yochinoir

ブルーハーツが聴こえるのyochinoirのレビュー・感想・評価

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)
2.9
ブルーハーツの挿入歌はすごくいいけど、ショートストーリーひとつひとつが
「ブルーハーツが聴こえる」ではなくてもよかったんじゃないかなって印象。

トイレに吸い込まれる斎藤工と要潤。
手がハサミの女子高生。
ヒューマノイドの市原隼人。
少しドタバタ劇場的でした。

映画作品としてよかったのは豊川悦司の「1001のバイオリン」

映像芸術みたいな捉え方でよかったのは永瀬正敏の「ジョウネツノバラ」
水原希子が死体の役でほぼ全裸での出演。とても綺麗でした。