HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

mf

mfの感想・評価

-
ラスカルズのピンチにsword全員で駆けつける。
守りたいものがそれぞれ違う者たちが利害が一致して一堂に集まって戦う
ベタベタの王道だけどやっぱりいい
そしてどんどん壮大になってく笑
前作から思ってたけど九十九さん化け物じみた防御力をお持ちでらっしゃる
脳味噌の中身を防御と攻撃に全振りした脳筋タイプですね

このレビューはネタバレを含みます





「どうしちまったんだよ琥珀さん‼︎」から幕開けした映画版HiGH&LOW。

「この地域には5つのチームが存在する…」でお馴染み立木文彦のPRIDE以上に漢気がダダ漏れのナレーションが鼓膜を包み込み、ピアスにタトゥーに金髪刈り上げOKと身だしなみに厳しい規則の中でバイクを乗り回し殴り合いで世の中に貢献する愛と平和と仲間がモットーの反社会的半グレ集団EXILEのメンバーが勢揃いする乱闘ファンタジーMVなんだが、あれ?どうしたオレ?
いちいち映画館で金取ってこんなもん垂れ流すなよとあれだけ嫌悪感を剥き出し全力でナメてたHiGH&LOW THE MOVIEにいつの間にかハマってる俺。
無意識の内にドラマ版HiGH&LOWにまで手を出してしまう異例の事態…。

どうしちまったんだよ、オレ!?

HEROさんが仕掛けたハイローとか言う底無し沼にどっぷり浸かったきっかけは全てHiGH&LOWがENDOFSKYから突如鬼ガチエグい進化を遂げてたからである。
一体どのような鬼ガチエグい進化を遂げたのかと言うと、DOUBT、MIGHTYWARRIORS、プリズンギャング、そして津川雅彦、岸谷五郎ら本物の893屋さんがわんさか集まった龍が如くも顔負けの悪の軍団九龍グループ。
SWORD地区を狙うありったけのチャラ悪いヤツらの中からコインの争奪戦で生き残った合格者だけで結成したSWORD反逆同盟軍で一丸となり未だかつてないSWORD潰しを仕掛けにくる鬼ガチエグい切迫した状況に置かれてるのに肝心のSWORDの奴らは団結する気一切ナシ。
てか、九龍グループだけ攻める地域間違えてないか?お前らが本当に欲しいのSWORDじゃなくて神室町じゃないのか?笑
SWORDの連中が揃いも揃ってやる気がないのならSWORD地区の未来はもうあの男に託すしかない……琥珀さん!!こんな時頼れるのは琥珀さんだけ!

まず前回のハイローで琥珀さんの大切な思い出がたくさん詰まった思い出のMUGENループに散々苦しめられたファンに朗報。琥珀さんは正気に戻った。
代わりにヘアスタイルが正気を失ったが琥珀さんはもう追想モードに入らない。迷いを断ち切り人として新たに生まれ変わってSWORD地区に帰ってきた琥珀さんはENDOFSKYではなんと……ワゴン車に引きずられていた💦
どうしちまったんだよ琥珀さん!?Σ(゚д゚lll)

奪い合いがしやすいビッグサイズのUSBメモリを巡りワイルドスピードも真っ青になる日本映画史上例を見ないカーチェイスアクションの真っ最中に引きずられて死にそうになってる琥珀さん。
USB持って目的不明の海外旅行へ行ってた琥珀さん。
帰国後素手で壁を破壊してしまう琥珀さん。
「アイツらが喧嘩する事は間違っているが、アイツらが喧嘩しようとする気持ちは間違っていない。」てな言ってる事の意味がいつまでも行方不明な珍セリフを顔面どアップで言い放ってく琥珀さん。
正気に戻ったら戻ったでこっちの目が点になりそうな自由行動に出る違う意味で鬼ガチエグいパワーアップを遂げた琥珀さんの活躍に今後も目が離せないが琥珀さん1人にSWORD問題を押し付けるワケにはいかない。オレ達の問題はオレ達の拳で解決する!
そうと決まればここから鬼ガチエグい進化を遂げたHiGH&LOWTHE MOVIE2 ENDOFSKYのはじまりはじまり!!
これから始まる100年に1度のSWORD祭り参加を拒否って土壇場で辞退する空気読めてないマジメな子たちも何人かいたがSWORDもコインの取り合いで選抜メンバー決めろよ(笑)

