HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.1

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

Takuma

Takumaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

おもしろい。

冒頭にしっかり復習してくれるから過去作見てなくても観れるかも。

大人チーム(ムゲン&雨宮)とSWORDの面々のシーンが別々で入ってくるから映画2作同時に見てるかのような満腹感。

九十九の一回見送ってからのフロントガラスバリーン最高。

ラスカルとダウトの戦いはラスカル劣勢で大丈夫か!?と思うがその後のSWORD協定の勢ぞろいで男の子は必ずテンション上がりまくる。

今回も達磨はイイ。

日向はターザンしてるし
ベイビーズは板に乗って来る。
「つまり!」
「それが!」
「SWORD協定じゃあ〜!」
はすごくいい。

スモーキーはほぼ出てこない。
今回の主役はロッキー。

プリズンギャングもキャラ立っててイイ。

ジェシーとマイティが仲間やったっていうのもイイね。

ラストの岸谷さん渋すぎ。
コモド

コモドの感想・評価

5.0
公開中の映画3作目を見て滾ってしまったので、こちらのレビューも追記させていただきます。まだハイローを見たことがない人にこそ見てほしい!!の気持ちを詰め込んだダイレクトマーケティングレビューです。

今作は、HiGH&LOWの映画作品の中で単体としての最高傑作だと思います。
1の良かった点を伸ばしつつ悪かった点を改善することで、エンターテイメントとして完成された作品に仕上がっています。HiGH&LOWを知らない方にもきっと楽しんでもらえるはず…!と踏んで、以下ネタバレなしレビューとオススメできるポイントです。皆、ハイローを見よう!!

ドラマシリーズから始まったHiGH&LOWの劇場版3作目(ナンバリングは2)である今作は、当然これまでの映画・ドラマの続きとなっています。
ですが、これまでの流れや世界観についての大まかな情報は冒頭で全部説明されますし(ご安心ください、立木さんの声で語られるこの前置きパートも映画トレイラーのごとくテンポ良くアツい影像で進むため全く冗長ではありませんし刺さる人にはこの時点で完全に刺さります)、グループの対立がアンパンマンとバイキンマンばりにわかりやすく描かれているのでハイロー入門編に最適でしょう。
そもそもの強みとして、『ぶっちゃけ話がわからなくても楽しい』です。その理由としては、
・圧倒的デザインへのこだわり
・圧倒的アクションへのこだわり
・圧倒的音楽へのこだわり
・圧倒的影像技術へのこだわり
他にも良いところは色々ありますがやはりハイローの最大の強みはコレでしょう。
見ていただければわかるとは思いますが、「開始5分で既にただごとではない」です。

デザインについてはもう公式トレイラー等を見てもらうほうが早いのですが、ハイローには複数の「チーム」が存在し、そのキャラ付けとそこに説得力を持たせるデザインが尋常ではないです。
小柄な青年を番長に据える凶悪高校、強面が赤い法被に身を包み太鼓を鳴らして殴り込む復讐一家、パルクールアクションで工業地帯を縦横無尽に飛び交うスラム街の守護神…(まだまだあるぞ!)ハッキリ言ってあり得ません。日本にスラム街は無いしリトルアジアとかいう治外法権の街も存在しません。ここはもはや日本ではなく、ファンタジーなのです。しかしそんなことは気にしてはいけませんし、一瞬で気にならなくなります。

チームにはイメージカラーやデザインコンセプト、イメージソングが存在し、その圧倒的個性で視聴者をぶん殴ってきます。喩えるなら歌と踊りの代わりに拳で競うあんさんぶるスターズ、もしくはプリキュアオールスターズ、アベンジャーズetc…
本当の凄さは、これだけファンタジックな個性派集団に『説得力』を持たせていることです。コンセプトだけなら笑ってしまうような絵空事でも、こだわり抜いた影像技術と細部に魂が宿るデザインや演出により、アニメ・漫画の域から3次元に干渉し得る説得力を持たせ、視聴者をハイローの世界観に引きずり込んでしまいます。ここで労力をケチるとチンケなコスプレ作品と化してしまいます。アニメ漫画原作の実写で「コスプレ乙」と酷評されてしまう一部の邦画の失敗の要因、鬼門でしょう。それを恥も外聞もかなぐり捨て、金にモノを言わせて真顔でブチ破ってきたハイローは邦画の革命になると言っても過言ではないはず…!
これは口でいくら言っても伝わらないでしょう。とにかくトレイラー等公式映像の類をご覧ください。

ストーリーを知らずとも楽しめると前述しましたが、そのストーリーだって決して捨てたものではないのです。勿論ガバガバしてるところはありますが、ハイローの描きたいものにおいてそれらはさして重要なくだりではないのでしょう。
男の友情、信念、仁義がぶつかり合う様は、現代人が恥ずかしくて目を背けてしまいがちな「真っ直ぐなエモさ」をもって訴えかけてきます。スカして笑うのは簡単です。台詞の幼稚さを馬鹿にしたくもなるでしょう。しかし、忘れてしまった青臭さに涙し、滾り、燃え上がった人も多いのではないでしょうか。
「カッコイイ」を追求することになんの恥じらいもない姿勢は疲れ切った現代人に勇気をくれます。「あり得なくてもいい!!青臭くてもいい!!これが俺のカッコイイと思うものなんだ!!!!!!お前らもそうだろ!!!!!!」というHIROさんの魂の叫びが今にも聞こえてきそうです。

