夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

大きい話の流れは、よくある人間と珍しい生物との交流の話なのだけれど、それが音楽を通して為されることや、少し深刻な展開になったときでも全編を通して流れている、湯浅監督っぽい明るい雰囲気がよかった。踊り出してしまう脚!
それとワン魚がかわいかった🐶
何故か少年の気持ちにスンッと感情移入できた。一人一人の方向性の違う期待が混じり合って悪化したり好転したり、もどかしいところが良い。
ヒロインのパパの印象がでかすぎる。
斑点

斑点の感想・評価

-
夜は短し歩けよ乙女の監督がつくっただけあって、アニメーションがぬるぬる動いてる

主要3キャラがそろって歩いてるだけでもみてて気持ちいい

主人公が、父親が昔やってたバンドの曲にドラムマシーンで音を足してくところでのルーとの遭遇シーンはわくわく感が最高
MisoEri

MisoEriの感想・評価

2.7
ポニョっぽい。
やる気ない男の子が急変してびっくり。
音楽よかった。
素直に生きたら案外簡単に幸せは手に入るかもと人魚に教わったよ・・
mona

monaの感想・評価

3.0
友達いいこたちでよかった 急に踊り出す足とか動きが苦手 いい家住んでる

このレビューはネタバレを含みます

この独自な、ひたすらになめらかな作画と透明感のある色味がたまらなく好き。
温かい印象の背景と相まって絵本みたい。
音楽も良かったし、みんなで踊っちゃうシーンはどこも楽しい。けど最後あのままハッピーエンド!かと思ったら急に途切れて一切人魚は出てこなくなった流れにゾッともさせられた。
予想はついてたけどタコ婆とじいさんの人魚との関係はぐっときてしまった。じいさんの、漁船や町の人たちが傘を渡して影を作るシーンは少しウルっときたのと、タコ婆の戦闘は格好良くて笑った。

ルーやカイや犬魚?たちはずっとかわいいし、ルーのパパはトトロみがあって微笑ましかった。言葉は喋れないのにあの顔と大きさを人間だと認識して馴染んじゃってる状態もなんか好きだった。会議まで出てたし笑。仲良くなりたかったって事のかな。

カイのお父さんの見た目が若すぎて中盤までお兄さんと認識してしまったのが惜しい…!

現実的に考えれば、かなりガバガバな部分はあるけどこれはそれで良いんじゃないかなぁって思えてしまう作品だった。気持ちいい。
ニコニコしてしまう。ゼリーみたいな水の質感、軽快な音楽とステップ、コミカルな表現に気の抜けるような緩いタッチの画。現代らしさを時折見せつつ、田舎の漁村の生活が伸びやかに描かれている。
yasu444

yasu444の感想・評価

2.6
避けられてた人形と主人公が仲良くなって街を救うオーソドックスな作品
斉藤和義はいいね
>|