ようやく場の空気を察しWhite Rascals、山王連合会、鬼邪高校、RUDEBOYS、達磨一家の順にSWORDの全チームがワンテンポずつ遅れて大集結!SWORDチーム達のこのいちいちタイミング良過ぎる登場感がヤバイ!てかとっとと来いよお前ら笑
ピンチになるまで奥でタバコ吸いながらスタンバってたとしか考えられない絶妙な間の遅刻。こんなカッコいい遅刻ならどこのモンスター上司も許してくれる!
ただ達磨一家の遅刻に関しては「つまり‼︎」「それが‼︎」「SWORD協定じゃああああ‼︎‼︎」のリハーサルしてたから1番来んの遅かったんじゃねえのか?と俺は達磨一家だけマジ遅刻したと思っている。笑

こうしてハイロー始まって以来鬼ガチエグい規模で拳と拳がぶつかり合うEXILEだらけのインフィニティウォーへと勃発するが、一体何百人参加してんだこの戦い⁉︎笑
前とやってる事は同じなのに鬼ガチエグい進化で前よりバトルシーンが断トツにスゴイことになってる。特にRUDEBOYS。
コイツらがハイローのアクション偏差値を高めているのは周知の事実だがENDOFSKYでもやっぱりスモーキーは抜きで、でも名刺代わりにいきなり目を疑う高所からのパルクール!喧嘩ではブレイクダンス拳法!陸上と空中を極めたこの戦い方。何なんだコイツら⁉︎最強か!!
もう「アルティメット」をRUDEBOYSでリメイクしてしまえよHEROさん!笑

俺はLDHマネーの底力を完璧に見くびっていた。
これから日本の実写映画は全てEXILEグループに任せた方がいいんでない?
見終わった後に、何コレ!?今の何!?すぐさまもう一回見たい!!!!!!となった映画
邦画アクション傑作(自称)は伊達じゃなかった
ケンカがどれも派手で見応えあるのが何本も続くのが最高
音楽の入り方がどの瞬間も最高でオール自社コンテンツ、つよいわ…
美術もスクリーンに映る顔面もどれも絵力が強すぎる …
私個人としては、エグザイル系列の人種に興味がなくてスルーしていたのですが(ファンの方ごめんなさい)母が昔好きでドラマのシリーズを観ていたらしく面白いと言っていたので、私もHiGH&LOWシリーズを鑑賞することに…
(ドラマもシーズン1.シーズン2ともに鑑賞しました。あと観てないのはレンタル開始してない映画のファイナルのみです)

長くて一個一個は細かく覚えてないので全体的な感想を述べようと思います。

観ててまず感じたことは、登場人物が多過ぎ!!グループ多過ぎ/(^o^)\
喧嘩系のやつって確かにグループ抗争とかよくあるし必ずと言っていいほど何グループか出てくるけど、私が今まで見たことあるそういうジャンルの中で1番登場人物とグループが多かった気がする!!

