三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

役所広司いいわぁ
人が人を裁くことなんて無理なのよね。そう思うと、秩序を守るためにある法律や裁判の存在意義が揺らぐ。

是枝監督はなぜ福山雅治をキャスティングするのか。それが一番のなぞ。
7

7の感想・評価

3.8
今大学でちょうど芥川の「藪の中」を勉強してて、教授に見てよって言われた一本。

「藪の中」は1人の男が殺されたことをきっかけに、何人かの証言をもとに話が構成されている。ただみんな言うことが異なっていて、まるで別の事件のよう。答えは藪の中。

見た後、なるほど!って。まさしくそんな話。
結局のところ、どうなんでしょう?
NaOEt

NaOEtの感想・評価

3.8
裁いたのか、救ったのか。
全てが明らかにならないあたり、現実味がある。
そんな中で裁く司法制度ってなんだろうという所まで考えてしまいました。
役所さんの怪演が凄い。ましゃカッコいい。
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

4.0
久々に邦画の個人的ヒットが出た!
役所広司は本当に良い役者。福山雅治との掛け合いは息を飲むほど空気が作られてた。人によっては解釈が違うだろうし、それによってタイトルの意味も違ってくる。観終わったあとはいろんな人の解釈を読んで、二度楽しめた。笑
はる

はるの感想・評価

-
すごい…
見るものを試す作品
息を呑む音がする
真実は最後までわからない客に委ねられる
全て法は出来レース
誰にさばく権利があるのか
たくさん勉強し、いい大学を出た人間なのか
誰が人の命を決め、価値付け、選別できるのか

最初は是枝監督作品ぽくないと思って見てたが、この社会派はむしろ是枝監督の真骨頂だ
ぐいぐいくる


一緒に映画を見て、哲学や視点を語り合うのが好きだった。お互いの哲学の違いや一致を、または相手への共感を
あれは本音だったか?優しさの嘘だったかとか
自分の顔を見たことがありますか?

僕らは鏡やガラスを使ってしか自らを認識することができない。
顔色さえ光の加減によって微妙に色彩を変えていく。そこに立つのはあくまで仮の姿。百度立てば百度とも違う顔。

同様に、被告の三隅(役所広司)の言葉はすべて虚実であり、真実。重盛(福山雅治)がその本質に迫ろうとすればするほど、藪の中。

あるのは解釈。
それも、世間に浸透する常識という名のただの偏見。信じたいことしか信じない身勝手な忖度。

全き真実などどこにも存在しない。

咲江(広瀬すず)の言動も疑問に満ち、重盛は事件の虚点にしか辿りつけない。

ただ司法の矛盾において三人は渾然たる十字架を描く。

杓子定規な正義で被告人を断罪し、世間を宥めて平穏を装う。

問われたのはその罪なのか、本人なのか、同じ人間が同じ人間をどう淘汰するのか、幾重にも重なる人間性に肉薄できるのか。

裁かれたのは接見室の向こうでなく、良識と呼ばれるこちら側だ。

その虚偽に隔たりはなく、両者は皮肉にも重なり合う。

誰とも知らず最初の一歩を進め。迷妄の末、立ち止まるその十字路で。

このレビューはネタバレを含みます

『目は口ほどに物を言う』
鑑賞中ずっとこの諺が頭に浮かんでいた。

主役3人の目の演技に引き込まれた。
特に広瀬すずのあの瞳は、少女から大人へなろうとしてる10代のうちにしか表現出来ないものだと思う。
足の障害、父親からの性的虐待、母親への不信…ひとりぼっちの17才にとっての唯一の救いは、紛れもなく三隅(役所)だった。
幸が薄いとかそんなチープな表現じゃなく、深い部分から起因する心の陰みたいなものが間違いなく瞳に宿されていて、テレビ等で観る「広瀬すず」のイメージを見事覆してくれた。あの瞳は間違いなく才能で、女優・広瀬すずとして今しか表現出来ない強烈な個性だと思う。蛇足だけど、劇中で何度か『さきちゃん』(役名さきえ)と呼ばれる度に、そわそわした。耳も心も喜びながら「どこどこ?」って言ってる気がした。完全に蛇足。笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

劇中数回挟まれる、裁判官と検察側&弁護陣営が方針会議をするパートは、とても良かった。吉田鋼太郎の「立場は違えど皆同じ舟に乗ってるんだよ…!」と諭す台詞が全てで、裁判官のノルマや法廷戦術など、そこに遺族や被告人の「感情や意思」なんかは全く介在されてない。悲しいけど司法の現実。あのパートがあって良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幾度となく出てくる十字架のイメージ。
主役3人がそれぞれ左頬を拭うシーン。
裁いたのか、救ったのか。
夢の中で、3人が雪合戦するシーン。
同じく、広瀬と役所が共じて殺害遺棄するシーン。
中国の小話。象のどこを触っているのか。

すべてのシークエンスが、「三隅の話す真実と嘘の境界線」を曖昧にし、その曖昧さこそが作中最大の魅力になっていた。

個人的には、カナリアのエピソードや窓越しに餌付けするシーン、判決後に歩きながら手から鳥を放すジェスチャーがとても好き。端から見たら残虐な殺人犯のサイコパス面なんだけど、どこまでが三隅の演技で本音なのか…全部嘘だって良いって思わせてくれる程、三隅の掴み所のない心象をうまく表現していたと思う。

広瀬すずの足の障害の本当の理由は?
どうして広瀬すずは北海道への進学を希望したんだろう?三隅の故郷だから?
福山自身が抱える親や娘との確執とか
とにかくあれこれ邪推せずにはいられないパートが毒にも薬にもならず散りばめられていて、
観賞後はすべての事に疑問符をぶつけて悶々としたくなった。
解釈は皆さんに任せますよ系の映画が好きな人にはもってこい。

斉藤由貴のウラがありそうな未亡人も妙にハマってた。話し方から声のトーンから何から、あんな母親嫌だなー。笑(褒め言葉)

エンドクレジットで『バッファロー吾郎A』って書いてて最後もう一回混乱した。笑

橋爪功がパスタ作るシーンで、役所広司出演の某食器用洗剤が不自然にこっち向いてた。笑

こういう遊び心好きです。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.2
役所広司と福山雅治ー!
些細な会話とかも好きな感じで、ありふれた表現になるけど引き込まれました。
観てる間どきどきしてた。

でも結局のところ最後がどうなのか、
現実問題こういうのは真実がハッキリしないことだからいいんですけど、やっぱりもやもやしちゃう…
sayume

sayumeの感想・評価

2.5
怒りで広瀬すずのファンになったので鑑賞。

ソッコーネタバレ検索。わたしの知識が浅いのか、そこには繋がらなかった!(笑)

期待しすぎた(笑)
是枝監督の資質が悪い方に出た感じ。テーマの重さが画面にそのまま出てしまって画的にも鈍重で退屈。

是枝監督は、本当に才能があるのかないのか、分からなくなって来た。