシーンが印象的で、三隅は当然、重盛と女の子は三隅の死刑に少なくとも加担してしまったからでしょうか。

だれが裁くのか。だれが裁くことができるのか。人の命の重さ、司法、いろいろ考えさせてくれる良作でした。個人的には、最後の面会のシーンでのカメラワークと三隅と重盛の会話に少しゾッとしました。器という表現がいい。