夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

すごい!何なんだあの自由で楽し過ぎるダンスシーンは!表現の素晴らしさをまざまざと見せつけられたぞ。
絶妙なゆるさのある絵柄や不思議な世界観がおもしろいなと思ってみていたが、意外とジーンと来るシーンも多くて、終盤に差し掛かる頃には挿入歌の〝歌うたいのバラッド〟がかかるだけでもう勝手に涙腺ゆるゆる。
感想をどう言葉にすればいいのかわからないけど、一つわかることは〝わんぎょ〟が可愛い!
hiro

hiroの感想・評価

3.5
テーマがとても分かりやすく誰でもみられる映画。
ダンスシーンの独特の世界観が面白かったです。
伊緒

伊緒の感想・評価

3.6
結構なファンタジーで、その設定についていけるかでこの作品の評価は大きく変わると思う。私はかぐや姫とかポニョとかが苦手なので、ちょっと「ん〜?」って感じでしたが、それにしても音楽の使い方が良かったです。

傘が名産の街、というのが後々になって効いてくる細やかな設定も好きです。
蒼維

蒼維の感想・評価

3.6
あっさり言ってしまえば、人間と人外の王道物語だがアニメーションの質も高く湯浅監督の個性を残しつつ、とても見易い映画になってると思います!
テーマも良かったし、何より愛らしい人魚たちが素晴らしかった。
いつだって本当に怖いのは人かもね。
asuka

asukaの感想・評価

5.0
いいよ!この作品。

と、オススメされて観た。
何も言わない。とりあえず観て(笑)

家族にも、友だちにもあまり心を開くことのできなかった少年が、人魚のルーと出会って色々な体験をして…

この町では、人魚は忌み嫌われていてその理由は人間サイドからみると確かにそうよね。
嫌うよねってなる。

でも、物事を反対側から見てみたら?
ネタバレになるからあんまり書かれへんけど、これは本当に観て欲しいしなんであんまり話題になっていなかったのか本当に謎。


そして、斉藤和義さんの歌うたいのバラッドが主題歌やねんけど、ぐっとくる。
帰り道、音源漁ったくらい(笑)
歌詞もすごく、この作品とあっていて。

そして最後に、ルーのお父さん役の声優さんはあの方です。
なんの前知識もなく観て、エンドクレジットでぜひ驚いて(笑)
すっごくあってるから!
君の好きは僕を変えるってのがぴったりだった、まっすぐな'好き'って感情が良かったです。ジブリ的な感覚で観れる映画だなと個人的に思いました。
mma

mmaの感想・評価

-
どうしたってポニョを思い浮かべてしまうし、足が動きだしてしまうダンスは楽しいのだけど、ちょいちょい、それってどうなの?とノイズになる箇所があって入り込めなかった。わたしはアニメに向いてないのだろうな…
まさし

まさしの感想・評価

2.6
嫌いな要素が多かった
踊ってるシーンが一番よかった
さやか

さやかの感想・評価

3.8
都会からやってきた少年が田舎の暮らしに馴染めずにいたけれど、不思議な人魚ルーの登場によって、本来の明るさを取り戻していく物語。劇中で使われていた方言の雰囲気から、瀬戸内海のほうを舞台にしてそうです。

この地域の活性化に役立つ、ということで、観光資源としてルーの存在は「利用価値がある」とみなされます。しかしながら、少年や彼の周囲のひとたち以外は誰もルーを守ろうとせず、自分本位の考えばかりを持ち合わせている大人たちが印象的でした。

また、スマホの普及によって今はなんでも動画に撮ってネットにあげることができたり、SNSで共有できたりするため、一人ひとりがどう情報と向き合っていくべきなのかについても、この作品が訴えかけたいテーマのように感じました。

かわいいタッチの中に、深いメッセージが込められている作品で、とても考えさせられました。