夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

natsuk1ck

natsuk1ckの感想・評価

3.7
最初ポニョみ強くて引いたけど持ってき方よかったー。うごきがすき。
あ

あの感想・評価

3.7
下田翔大くん調べたらカイみたいだった
じいさんの、お母さんが実は人魚に助けられての歯が刺さって、謝って人魚になっちゃったってとこに泣いてしまった。

人魚は、昔から人間と仲良くやっていきたかったのに、人間が人魚を勘違いしていた。

思い込みは辞めて、真実を見つめないとなぁ〜と感じた映画だった。
劇場で観たかった。
センスの塊、湯浅監督のオリジナル作。
脚本に関しては、色々と批判もあるようだが、それを補って余りある湯浅監督のアニメーションにまたしてやられた。

最後、カイがド下手な「歌うたいのバラッド」を歌うシーンや、カイがルーを助けに行くパートで流れる挿入歌に不覚にも感動してしまった。見せ方がすごすぎる。

1番よかったのは、カイの父親の台詞。
「お前は思った通りにやればいいんだ。思ったことを言っていいんだ」
高校生の時に、こんな言葉を言ってもらえることが、その後のカイの行動を見れば、どれだけ響いたかが分かる。

アニメーションも音楽も演出もすべてがよかった。
バヌラ

バヌラの感想・評価

4.5
ポニョのパクりとか思ってて見るのを敬遠してなめてたが凄かった❗️
なかなか最後は感動します。
rur

rurの感想・評価

3.9
今見る映画じゃなかった。最初はああボカロ系の話…と思ったら人魚伝説残る島のファンタジー湯浅監督風味だった。

ただただ島を襲う謎の水害から逃れる描写がキツかったっす…
たたた

たたたの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

音楽の力。
人魚の力。
信じる人はパワーをもらえる。
情熱の彼方に何があるか、見に行く勇気を与えてくれる。
もし、そこに何もなくても、出戻っても、本当の「好き」が見つかったら、素晴らしい人生なんだって教えられた気がする。

でも盲信は良くない。迷信にしろ、愛情にしろ、闇雲に信じるのは怖い。

なんか、ポエミーな感想になってしまった😳

他にも、いろんなテーマが編み込まれいた気がする。
田舎と都会、親と子、利己的な大人と同じようにルーを自分だけのものにしておきたかったカイ。でも最後に大きな災害を前に利他的な行動をとる人々。
いろんな人の命と心が救われるラストはカタルシスの波に呑まれた感覚でした。
全部かわいい!
とりあえず、歌うたいのバラッドを聴きます。
ふみ

ふみの感想・評価

4.3
泣くと思ってなかった。村の一人一人に海や音楽に関わる人生が思いがあった、それが綺麗に紡がれてました。島に行きたい海に行きたい。斉藤和義だいすき
>|