三度目の殺人の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

mano

manoの感想・評価

3.6
この先は誰もわからない、みんなそうしたわだかまりを持って生きている、ということがテーマで解釈なのかな。

完結、解決を求めて見ると少し物足りないかも。
まる

まるの感想・評価

3.5
供述が次々と変わる犯人。
裁判とはなにか。

役所広司さんの演技が不気味で怖かったです、、、話の内容としてはわたしには少し難しかったなぁ。
でも会話中に顔を重ねる撮り方や、音楽などアートとして映画を楽しむことができました🎬
munya

munyaの感想・評価

2.0
冒頭から音楽で繋げて見せるの秀麗だった。音楽は素敵だけど後半少しどれも同じように思えたかも。
アヤカ

アヤカの感想・評価

3.1
息苦しくて、頭を使う物語。この作品のきっかけになったという“日本の司法の現実”にゾッとしました。吉田さんが話していた、盲目の人と象の寓話が何だか印象に残っています。
ayko1

ayko1の感想・評価

4.0
罪を犯すには理由がある。一筋縄ではいかない色んな人の想いがそういう結果を招いてしまうのは悲しい。
ss

ssの感想・評価

-
「陸王」での熱血漢の社長からの三隅…。
何がしたいのか、何を考えてるのかわからない…。怖いよーーーー!宮沢社長ー!…じゃなかった。
ってくらい豹変している役所広司ならぬ、役者広司。

三隅さん…一体何がしたいんだ。と翻弄されっぱなしの2時間であっという間。

欲を言えば役所広司だけメインキャストにして、他の出演者はこんなに豪華じゃない方がいいなと思った。
何かいろんな意味で気が散る(あんちゃん(福山)、高校生位の娘いるんだ…とか)

牛丼が無性に美味そうだった。

2018/1/22
演技とカメラワークがとても良かった。とくに刑務所の中のシーンが好き。ストーリーはちょっと途中で迷子になってしまった。今から解説読まねば
のあ

のあの感想・評価

3.9
重い広瀬すずちゃんが大好きなので満足。常に役所さんに振り回される(すごい)、真実ってなんなんだろうなあと思った。面白かった。
ゆか

ゆかの感想・評価

-
考えさせられることも出来ないくらい、よく、分からなかった、、伏線を読み取る能力に欠けてるのかな、、、
映画館で見ました。
シンプルなカメラワークでしたが、俳優たちの迫力ある演技に圧倒されました。見終わった後の不完全燃焼感が逆にいいです。