Hondaカット

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリーのHondaカットのレビュー・感想・評価

3.8
77点。とっても静かで優しい、小さく壮大なお話。亡き夫が妻を見守る物語なのかなと思ったら全然違った。【残留思念】の話というか。…と、いうほど説明も、そもそもほとんど台詞も無いので、ただソレを感じる、というか…。不思議な映画だった。

極端にカット数が少ない、長い1カット1カットが染み入るように入ってくるのは、全く表情と動きを排除したシーツの幽霊だからこそというのが興味深い。

映像芸術というのは【観る側の見立て】によって成り立つというのを、この設定でしか描けない方法で成立させていて、考えさせられる。アイコン(幽霊)に哀愁と優しさを感じ、最後のその想いには涙まで溢れた。