特筆すべきはアクションの素晴らしさ!腕に覚えのある俳優さんやプロのパフォーマー達が次々に参戦し、そのクオリティの上昇は止まるところを知りません。手すりを走り、空を舞い、ブレイクダンスで敵を蹴散らし、当たり前のように壁を走り、日本刀を振り回す。コンプライアンスなんて知ったことか!!!爆発する車!!!雑魚どもを蹴散らすバイクアクション!!!

そしてとにかく皆さん、顔がいい…これも説得力に一役かっているでしょう。本当に顔が良いんです…「エグザイル?よくわかんないけど苦手」と思ってるそこのあなた!EXILEを擁するLDHの活動やグループ展開は多岐に渡り、その個性も様々。生粋のパフォーマーが集まっているストイックな集団なのです。そんな彼らが全力を尽くして披露するパフォーマンスが凄くない訳がないんです…こんなことを言っている私自身、ハイローを見る前は「エグザイル?よく知らないけどパリピが好きだよね、私は一生見ないかな…」くらいにしか思っていなかった1人でした。お恥ずかしい…
勿論LDHだけではありません。日本を代表する個性派俳優や、前述した通りのプロのパフォーマー、今をときめく実力派の若手俳優がじゃんじゃん出てきます。こんな映画を手軽な値段で合法的に浴びることができるなんて、この世も捨てたものではありません。

個人的に今回1番目を引いたのは、ハイロー世界の最も強大な敵にして、今まで全容が謎に包まれていた九龍グループでしょう。木下ほうか、笹野高史、岩城滉一等の大物俳優達が演じる9人の頭が、これまた圧倒的個性と演技力で立ちはだかります。「こんなの絶対勝てない…!」と同時に「敵なのに滅茶苦茶かっこいい…!」と思ってしまうこと間違いなし。

映画1作目ではやや冗長に感じられるシーンもありましたが、今作はそれがまるで無い。最初から最後まで息を呑み釘付けになる最高のエンターテイメントです。
私はこの映画を現代人の合法ドラッグに認定します。忘れよう現実のつまらなさを!思い出そうあの青臭さを!!

何もかもが新体験。是非、その目でお確かめください。そして興味を持ったなら、映画1作目や公開中のTHE MOVIE3、ドラマシリーズも是非。
髭

髭の感想・評価

4.0
Movie3レビュー漏れをアップするにあたって2をアップしてなかったことに気づきました。以降観た当時の感想です。


LDHグループ総出演の派手な喧嘩祭り。
男なら萌えるし燃える素晴らしいアクション。そしてカッコいいということに拘った衣装、カット、ライブシーン。ここに来て更に新登場のキャラどっさり出て来たりとか、琥珀さん関連の諸々、突っ込みどころも1を超えて凄いがそれも楽しい魅力。
3で完結するの寂しい。
主にUSBの奪い合い
共闘感が高まってきて良い。
冒頭のパルクールは只々すごい
kiko

kikoの感想・評価

5.0
好きすぎて何回も観に行った。早く円盤化してほしい作品。
アクションシーンはムゲン・雨宮のカーチェイスとSWORDの黒白堂駅の戦いの二本立てで非常に見ごたえがあった。
冒頭の各チーム紹介もそれぞれの特色が映像に生かされていてめちゃくちゃかっこよかった。
なかばみんな、USB!って叫びたいだけやん!
ダイハード?ワイルドスピード?ミッションインポッシブル?
ハリウッド王道アクション映画へのリスペクトに加えて、オリジナルのアクションも素晴らしい!
ヤクザたちのヤクザっぷりも気持ちがいい。

良すぎて2回みた。
*振り返り記録
sk2

sk2の感想・評価

4.0
カーチェイス、アクションは邦画最高峰では。エクザイルグループの人は俳優業頑張ってほしい。(三代目はこれで大体顔と名前一致しました)
格好良さはそのままアクションは前作以上のクオリティ!ストーリー展開もアツい!OPに出てくる鬼邪高校の300ばりのキメ画演出がまさか日本映画で見られるとは思わなかった。
knjht

knjhtの感想・評価

3.5
抗争ストーリーは自分はやや興味薄いけど、カーアクションや各チームの特色ある動きを生かした長回しのアクションシーンの迫力は驚いた。
錐

錐の感想・評価

5.0
普通の邦画なら見せ場として持ってくるようなアクションが延々と続く。
アクの強いキャラクターがこれでもかとてんこ盛りにされて、いつの間にか病み付きになり、見ないでいると禁断症状が出てくるようになった。
これが答えだ。