MEG ザ・モンスターの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

MEG ザ・モンスター2018年製作の映画)

The Meg

上映日:2018年09月07日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

「MEG ザ・モンスター」に投稿された感想・評価

tower1209

tower1209の感想・評価

3.1
サメがいつ出てくるかのドキドキ感はあったけど、別れとか恋愛とか親子愛とか、わざとらしくて結構冷めた。サメとの格闘も、いやもっといいやり方あるでしょと。まあそうしないと格闘の構図にならないんだろうけど。
にしても、最近中国の勢いがすごい。ミッションインポッシブルでもアリババが出てきたし。アメリカの映画市場にどんどん食い込んでくるんだろうな…
TOSHI

TOSHIの感想・評価

2.2
ジェイソンとうとう人間と戦うのに飽きたみたい。
ステイサム、人外すぎて笑う
eichan

eichanの感想・評価

2.0
ながら見してちょうど良い、
名付けてそのまま、ながら映画。
スティサム主演なので、見る前から安心感。巨大サメでもスティサムなら大丈夫🙆‍♀️ マシ・オカには終盤までいて欲しかった。わんこが食べられなかったので、よし。あと、最後アクアマンかと思った。
ストーリーはありきたりなものだったけれど、深海、巨大生物、サメ、と好きなテーマだらけだったので、見てるだけで楽しめた。
映画というより映像として個人的に高評価
ori

oriの感想・評価

3.5
またまたサメ映画、、

鑑賞したみなさん、
「あ、いや、そっちなんかーーーい」
って思わずつっこみませんでしたか?
(ちなみに私はつっこんでしまった)
サメちゃんがフライイング🦈

海行くのちょっと怖くなりますね(笑)
🔶

今までで深海一をこえるかもしれない場所を特定され調べてみると
まあなんと!あっさり見つかったではありませんか
ところが喜びも束の間
あのサメ(メガロドン)が早速登場です

サメ映画としてよくある作りと思います
しかしよく船から人が落ちますねぇ
どれだけサメに狙われたいんだろうか
まず問題なのはサメを呼び出したのがあなたたちですから
でも大丈夫、あの人がいる
それをふくめて映画なんですよね
_____________________

ジェイソン・ステイサム♠ジョナス・テイラー
リー・ビンビン🔴スーイン(海洋学者)
レイン・ウィルソン♠モリス
ルビー・ローズ🔴ジャックスリ(技術設計者)
ウィンストン・チャオ♠ジャン博士(スーインの父親)
ペイジ・ケネディ♠DJ(遠隔操作担当)
ジェシカ・マクナミー🔴ローリー・テイラー(操縦士)
オラフル・ダッリ・オラフソン♠ウォール
ロバート・テイラー♠ヘラー博士(医師)
ソフィア・ツァイ🔴メイイン
マシ・オカ♠トシ
クリフ・カーティス♠マック(チーフ)

1回目
Maya

Mayaの感想・評価

3.8
海底って宇宙と同じくらいロマンがある。
でも決して侵してはいけない領域があるのだと。
ありがちなつっこみどころはあるけどそこを含めて楽しめた!
配慮して作ったな…?と感じる部分もあったのでもうちょっと好き勝手にやってほしかったなとも思うけど。
こういう系の映画のヒールというか性格悪い奴って歯を欲しがるよね(笑)
あと、犬…!!!

実在するかも???と思うと震える
 米中合作なのでキャストや舞台など中国要素多め。そのせいか捕食シーンはマイルドな味付け。
 主演がステイサムである必要性、メガロドンならではの演出が足りなかった。フレッシュな場面も無くただのデカイサメ映画に。
 何故あの水中施設を生かさないのか。超ハイテク装備vs古代の怪物という対決軸をもっと鮮明に打ち出せば、従来に無いサメ映画になったかも。ラストは、食われたと思われた主人公が腹を破って逆転勝利を収めれば、ステイサムらしさも出て良かった?      期待値2.5
>|