Hideko

わたしはパリジェンヌのHidekoのレビュー・感想・評価

わたしはパリジェンヌ(2016年製作の映画)
3.0
原題: Peur de rien

レバノン人のリナ役のマナル・イッサという女優さん、とても魅力的だと思いました。しかしストーリーは移民問題という重いテーマを掲げながら、「リナの甘酸っぱい青春物語」の域を出ていないように思われました。

ラストの法廷のシーンで登場した彫刻家の女性が印象に残っています。

作品のスコアは2.5点。マナル・イッサの瑞々しい魅力により0.5点の加点です。