三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

mm

mmの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

見なきゃ見なきゃと思いつつ今になってすまった。自分なりの感想を綴りたいと思います。
全体を通してのトーンは暗めであり見終わった感想は、ん⁉️って感じ。
最後の方でやはり三隅は共感覚を持っていて他人の恨みを自らに取り込むことで殺人を犯したんだと、その後の供述も他者からの影響であることは役所広司と福山の顔を重ねていることでも明白である。
そして随所にキリスト的な暗示がなされており、真っ先に思い立ったのがグリーンマイルである。が、恥ずかしながらあまり覚えていないのでまた後日見直します。
冒頭で焼くシーン、十字架、さらに三人の十字架となればキリストの磔刑である。三人の中心が広瀬すずなれば人々の罪を背負っているのは広瀬すずであり足が悪いのは十字架を背負わされてキリストの暗示か?がしかし物語はそれでも犯人の死刑で終わり三隅もそれで良いといった感じで終わるので司法への批判といったレビューになるのであろうが実際の意図するところは他人の感情を自分のものと思ってしまう一人の悲しい男の話を描きたかったのではなかろうか…そして父になるもそうだけどこちらに投げかれられるものに対しては自分の中で消化するしかないのが是枝作品やね。
町山智浩の言う考えさせられる映画は今の日本人に響くのかなぁ…
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

これは…ちょっと…難しい…
3番目の殺人は福山雅治によるもの?
2番目はなんだろう…二人によるものって描写は心理的なものなのか、直接的なものなのか
広瀬すずは、ちゃんと証言していたら何を語っていたのか

見直せば新たな発見もありそうだけど、そこまでするほど好きな映画ではないのでモヤモヤしたまま終了!笑
kabochan

kabochanの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この是枝監督の作品は字幕必須^^;

いつも何かを問われる。
その問われている事がなんだろうって考えるのが難しい


最後に役所広司と福山の顔がわざと重なって見えるようにしているところ、がまさにって感じ。

自分が悪いのだが、途中ながら観してしまったので、話をまとめるのが難しかった。
ずし

ずしの感想・評価

3.5
裁判官の日程や 検事側 弁護側の 都合で 容疑は作られる。裁判の現実 殺したか 殺していないかを 焦点に当てた作品では無いと思いますが 三度目の殺人 の意味を 作品を見終わってから 考えると 鑑賞した人の 思感を問う 作品だと思いました。考え深いです。
馬子

馬子の感想・評価

3.5
「万引き家族」を見る前にこちらを予習

印象深いシーンはあるものの、終わり方のせいで一気に現実に戻さられる感じ
あの置いてきぼり感苦手( ;´Д`)
で結局すずちゃんの足は何が原因だったの?
駄作ですね。

内容もしっかちゃめっちゃか。
法律や裁判に詳しい人なら好きになるのだろうか?
裁判シーンも面会シーンも何も奮い立つ気持ちが起きませんでした。
古畑任三郎シーズン2の明石家さんまの回の裁判シーンは好きだったなぁ。

結局何が言いたいの?
法曹界の闇?被害者遺族の苦悩?
罪に対して誰も興味をもたないことへのアンチテーゼ?
だとしたらはっきり言って失敗です。
謎めかしといて最後まで何もはっきりとしない。
見る人に任せる系にしても情報少なすぎ。
つまらなすぎて寝てしまった。

福山さんの演技も臭いし合ってないし、広瀬すずちゃんの意味合いがわからんし(可愛かったけど)
面会シーンは特に見るに耐えない。
右に福山さんがいたと思ったら次のシーンで左にいたり、見辛い。。。

とにかくみるだけ時間の無駄でした。
見なくていい作品です。
OG

OGの感想・評価

3.2
中盤から終盤にかけて一気に面白くなくなってしまった☺︎
それぞれの役者さんは魅力的なものの、ストーリーが難しいからか、気楽に観れない?☺︎
iketaka

iketakaの感想・評価

3.7
気になっていた作品。
安心のキャスト。
ピリッとした空気を上手く演じていました。

今の法世界に一石を投じるような、少し風刺が利いたような作品でした。
裁きを与えるものは神ではない。同じ人間なのである。
裁判官、弁護士、検事。
彼らが求めるものは正義なのか?利益なのか?
見たくはない裏側を見せられた感じですね。

真相はいかに。
それはタイトルに表されていると思いました。
kubohiro

kubohiroの感想・評価

4.7
日本の汚い処を拾い集めツギハギだらけに縫い合わせたような軋んだ布

人が口にした言葉をどこまで受け止め
感情の根底を理解し得るのが
どこまで難しい事なのか解らせられる...

のは特に日本人だからこそだろう。

三隅役演じる役所広司さん
重森役演じる福山雅治さん
この両役が面接室で行うやり取りは実に見逃せない。
特に役所さんの演技に関しては呆気にとられる事ばかり。


ただ、確実に観た後に気分が重くなるので
今後観る方がいたらジャッキー作品の用意をお勧めします。笑
Makyu

Makyuの感想・評価

3.8
物語に引き込まれました。
是枝監督ってやっぱりすごいんだなぁ。

真実に行き着かないもどかしさと、それを自分で想像する楽しさが、ちょうどいいバランスで共存してます。