HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.1

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

kazbon

kazbonの感想・評価

3.7
一作目はテレビシリーズの予備知識もなく、まっさらで観ましたが、コンテナ街のバトル等のキレのあるアクションでグイグイひっぱられました!
今作ではアクションの質は少し変わりましたが、なかなかの出来でした。
三作目にも期待です!!
なんかエレクトリカルパレードみてるみたいな感覚だった
見せ場ありすぎて今後ネタ切れするのでは…って思ったけど制作費も無尽蔵だし心配いらなそう
鬼邪高の登場シーンめっちゃかっこいい
おやこうの登場シーンが1番好き
しお

しおの感想・評価

4.5
最&高
琥珀さんのシーンでだれて寝そうになったけど、トータル的には楽しかった!
にはち

にはちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

8月の末にドラマシリーズのDVDを借りてハマり、S2、THE MOVIE、RED RAINと予習してようやくたどり着きました。
レンタルで観たのでDTCとTHE LIVEは未見です。

率直な感想ですが
ハイロー史上最も全員主役。
もうほんと、すごかった。最高。
上映開始から終了までテンションMUGEN。

とにかく質が高く圧倒的密度のアクション。
国産映画でこんなものが見られる日が来るなんて!と思わずにはいられません。
開幕数秒からのルードボーイズのパルクールアクションなど、他の邦画であれば「ココが見せ場!」となるであろうアクションがボコスコ出てきます。
カーチェイスシーンもすごかった。すごすぎてすごいとしか言えなくなりました。
思い返せばほとんどのアクションシーンで笑っていました。

お話ガバガバでおなじみのハイローですが、今作はそれにしても整合性が取れていた気がします。もちろん、他の映画であれば「それはない」の連続なんですが(USBメモリの中のデータよりもUSBメモリそのものの方が重要かのように扱われるなど)、いやまぁハイローだしなあ。とすでに脳みそがおかしくなってることもあり、劇場に足を運んでまで「ハイロー」を観に行くようなひとであれば、もう気にならないレベルだと思います。

増え続けるキャラクターに関しても、最初こそ戸惑いますがすぐに慣れました。なんなら前作までに出てきたキャラクターすら印象に残ってないと初登場の様に感じます。
ハイローはキャスティングがいつも素晴らしいと思うんですが、あれだけの様々な軍団があればどっかしらにハマるだろう。ということなんでしょう。
今作ではなんといってもルードボーイズに佐野岳。これはもう適材適所という言葉がピッタリですし、フォーやジェシー、蘭丸、源次、、、どのキャラクターも素晴らしかったです。

既存のキャラクターに関してもこれまでの積み重ねがあったからこそ、これまでになく魅力的に映っていました。
中でも村山くんとロッキー。
村山くんはS1から積み重ねてきて作中最も変化し、成長したキャラクターだと思います。SWORDの中でもコブラ寄りのポジションで、作中誰も知り得ない日向とのタイマンのシーンは胸が熱くなりました。ただ、今回轟が登場しなかったことが残念でした。全日は遠足かなんかだったんでしょうか。
ロッキーもかつてなく魅力的でした。今作がよかったな。と思う要因のひとつが物語の中心が山王ではなくラスカルズだったことがあると思います。今作のロッキーは他者を思いやることができ、S1でイトカンを襲撃したことはどこへやらのカッコよさ。蘭丸とのタイマンは役者さんの熱演もあって思わず拳を握りしめました。
本当に魅力的なキャラクターがたくさんいて、コブラとジェシーとかもね。書ききれないので書きませんが。
他にも琥珀さんその髪型どうしちまったんだよ!など、言いたいこと語りたいことが尽きません。

いまはただただ次回作が楽しみです。

-------------------------------------------------------

ハイローは予習なしでも観られる。という意見をネットで見かけますが、今作に関してはTHE MOVIE、RED RAINは観た方がよいのではないでしょうか。
ですが、次作THE MOVIE3公開時にはまだ今作のDVDが出ていないと思うので、少しでも興味があるのであれば上映が終わらないうちに劇場に行き、後追いで前作や関連作を観るのがいいと思います。

正直なところハイローというコンテンツに対してトンチキ映画好きのTwitter民がハマっているという認識で舐めていたんです。
確かに僕もそんな中の一人なんですが、それだけではありませんでした。
潤沢なエグザイルマネーだけではできっこない、この上質なコンテンツには作り手たちのものすごい熱があるからこそだと思います。

