夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 120ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

やっと映画館で観ました(^O^)/
早く観れば良かったと大反省ですね。
素晴らしい湯浅監督作品o(^_-)O
ぺちゃ

ぺちゃの感想・評価

2.9
だめだった、のれなかった。
作画もまだ夜は短かしの方が面白かったし、CGの素早いぐにゃぐにゃも好きになれない。
でもそんなことよりも脚本のまとまりのなさが目立つように感じた。ブラッシュアップが圧倒的に足りないといった印象。

デビルマン楽しみにしてます。
ふざけすぎなのにちゃんと泣いたー☂️♡
湯浅監督〜🎅🏻🤚🏻

友だちは映画中ルーがうちに見えていたらしい…
じわじわきとる🐶
「夜明け告げるルーのうた」観てきました。

静かな始まりの中にワクワクがいっぱい詰まっていて、そんな流れにいきなりオープニングでドカンと見所を持ってきます。もうこの時点で好きヤツだと!

欲を言えばセイレーンのバンド演奏をもっと観たかったな〜
色づかいがすごい。日本の風景がきれい。

人間のいやなところがいっぱいでてくる。けどそれに対して、復讐とかはなく、いろんな意味で救っていた。

ストーリーに意外性はないけど、おもしろかった。また観たいなとおもう。

パンダコパンダとトトロとポニョを思い出した。パパのパパンダ感。

あとYUIの曲が流れたことと、この映画に千鳥がでててうれしかった。
tomo

tomoの感想・評価

4.2
コミカルな映像と動きは楽しく、
優しいメッセージに溢れた物語。
とにかく音楽がオシャレ。
タイトルでガツンとやられた。
効果音もリズミカルに劇伴に
合わせて心地よい気分にさせてくれます。

観れてよかった。
食人族A

食人族Aの感想・評価

4.2
タイトルの出方から心掴まれました。映像の楽しさには事欠かない本作。人魚達がみんな可愛くて可愛くてしょうがない。特に犬人魚と骨魚人魚が反則級に可愛い。それから、ダンス時の足の動きの表現が見事。楽しさしか感じられない。
今劇場でかかってるうちに観ると楽しい気持ちになれる良作です。
およそ13年ぶりに劇場で観れる湯浅政明作品(今年はこの前に夜は短し、歩けよ乙女もありましたが、湯浅作品が年に2本も観れるなんてなんて幸福なんだ思わざろうえない…)

相変わらずアニメでしかできないようなぶっ飛んだアイデア・演出のオンパレードに自然とニヤニヤしてしまった(* ̄∀ ̄)

今週金曜までなので行ってない人はいいから行け!!

今すぐチケット取れ!!←
しきぶ

しきぶの感想・評価

4.2
大傑作。
話の展開の熱量と、絵の密度が合わさって、ガンガンに心を揺さぶられる。人魚を憎んでるんだけど、終盤、日が差して来たところで、爺さんから住民が傘をさし始めるところ、絵のキレイさも相まって泣いた。前半で爺さんの傘を作るところをきちんと映しているのがすごい効いてる。
アナウンスの音、地方出身者は郷愁にかられる。ちゃんと一言一言区切って言えば伝えると言わせるのが大人だなあと。

終盤のミュージカルシーンの多幸感と、そのあのパッと人魚達がいなくなってしまう寂しさ。
ゆうほが日が当たるようになったねっていうところで号泣。
期待以上に素晴らしかった。強引、突飛でもありながらこちらの感情に訴えかけてくるという表現力。ラストも泣ける。万人におすすめしたい