panpie

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれたのpanpieのレビュー・感想・評価

3.9
ボストンマラソンのテロを描いた「パトリオットデイ」を思い出していた。
あれはマーク・ウォールバーグ演じる警察官の視点で描かれていたけれど今作はジェイク演じる両足を失った被害者の視点で描かれているのを予告を見て既に知っていたのでジェイクがどんな風に演じるのかとても興味がありジェイク目当てで鑑賞した。
制作にも携わったと聞いたので益々興味津々。
とうとう演技だけじゃ飽き足らずブラピやジョージ・クルーニーの路線に出たか!
「フロリダプロジェクト」のデフォーも観たくて迷ったけど先にまずジェイク。(^^;;
デフォーごめん。
ジェイクには抗えない。
後で必ず観るから。<(_ _)>


コストコで働くジェフリー・ボーマンは野球をこよなく愛していた。
それと同じ位今は別れてしまったが元恋人のエリンの事も愛していた。
約束を忘れてすっぽかしたり時間にルーズで待たせたりして二人は何度も別れたりよりを戻したりを繰り返していた。
ジェフは今度も彼女が出場するボストンマラソンのゴールで待っていればエリンがまた自分の元へ戻ってくると信じて手書きのポスターを用意してゴール付近で待っていた。

走っている選手、歓声を上げる観客達を交互に映し合間ににジェフやエリンを映し少しカメラを引いたりしてこのお祭りを楽しんでいる観客達に戻る。
いつ爆発が起きるかドキドキしていたが爆発は割とすぐに起きた。
ジェフは観客でごった返しているのに無理に通り抜けようとする中東系の男に注意し振り向いた男と一瞬目が合い顔を覚えていた。
事件の後意識を取り戻したジェフの開口一番はやはりエリンが無事かどうかと犯人を見ただった。
そこからは「パトリオットデイ」の通りFBIが登場し犯人を拘束し逮捕に貢献したジェフはボストン復興のスローガンである〝Boston Strong〟に掛けてジェフの気持ちとは裏腹に復興のシンボルとして祭り上げられて行く。



前半部はジェフのPTSDの様子と家族とのズレを丁寧に描いていてジェイクの演技に引き込まれた。
足はCGだったのかな?
CG以外考えられないけどとても自然に感じたしカメラは足は映さなかったがそれより足がない様に自然なジェイクの演技に引き込まれ涙を誘われた前半だったが後半は正直入り込めなかった所もあった。
〝全米で96%の満足度〟とチラシで謳っているがそこは国民性なのか描き方が稚拙で単純に感じてしまった私はひねくれているのか、単に日本人だからなのか?
懸命に尽くす恋人も情に流されまさかの予期せぬ妊娠とかこの辺は人生あるあると思ったけど。
ジェフのダメっぷりをこれでもかと演じるジェイクも段々観ていて他の俳優でも良かったのでは?と思ってしまう程。
そしてラストはお決まりの立ち直り。
アメリカ人は好きそうなストーリーに後半から付いていけず観た後ラストは涙も流れなかった。
ただ時々差し挟まれるジェフのトラウマやヒーローに祭り上げられて行く裏での葛藤、母親は違う形で息子を立ち直らせようとしたがそれにNo!と言えないジェフだったり爆弾テロの被害者の心情を丁寧に描いていて想像と違ったがそこは良かった。
退院後自宅のバスタブで一人泣くジェイクも良かったし。
母親も元々飲んだくれだったに違いないがもっと尽くしてやれよ!と思ったがもし自分の息子がテロで両足を失ったらと思うと私も飲んだくれるかもしれないな。
よく失った腕や足が痛むと話では聞くが痛いよりも想像を絶する辛さだろうな。
そんな簡単に立ち直る事は出来ずにヒーローになりきれずやさぐれてしまうのは当たり前だと改めて教えて貰ったように思った。
はじめからヒーローになんかなれない。
事件でヒーローとして取り上げられた人のその後の気持ちを考えた事はなかった。
違う視点で考える事を改めて教えて貰ったように思う。

元恋人が自分の応援に来て偶然にも爆破地点にいてその為に両足を失ったなんてエリンに罪は全くないのに罪の意識を感じるのはとても自然で共感した。
彼女のせいではないけど罪悪感を感じる気持ちは痛い程分かる。

もしテロで両足を失ったら?
少し立ち止まって考えてみたが私なら耐えられない。
映画を観た後いつもより遠回りをしてバス停二つ分自分の足を見つめながら歩いて考えた。
もっと細かったらいいのにとかもっと足が長かったらいいのになどと無い物ねだりばかり目に付く自分の足が映画を観た後愛しく思った。
紆余曲折があったがジェフリー・ボーマンはやはりすごい人だな。
義足を付けて歩く事がとてつもなく凄い努力の上に成り立っている事がよく分かった。
あそこでダメダメな彼の子供を堕ろさずやっと立ち直ったジェフを許して幸せな今があるとエンドロールにご本人達の眩しい笑顔が映った時にエリンの包容力に脱帽した。
私なら待てないし耐えられないだろう。
でも折角授かった命を堕ろすなんて出来なかっただけの事だったのかもしれない。
ジェフをやっぱり愛していたんだね。
神様が〝お前一人が被害者じゃない〟とダメダメなジェフに科した試練だったのかもしれない。
お決まりの立ち直りは必須アイテムだったのかもしれない。
観た後は上手くまとまり過ぎと思っていたがこんな感じに人生は七転び八起きの連続であって自分の捉え方次第なのかもしれない。

ジェフを助けたカウボーイハットの男性と会う事を事件を思い出すからと拒み続けていたジェフだったが会ってみたら彼もジェフに救われたと話すあのシーンは良かった。
命を救わたのはジェフだったけれどそれまでどん底を味わっていた一人の人間を逆に立ち直らせたなんて。
自分が思ってもいない何気なく言った事で傷つける事もあるだろうけど人は案外迷っている人に生きるヒントを与えている事もあるのかもしれないなと思った。
二人はこんな出会いだったけど案外こんな事ってあるのかもしれない。
私はこんな時いつも神様の思し召しだと思っている。
無宗教だけど。
辛い事だけど。


先週相変わらず忙しい仕事の合間の休みに叔父さんが亡くなったと訃報が届いた。
最近はあまりお付き合いはなかったのだけど出棺の時に小学校の先生だった叔父さんに「箸の持ち方が違う!」と怒られて泣きながら直された事や野菜嫌いを少し克服させくれた幼少期を突然思い出し涙が止まらなくなった。
人は誰かの世話になって生かされている。
何故か映画を観た後思い出して涙が込み上げた。
叔父さんのお陰で箸の持ち方も完璧に治ったし今では野菜が大好きになったんだよ。
叔父さん、ありがとうね。
お世話になりました。


ジェイクが顔色が良くなく具合が悪そうで微妙に痩せ気味に見えたのは役作りによるものかな?
ちょっと心配したのだけどやはり彼の微笑み顔は最高に素敵だ。
やはりジェイクの力は偉大だ。笑
ジェイクを堪能した所で今度はデフォーを拝みに行ってこようと思う。