偏見だけで観ないというのは本当にもったいない。
今回身をもって実感しました。
それを教えてくれたハイロー、ありがとう。

なお、ハイローはヤンキーものではなく、ハイローというジャンルだと思います。
あれをヤンキーという言葉で括るには、全然容量が足りません。
市ヶ谷

市ヶ谷の感想・評価

4.9
もう好きなんで。最高でした。冒頭の海→陸(街)って、SWORD地区どこだよ、日本じゃねえだろ。最高だわ。演出のひとつひとつにワーキャーしちゃう。
やっぱりHiGH&LOWは肉弾戦ですよね! どこでなにやってるかちゃんとわかる肉弾戦、最高!
・ロッキー「女を守る」←最高
・コブラちゃん基本白目むいてる可愛い
・あっかんべーしてる山田裕貴最高
・人間の階段を駆け上がって飛び蹴りくらわす山田裕貴最高
・とりあえず山田裕貴最高
・林遣都「SWORDの祭りじゃ(ギャハハ」←最高
・マジキチ中村蒼最高
・ノボル「復帰戦なのでお手柔らかに」←ボコられまくる(最高)(性癖映画)
・九十九さんに煙草あげたい
・九十九さんと煙草吸いたい
・AKIRAが人間ぽくなってた
・回想シーン大丈夫だから早くエンター押してお兄ちゃん
・そういやメンディ2人いなかった?
・メンディ2、悪いやつじゃない
・スモーキーが出てこなかったのは他の仕事が忙しかったのか
・金爆がラスカルズ脱退したのかバンドが忙しかったのか(同様の理由でふたりしか出てこなかったのか)
・相変わらずの美麗映像でしたが、ちょっと音声処理雑じゃないかったですか(それで-0.1)
・ダンたちどうなっちゃうの
・スモーキーどうなっちゃうの
・おみくんどうなっちゃうの
今年のビッグバジェットアクションの邦画の頂点。チームごとのアクションの差別化や個々のアクションの完成度の高さが劇場版の1と比べて滅茶苦茶進化している。『RE:BORN』と双璧をなす、本当に世界に誇れるレベルのアクション映画。
『RE:BORON』程オリジナリティに溢れてはいないが、こちらは世界各国の色んな映画の良いところを恥ずかしげもなく(褒めている)惜しげもなく、積極的に見境なくパクっていく。RED RAINではゼロレンジコンバットは良いんだけどあまりにもドラマパートが退屈過ぎたり、香港ノワールかなりパクってるけど兄貴が無駄死にだったりと、香港ノワール大好きな身としては流石に苦言を呈した方が良いかなってレベルの出来だったけど、今回のパクリティ(パクリのクオリティ)を見るとかなり丁寧に力を入れてやっていて、ここまでやられると好感が持てる。『ダークナイト』丸パクリの車が前転するシーンとかカメラのアングルも一緒だからね。誰もが気づく。でももう良いよ!もっとやれ!ドラマパートをメロウな曲に合わせて一気にさっさとやって退屈な部分を上手く誤魔化せたのも良かったと思う。
HiGH&LOWというドラマシリーズとこれまでの映画二本で積み重ねてきたキャラクター劇の楽しさもあるが、アクションだけでもマジで見る価値がある。特にカーアクション、車やバイクを走らせながらのアクションは、そのアクションの目的のUSB争奪戦と言うのは圧倒的に頭が悪いけれども、邦画でコレ以上のものは今他では作れないと思う。一回見逃したと思ったらダッシュで追いついて車のフロントガラスを619でぶち破る九十九さんとか、三角飛びで屋根に上がって屋根にいる敵を蹴落とす雅貴とかマジで最高。
FUNK JUNGLEのLIVEシーンもホント格好いい。ずっと見てたくなるかなり良い出来。そして個人的にしかめっ面してたのにノリノリでダンスするフォーが最高。
MVPはターミネーター源氏。彼は素晴らしい。源氏が出てきたときにかかる「リンリンリン…」て言う謎のホラー風味テーマ曲も良いし何よりも源氏の首の筋肉がヤバイ。刀攻撃の命中率にだけ難があるけれど、不気味な起き上がり方、異常な耐久力、渋とさ、存在感が素晴らしい。最初の方の源氏vs琥珀・九十九、中盤の源氏vs琥珀・九十九・雨宮兄弟、どちらも見ていて超楽しい。
ベストバウトは上記の中盤のvs源氏と迷うところだけど、コブラvsジェシーかなと。この二人の戦いが片足タックルからの打撃とか投げとか、スタイルが似てて噛み合うのか無茶苦茶面白い。もっと見てたい。
あんまりちゃんと見せてくれないけど大和vsブラウンも凄い良かったし、ルードの階段と言うものを知らないんじゃないかレベルのスーパパルクールアクションも本当に良いし、鬼邪高の騎馬戦とか達磨の訳の分からない壁倒しとか、お話の都合上割りを食ってしまったホワイトラスカルズ以外は全て見せ場があって素晴らしすぎた。最高の祭りだった。最後のスリーハンドレッドパクリキックも良い!11月が楽しみで仕方がない!

言いたいことが無いわけではなく、あんな近くに刑務所2つもあんのかよ!とか、ってかサンキングス刑務所って日本の刑務所の名前かよ!とか、流石にノボルはこんなに強くないだろーとか、USB手放した後なのにUSBから手を引こうとか訳のわからないことを言うダンテッツのどうでも良すぎる内輪もめとか、正直次の一作で風呂敷畳みきれる気がしないとか、マジで海外で何してたんすか琥珀さん!とか海外行ってる期間そんな長くなかったと思うんですけどどうしてそんなに髪伸びちゃってるんですか琥珀さん!とか色々あるんですけど、まぁきっと琥珀さんは海外でプロ格闘家やってるはずの小西と太田を援軍として呼びに行ったんだよね!

突っ込みどころもかなりある愛されるべきお祭り映画でこの祭りにノらなきゃ損!是非映画館で!!
劇場版1くらいは見ておいた方が良いかな。

これ以上新キャラ出すとマジで収集つかなくなるけど、敵キャラとして坂口拓と虎牙光揮と武田梨奈と清野菜名と坂口茉琴を出してくれ!!もしくは海外マフィアのボスとしてドニー・イェンを頼みます!!!!!

P.S.
wiki読んでたら龍也さんの名前に「龍」の字が入ってることに気付いて、死んだことになってるけど実は裏ボスなんじゃないかと深読みしてしまいました笑
msken019

msken019の感想・評価

5.0
観るたびに新しい発見がある。