スタンダード

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれたのスタンダードのレビュー・感想・評価

4.0
【Stronger】


原題が『Stronger』であることの意味が、
本作を鑑賞すると分かってきます。


本作はボストンの英雄(ボストン ストロング)
を描いているというよりも、
人間の強さを描いているからです。


なお、
本作のStrongerは複数人存在します。


【Strongest】


本作のStrongerは誰か?


一人目は当然、
主人公ボーマンであることに
疑いの余地はありません。


二人目は、
主人公を支えた彼女です。


そして三人目は、
主人公が働くコストコの上司でしょう。


【完全アウェイ】


爆破テロの後、
主人公ボーマンが入院する病院に
一人で訪れた上司。


病院の休憩室では、
主人公の父親をはじめ
親族や知人が一堂に会しています。


上司を記者だと勘違いした父親は、
『息子のことを好き勝手書きにきたのか!』
と一方的に非難します。


主人公の上司だと分かっても、
『息子を解雇しにきたのだろう!』
と聞く耳を持ちません。


【クロスカウンター】


上司『息子さんを再雇用はしません。』
という返しに父親の怒りは頂点に達し、
父親は左ストレートを繰り出します。


しかし上司は
それを予測していたかの如く、
父親へストロングな右フック
を喰らわせるのです。


ボーマン(スター・ロード)の育ての親は、
父親(エゴ)ではなく
上司(ヨンドゥ)かもしれません。