daiki

海底47mのdaikiのレビュー・感想・評価

海底47m(2017年製作の映画)
3.4
はい!ひたすら苦しい!!

サメ映画は大好物ですが、なんて痛苦しい映画なんだ!!!海底47mにずり落ちるというシチュエーション、上がりたくても8mのサメちゃんがうろちょろして、はたまたゲージに留まっててもエアが切れ、よっしゃ!じゃあサメに捕まらんよう上がったろと思っても潜水病のリスクがつきまとう。これは詰んだとしか思えませんねぇ。。

希望が絶望に変わるシーンが何回かあるけど、後半のあの展開は。。。。。個人的にはあのまま終わってたらかなりのトラウマ映画になっていたことでしょう。(というよりも心のどこかで最悪の終わり方をちょっと希望してた感があるw)

窒素を吸うことによる幻覚。。。いやぁ全部怖い。サメよりも窒素の方が怖い。

しかし、最も怖いシーンはリサじゃない方の女が遠くの光を目印に泳ぎながら進むシーン。1人ぼっち、迷子、さりげに降りてきたハビエル、そして底が見えない海底の崖。同じシチュエーションやったらチビる気しかしない。

シャークウォッチングする際はしっかりとしたツアーとかで行きたいですねぇ。