海底47mの作品情報・感想・評価

海底47m2017年製作の映画)

47 Meters Down

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:90分

3.3

あらすじ

メキシコで休暇を過ごす姉妹。ケイト(クレア・ホルト)はホオジロザメをひと目見ようと、“シャークケージダイビング”への参加を計画する。一方のリサ(マンディ・ムーア)は乗り気ではなかったが、ケイトに説得されて二人は沖へ出る。保護用の檻に入り、海の中を堪能しているのも束の間、水上の船とをつなぐケーブルに故障が発生し、二人は檻ごと水深47メートルの海底へ落下してしまう―。 ケージは壊れ、船との通信も途…

メキシコで休暇を過ごす姉妹。ケイト(クレア・ホルト)はホオジロザメをひと目見ようと、“シャークケージダイビング”への参加を計画する。一方のリサ(マンディ・ムーア)は乗り気ではなかったが、ケイトに説得されて二人は沖へ出る。保護用の檻に入り、海の中を堪能しているのも束の間、水上の船とをつなぐケーブルに故障が発生し、二人は檻ごと水深47メートルの海底へ落下してしまう―。 ケージは壊れ、船との通信も途絶え、酸素も残り少なくなっていく。絶望的な状況の中、助けを求める彼女たちに巨大なホオジロザメが牙を剥く―。

「海底47m」に投稿された感想・評価

TOY

TOYの感想・評価

3.0
2018年16本目

シャークウォッチングのゲージごと海の底に落ちちゃうパニックムービー

サメの恐怖より酸素が無くなる感の怖さが…
オチはまさかの展開が意外だったが、なんか微妙…

面白い様な面白くないような…
パニックムービー好きな方はどうぞ。
蒼葉梟

蒼葉梟の感想・評価

2.0
サメの恐怖映画はどれも怖い。
ひたすら迫力があり過ぎて、ハラハラドキドキが止まらなかった。
Saori

Saoriの感想・評価

3.8
姉妹だったのね!
ジョーズ以来、足がつかない海が死ぬほど怖い拙者にとってはひたすら拷問。海底に足がついてもなお怖いまさに生き地獄。

絶妙な気分にさせられるラストはありそうでないタイプで斬新というか残酷極まりなく、ホオジロザメ映画の秀作で候。
MoviePANDA

MoviePANDAの感想・評価

3.9
『海のOh,Nooo‼️🦈😱』

元々は、劇場公開予定の無いビデオスルー作品として製作された海底パニックホラーとでも呼ぶべき作品。それが去年、新潟でも公開される扱いにまで“昇格”したんだから、これを拾ったプロデューサーは先見の明があったという事でしょうか✨いやぁ、ハッキリ言ってナメてましたし、550万$という現在の相場から見ての超低予算でこれを創りあげた製作陣はたいしたもんです❗️

まさにこの状況は...
海のOh,Nooo状態‼️🦈🌀😱
あらすじ呼んだ時は、90分でも“もたす”のが大変そうな案件だなと思ってました⤵️それがまぁ、お見事なもんです✨ひとつ言えるのは、絶対に『ゼロ・グラビティ』は意識してますね。劇伴の充て感なんかは、まさにな感じ。ただ、向こうは宇宙をめいっぱい使ってたわけで、予算抜きにしてもそこは敵うわけない💦ただ、そこを様々な工夫と手を変え品を変えの展開、そして終盤の一捻りでうまぁ~く間延びを回避して上手く仕上げた印象ですね😃

会話を成立させる為、よくあるレギュレータでなくマスク型の呼吸器にしたのは善し悪しあったかと思います。これが会話も出来ない、もしくはおひとり様設定だったら...と思うと、さらに怖くなったであろうと感じつつ、これはこれで良かったのではないでしょうか❓思ってたよりも姉妹がアラサーなお年頃ではありましたが、だからこその大人の奮起と言いますか、それ位の年齢だからこその“もがき”みたいなのも感じられました🏊

