HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

ほこり

ほこりの感想・評価

5.0
ザムビの中で一番好き。全てのキャラがうまく動いている。泥臭いロッキーが良い。新キャラもみな最高。特にジェシーの身軽さは芸術。
ヂミー

ヂミーの感想・評価

3.6
ドラマシリーズみてなくてこれ初めてみたんだけど、冒頭からアクションすげー!と思いアプリゲームかなくらい登場人物がいたけどカラーバランスとか個性特出感とかが曲のテイストと相まってスッと入ってくるのでみやすかった。素直にすげーわ。ごく稀に大根役者がどこからか浮上するのがンフッてなるけど、演出とかセット、場面構成が豪華だったように思って、そういうのみてた。選曲と切り方がちょっと苦手だったが、これはいまどきの若者が求めるものの解釈と、私の求めるものとのセンスの差異っぽいから仕方ないかな…って気がする
なゆか

なゆかの感想・評価

3.0
アクション映画
凄いキャラっぽいのが
オタク心めっちゃくすぐる。
ヒロさん、EXILEの見せ方
上手いなと思う。

キジーちゃん可愛い
主要キャラクターが軽く20人以上もいるのに、バランス良く見せ場を用意していてストーリーも破綻していないのが素晴らしい。
林遣都さん、窪田正孝さん、山田裕貴さんほか役者陣がハチャメチャな設定に説得力を持たせる怪演を披露していてとても格好いいです。特に林さん、窪田さんの存在感!
1よりハジけてて、3ほど説教臭くない。三作の中で一番面白いと思う。
前作と今作の間に公開された「THE RED RAIN」はどうしても鑑賞する気になれず観てなかったんでちょっと繋がりが心配やったけど、今作の冒頭の説明で全く問題なくクリア。

個人的には前作よりおもしろい。なんと言ってもEXILEメンバー含め役者達の生身のアクションが素晴らしい。
ある意味、日本でもこれぐらいのエンターテイメント作品を作れるんやぞ!といういいお手本のように思える。

そして何より男前のオンパレードが、なぜだか鼻につかないのが不思議。
まめら

まめらの感想・評価

3.0
 冒頭のRUDE BOYSのアクションがピーク。あと車に引かれて現れる達磨たちもよかった。村山さんのVANSのスニーカーほしい。いいトータルコーディネートだ! SEASON1の最終回から思っていたことをダンが言ってくれて個人的にはスッキリ。髪を切ったテッツとナオミかわいい。ロケ地に北九州市とあったので「そんなに治安が悪いのか……?」とか思った。
70〜80年代邦画アクション活劇の空気があるんだよなー
本当に最高。偏愛している。
hrk

hrkの感想・評価

4.2
記録
>|