夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 157ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

かつ

かつの感想・評価

4.3
なんか感情が入りすぎてめちゃ泣いてもた笑
↑正直、ルーが出てきたとこくらいから半泣きになってた…笑

カイとルーが夜中に二人で散歩するシーンが親子に見えて物凄いグッときた。
↑ここが一番好きなシーンやわ笑

「歌うたいのバラッド」はいい曲やし、ルーは可愛いし愛らしくてルーに恋した。笑
あれれ?あんまり評価よろしくない?
湯浅監督作品初鑑賞でしたが
思ったよりクセはなく観やすかったです。
所々にジブリ臭を感じてちゃんと
受け継がれていることに感動。
ルーちゃんが可愛くて可愛くて
音楽もよくそれ好きにはたまらなかった。
個人的にはポニョより好きかな。
アニメーションの凄みを感じさせる
楽しい作品でした。
そんな映画。
rt

rtの感想・評価

1.0
誰向けでもない作品。これまでの湯浅政明らしさを期待していたら確実に後悔する。
劇場で俺、ひとりw
メッセージより理解出来ないw
宮崎駿のポニョといい
人魚と海って鬼門なのに
やっちまったなって感じ
定番の主人公に向かって 大好き!
に始まり 案の定の大洪水と
コレはポニョのリメイク?と思いたくなる
3人の中学生の成長ストーリー?
結局、田舎が一番ストーリー?
現代風のはずが、ド定番の両親も
昔はバンドやっててストーリー?
新しいのか古いのか?
斎藤和義の曲、聴かされても
グっと来ないし
その昔、もののけ姫を観た
冨野監督がはしかみたいなモンですよ
あんな説教臭いの撮るのゎって
言ってたけど
今作もその類いかとw
Harry

Harryの感想・評価

3.8
『夜は短かし歩けよ乙女』よりも好みだと感じた。

絵のテイストは「あまり好みじゃないかも…」と先入観があったけれど、独特の世界観に意外にも没入した。
内気な少年が人魚と交流して変化する…ここまではある意味テンプレだが、しかし、最後には感動で少しウルッときてしまった。

うん、良かった!

TOHOシネマズ新宿にて(フリーパス利用)
れいろ

れいろの感想・評価

3.0
公開日初日鑑賞。ビビるほどガラガラやった…

湯浅ファンなのでめっさ楽しみにしてたけど微妙だった…

絵やアニメフラッシュはいつもの湯浅色出ててとても楽しめたけど、脚本がよくないような…
一言で言えば雑い作品…

ストーリーのテンポ感が凄く雑い。人間描写もいつもの清々しさはなく雑い、音楽演出もすげー雑い。ウクレレのライトハンド演奏がもろギターの音とかなんかもう嫌…そもそも南国設定でもないなに執拗なウクレレ演出の意図が理解出来ない…

あと、湯浅作品は他を寄せ付けない独創性が魅力の一つだと思うけど、本作はトトロやポニョ、君の名は。をどうしても連想してまうし、江ノ島循子とアナル(安城鳴子)を足して2で割ったようなキャラとかなんからしくない…

夜は短し歩けよ乙女と同時進行で作ってたっぽいし、東宝のお偉い人らにいろいろ注文されたんかなー?とか思いながら観てました

初日でこれだと大コケ必至だと思うけど、新海誠みたいにインディーズでもいいからいつもの湯浅作品がまた観たい😭

プラスマイナス合わせてスコア3
namuge

namugeの感想・評価

-
ポニョよりか全然いいだろ。そう思いながらガラッガラの映画館内でわけわかんないくらい泣いた。
noか

noかの感想・評価

4.0
歌うたいのバラッド!良すぎ。
ルーの可愛さは異常だし
湯浅政明の独特の雰囲気も
感じられてとても良かった。
踊らせるの好きだよな〜と。
その踊りもまた独特。
なんか凄く幸せな気持ちになれた。

イマ、こういうアニメ映画が出てきたことがポイントなんだと思う。

我ら現代の若者に染み付いてしまっている日本のアニメ感覚が刺激される。
観ていて色んなアニメ映画のあんなシーン、こんなシーンを思い出す。かき集め感・既視感に飽きてしまうか、それを楽しめるかはきっと紙一重。

有名どころのアニメ映画と比べると、絵が動く様子がよりアニメらしい。まんが的でコミカルなシーンがたくさんあるのが特徴に挙げられると。

やっぱり音楽テーマの映画はいい感じにまとまるなあ。終わりよければすべてよしみたいな。音楽が流れるシーンは強い。
バンドとか音楽全般に疎い自分でも楽しめるから、そういうの好む人は興奮できるんじゃないかと。わからんけど。

ルーがかわいい。ポニョよりかわいい。
遊歩もかわいい。ツインテール。

歌うたいのバラッドは名曲な。


2017-65
もち

もちの感想・評価

-
海の色が可愛い
カイくん可愛い
始まり方と、エンディングの歌うたいのバラッドが共に良すぎてゾワっとする。
夜は短し…よりトータルですき

だけど 君の名は。とポニョが頭の中をぐるぐる…