サマーフィーリングの作品情報・感想・評価

「サマーフィーリング」に投稿された感想・評価

2019-13

フィルムの映像が美しすぎて切なさが際立ってた
忘れてとも忘れないでとも言えないし日常でふとしたときに思い出す記憶が計り知れない虚無を運んでくるのだろうなと思った
塩田千春さんの展示で 肌の記憶は拭えない みたいなのを見たあとだったのでなんだかリンクしてしまった
それぞれに流れる時間
こはる

こはるの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

突然、最愛の人がいなくなったらどうやって折り合いをつけていくのだろうか。

身内の死についてそれは事実でしかないと言ったのは、悲しいことを過ぎた事実に昇華し納得させるためなんだろう。
死んだ人と生きている人では時間の経過が違うので、生きている人は死んだ人との思い出の中だけでは生きていけないよな。だから、他人から見たら薄情と思われるかもしれないが、死別して新しい恋をすることは悪いことではない。
S

Sの感想・評価

3.5
『AMANDA』と同じくテーマは大切な人の喪失と再生。
16mmフィルムの映像が映し出すベルリン、パリ、ニューヨーク、すべての夏が本当に美しい。
繰り返される夏は完全に上書きされることなく、一つの夏として永遠に、自らの心に、過ごした思い出の街にその欠片が刻み込まれていく。シミのように付いて残る、消えることのない記憶。

最後の夜に訪れたクラブのバンド演奏がまさかのマックデマルコで、去年の夏にNYで過ごした日々のことをたくさん思い出した。
帰り道で全員を写すところとライブを聴くゾエの横顔がすこでした。まさかお母さんがマリー・リヴィエールだったとは...!!
アマンダと激似、同じくらいいい
なつこ

なつこの感想・評価

3.8
友達のライブに行くっていって マックデマルコ出てきたの笑った、盛り上がってないし 映画館で聴くマックデマルコいいね.. 静かで素敵
ようこ

ようこの感想・評価

4.0
「アマンダと僕」がとても好みだったので監督の過去作を鑑賞。同じテーマを描きながら、より長い時間経過を追った作品。
忘れる為では無いけど、動き出すには時間が必要。
穏やかな日差し、風に揺れる緑が印象的。
ebifly

ebiflyの感想・評価

3.2
まどろっこしくて、退屈で、クライマックスのない映画。景色はきれい。人の描き方も丁寧だけど、自分にははまらなかったな。

みんなどんな感情で見てるんだろう?と聞きたくなった。結末も、うーん、なんかなぁ。描きたいことはわかるけど、見てる人が期待してるそれとはズレてる。
ほり

ほりの感想・評価

3.9
色彩や景色の美しさ、マックデマルコ登場の衝撃
K5

K5の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

音楽が良かった!
>|