いわゆる昨今流行りの“サメ🦈もの”として観ると、この映画は物足りないかもしれません。あくまで🦈さん、いろいろとある弊害のひとつ。それよりも、この映画における最大の敵は潜水病の方❗️浮上したいけど一気に行けないストレス、もし気泡が脳に入ったら即“死”が待つ恐怖☠️「でも上がりたい❗️」のせめぎ合い💦その浮上の中でも、途中でのとあるシーンはホント怖かった😣そこはホラー的描写としては、もう最高な絵面でしたね😆✨

『ゼロ・グラビティ』は、ドSなんて物言いで到底表現しきれない絶望のメドレーに主人公を捲き込む事により、逆説的に“生”というものを浮き上がらせていました。こっちには良い意味でそんな真理はありません。ただただパニックを楽しんで、観ているこちらまで息苦しくなりそうな“ひととき”が楽しめる⁉️映画なのですw

それにしても、この映画に出てくる男性陣はポン・コツ男(お)さんばかりですね😅全く頼りになりません🤷そう言えば、新婚旅行でバリ行った時人生で初めてスキューバやったのですが、恥ずかしながら最初の潜水でパニックになりました😌口を開けて“ふつうに”息を吸えないという状況に、どうにも体が勝手に死を予感して反応するというか、落ち着こうという気持ちとは裏腹に鼓動がどんどん早くなる様な状況でした。だから、劇中のあの前後不覚の感じとかは考えるだけで怖くなります😨でも、その後はすっかり慣れまして、約1時間の海遊を楽しみましたけどね🦈

ちなみに本作とは全く関係ありませんが、今年㊗️40周年のサザンオールスターズのプレミアム・アルバム『海のOh,Yeah‼️』はただ今絶賛大ヒット中でございます✨海の“オヤー”と読みます。産みの親にかけてるそうですw あい変わらずくだらないのが好きな人達です😅ちなみに🐙と🐟が和装で結婚してる何ともシュールなジャケットが目印ですよ🐼
子供の頃よく見た悪夢第1位がサメに喰われる夢。(2位はピエロに殺される夢)
そんな私にとってトラウマレベルに恐ろしい設定の映画。
…なのですがお酒の勢いで鑑賞しました。

これ、設備のいい映画館で観てたらまじでお漏らししてたかもです。
サメ+閉塞パニックのダブルコンボ。
これは完全にシチュエーション勝ち。
企画の時点で「これはイケる!」って思ったに違いない。
頭がいっぱいあるサメだとか、地上に現れちゃうサメだとか、ネタ切れしていたサメ映画界に一石を投じるはずだ、と。

モンスターパニックにありがちなおっぱいデカいお姉ちゃんは出て来ません。
主人公の姉妹はスレンダーで顔もフツーです。
エロボディだと、水中アングルで撮ったときに怖さ半減しちゃうからかな。

冒頭の伏線から序盤の説明的場面をほぼムダなく経て、本編(ゲージが海底47mまで落下する)に至ります。
海でてからはイヤな予感しかしない。
さっきまで南国感満載の明るい画だったのに沖合い出た途端のくすんだブルー。
設備ゆるゆる!ゲージめっちゃ錆びとる!
(ただ、今セブにいるので、このリゾート地特有のテキトーさはすごいわかる。
絶対耐久テストとかしてないし、毎回点検もしてないでしょ?っていう。)

オチどうすんだ一体?って思ってたけど、なるほどこういう感じか。
(追記:他の方のレビュー見て、オチの意味が分かりました!ありがたい!)

この映画の教訓:
その1 自然を冒涜してはいけない
その2 リゾートでハメを外すのもほどほどに

海こわーってなる!
海底怖すぎ⤵
真っ暗な中外には鮫がいまーす♪
状況・・・発狂もんです。

あの二人凄い・・・恐怖の中行動する勇気拍手です。

私ガタガタブルブルしてチビります!
そして、
我輩ケージに入って、鮫など見ないと心に誓いました(*´ω`*)

鮫を見るのはブラウン管を通してだけが一番(σ≧▽≦)σ!
あっΣ(゜Д゜)今は液晶か!ww
Wonder1

Wonder1の感想・評価

3.0
海が怖くなる😱
海、サメ、ホラーと夏にぴったりな作品。
たま

たまの感想・評価

3.3
まあまあなラスト
>|