夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 120ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

大好きな作品。

「夜は短し歩けよ乙女」に続き湯浅政明監督の作品が連続で観られれとは。
絵が動く事が気持ちいいというアニメーションの根源の快感が素晴らしい。
決して本物の様なリアリティのあるアニメでは無く感情や情念に引きずられ絵柄やディフォルメが変化していくので見ていて気持ちがいい。

そして何より音楽や歌は素晴らしいという主張が大好き。
劇中主人公 カイを演じた下田翔大の歌う「歌うたいのバラッド」がいい。
もちろん斉藤和義とは比較にならないレベルだがシチュエーション、感情のノリ合わせて本当に泣けた。

題材的に「崖の上のポニョ」を思い出すがポニョを観ていないので比較はできません。
奇抜な設定ながらストーリー自体はよくある青春モノなので共感はしやすい。

湯浅監督の次回作が原作準拠の「デビルマン」というからに期待せずにはいられない。
鑑賞後の余韻が心地良い、良質なファミリー向けに仕上がっている。
先月公開された同監督の夜は短し歩けよ乙女は四畳半神話大系ファンの心をガッシリ掴む良作だったが、ファミリー層の心を掴むのはこっちだろうなーと思います。
morisa

morisaの感想・評価

3.3
夜は短し歩けよ乙女の湯浅監督の最新作。

話はよかったけどちょっとノリきれなかった。
斉藤和義の歌うたいのバラッドはやっぱいい曲だなと思った

次回作のデビルマンも楽しみ
昼行灯

昼行灯の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

私はこれ、凄く好きです。

とにかくグルーヴ感が素晴らしい。

よくある要素で構成されながらも、主人公のいじけ具合、ヒロインのウザさ、大人のいやらしさ、人魚の摩訶不思議さのバランスが絶妙だった。

ルーパパの佇まいはさながらトトロ、パンダコパンダのお父さん。
アクションは時に軽やか、時に迫力。
劇中に流れる曲はガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー級に良い。
arisa

arisaの感想・評価

4.5
良かった。良かった。
ルーが可愛くて可愛くて(ToT)
人間って勝手だなあ、と思いながら。
千鳥の2人の声もぴったりでした。
歌うたいのバラッド良すぎる。
最後のじいちゃんにボロ泣き。
年に二度も湯浅政明の映画が公開されるとは。
巨大な岩によって太陽が遮られた港町を舞台に、無気力な中学生男子と人魚の女の子が音楽によって友だちとなる。
例によって、唯一無二の独創のスタイル。
ポップな音楽に乗って、動き続ける色と形の洪水は、未見性のカタマリだ。
人魚伝説ベースのプロットは、比較的シンプル。
とは言っても、登場人物の行動原理などはかなりエキセントリックで、この作家の世界観の独特のリアリティラインを知らないと、しばし置いていかれそうになるかも。
まあ元々クレしんの人だと思えば、驚きはないだろうが。
今回は題材や絵面からも、「崖の上のポニョ」を連想させるが、人魚パパのキャラクターなどはトトロ、あるいはパンダコパンダっぽいし、終盤の展開なども視覚イメージ的に結構符合する。
実際のところ結構意識してると思うので、比較して観ても面白い。
犬ちゃんたちが可愛かったな。
ブログ記事:
http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-1018.html
Kent

Kentの感想・評価

4.0
自分がコピーをつけるなら、こんな感じかなあと。

人は圧倒的な善意に敬するし、感動もする。たとえそれがこの世のものでなかったとしても。
AyukoSato

AyukoSatoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的な映像の快感にただただ身を任せる大傑作だった!!
夜は短しを観てるとオープニングが嬉しすぎて、笑い泣く。終始、湯浅さんがすごく楽しみながらつくってるのが伝わってきて、嬉しくてまた泣く。愛が詰まってるのね。
絵画みたいに美しいシーンもたくさんあって、最高~

公開初日にもかかわらず場内ガラガラで、む...って思ったけど、ほとんどのひとがひとりで観に来てて、横のひとがズルズル泣いてた。わたしも泣いてた。後ろも泣いてた。たぶんファンしかいない空間だったんだろうな...笑
夜は短しが星野源効果もあって結構入ってた気がしたからルーもヒットするかなと期待してたんだけど、どうかなぁ。口コミで広がっていくことを願います!ワン魚の声が新谷真弓!!

必見過ぎ!!
「マインドゲーム」「夜は短し歩けよ乙女」のような、エキセントリックでサイケデリックでぶっ飛んでる度が比較的少なめで、王道的ストーリーでした。
しかし前2作とも一貫した一つのテーマをど直線に疾走感を持って突き進むスタイルは今作にもあったのでそれだけで楽しかった。楽しめるか不安やったけど、キャラのあの独特の動きやタイトルの出かたが好きなので満足!
ジブリが苦手なのでもちろんポニョも見ていないのでその辺と比べずに見れて良かった。
ルーのお父さんが渋くて好きです。
田舎の町の人々にはいらいらしたし、だから言ったやんけと思いましたが歌うたいのバラッドと祖父の話でほろり。。
P1島

P1島の感想・評価

-
登場人物の行動の動機・目的が見えないところが多く(特にルーの父)、話自体も後半あたりからは何処へ向かっているのかわからなかった。
他の方も書いているようにジブリ作品や君の名は。等を連想させるところがあるのだが、湯浅政明作品でそれが褒め言葉になるかといえば、あまりそうは思えない。
どうせならクライマックスのダンスシーンとかはストーリーとかどうでもよくなるくらい無茶苦茶なテンションでやってほしかった。
もうみんな人魚になって燃え尽きればいいじゃん。

「夜は短し〜」以上のものを期待していたけれど……。