ムゲン、山王連合会、鬼邪高、ルードボーイズ、ホワイトラスカルズ、達磨一家、雨宮兄弟、MIGHTY WARRIORS、ダウト、九龍グループ…等

しかも、それぞれのグループに主要メンバーが5、6人ずつとかいるわけで名前と顔とグループ覚えるのが大変!!
めちゃくちゃWikipediaで勉強したわ!(笑)

正直言って見る前はちょっと馬鹿にしてたんだけど(ほんとにすまん🙇‍♀️)名前とかグループ覚えてきたら一周回って面白くなってきたぞ…!!
逆に面白いパターンのやつでしたわ!
名前も琥珀とか轟とか九十九とか私の厨二心をくすぐりやがるっ…笑
いろいろと面白かったw

こいつらいい歳していつまで喧嘩してるんだ?とかこいつら働いてんのか?とか突っ込みたいことはたくさんあったしもうお腹いっぱいですってなったけど、想像以上にHiGH&LOWを楽しんでいる私がいました…自分でもびっくりした…

エグザイル系列の人達の名前も覚えれたしアラサー頑張った!
よし

よしの感想・評価

-
仕上がり切った数々のアクションシーン、ファッション、音楽、チームの特色、汗に光る筋肉...。
いろんな分野の凄い人が磨き上げて仕上げたのだろうなあ。
ずっと4番打者みたいな、ずっと見開きページの大ゴマみたいな、ずっとスター取ったマリオみたいな、金太郎飴的映画。得体の知れない映画。わからん。すごい。つよい。
この映画はとにかくアクションですね!
スケールが大きいし、アクションの動きも珍しいというか、今まで見たことないようなアクションで楽しめた。

ストーリーは単純で分かりやすい。
ストーリーなんてのはこの映画には
そこまで重要じゃない!アクションと各俳優達がかっこ良く映ってれば成り立つ映画です!
TDC

TDCの感想・評価

-
最高の二作目、と呼ぶにふさわしい。
「三部作で2が一番面白い説」というのがあって、洋画にはそんなのがうじゃうじゃいるだろうけど、これだけは言わせてくれ。

日本にはザムがいるんだぜ!!

最高の打ち切り感というか、3まだ観てないけどもうぶっちゃけこれでおしまいでもいいっちゃあいいですわ。

ストーリーの作り自体はザム1とあまり変わらず。でもピースが一つひとつはまっていく強い快感がある。平均視聴率が高いというか。突っ込みどころを100増やしたけどエモーショナルなところも300増やしました、みたいな。

イチオシは九十九さんがUSBメモリを取り返すシーンです。あと達磨一家の乗り込み方、アホか。アホなのか。
唯一の不満はスモーキーの出番の少なさ。あの子ぜんぜん祭り顔出さねーのなー。
わたしの家で友達と応援公演。笑

各チームに個性があり、各々に因縁があるので、前回内容及び今回のあらすじをネットで確認してから鑑賞。ネット情報が面白すぎるまとめ方してるので、既に笑いすぎて体力を削られる。

ネット情報でこれだけ笑えるなら、本編はトンデモナイ。素晴らしいアクションとツッコミどころ満載なストーリー。完全にルックスがターミネーターみたいな奴もいて腹を抱えた。笑

色んな意味で最高。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
いやぁ…良かったなぁw

ものすごく期待値を足の裏まで下げて鑑賞したのが良かったのが、それぞれのチームもより掘り下げられてるしアクションにも力入っててよかった。

やはりマイティーウォーリアーズ最高っす。
もう2時間ずっと彼らのライブシーンでいいですw


そして敵対する九龍グループのそうそうたる面々wまじでキャストはすごいw

岸谷五朗さんの「ぃんっぺぃできるんだぉ…!」は思わず真似したくなっちゃう。

あと琥珀さんどうしちまったんすか!?
長髪は似合わないっすよ!!!!
昔みたいに短髪に戻してくださいヨォ!!!!!
Jessy22

Jessy22の感想・評価

4.8
迫力満点、面白かった!!
それぞれのグループがいい味出してて
格好良さもあり内容もよかった。
やっぱり鬼邪高校が1番推せるな。っと思いました。笑

怖い集団がいる中でクレイジーさと可愛さを兼ね備えているので見ていて飽きがこなかったです。
何より出演者が本当に豪華...。
最高でした!