夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

お爺ちゃんが船に傘構えて助けに来たところ泣けた
タコ婆の恋人の現在の姿がタイプ過ぎた
aoi

aoiの感想・評価

4.8
温かくて可愛いお話なのに、ずっと得体のしれぬ怖さが伴っていて、明るく楽しく、笑えるようでどのシーンも笑えない。
この種類のゾクゾク感って千と千尋の神隠し以来かも。
犬の保護施設のシーンとか狂気の塊で身震いした。こわいわ。天才かよ。

人魚のルーを排除しようとするもの、利用しようとするもの、理解しようとするもの、色んなスタンスがあるけどお互いの尊重がないと共存できない。
排除は新たな隠者を生むし、利用は奴隷を生み、理解は最も難しい。

パースのドぎつい構図も、ダンスのアンリアルな感じ、どの誇張表現もこの人にしか作れないとおもう。
これほどパンチの効いた作品もなかなか今だと珍しいんじゃないかな。
アニメ表現のよさがいっぱい詰まってる。
これが正真正銘のアニメだって言いたい。

公開当初ポニョのパクリって言われてたけど、こんな丁寧でクオリティ高いパクリないでしょ。
クレヨンしんちゃんは昔から大好きだったけど、とうとう湯浅監督はこの境地まできたのか…そう思うと感極まるものがある。
独立した一つの作品として、日本アニメの最高峰。


ルー父の声優が篠原信一ってのが地味にわらった。ウガァーーとかしか言ってない笑
erika

erikaの感想・評価

4.3
2018.2/13 DVD

ずっと気になってた映画で授業教材にも使えるかな?と思い借りました!

いや〜〜想像以上に良かったです。

ポップでテンポも良いのですが、それだけじゃなく感動できて泣ける映画にもなっています。

あと何と言っても歌うたいのバラッドが本当にマッチしていて良いです!
しばらく聴きたくなりました。

湯浅監督の作品は以前、四畳半神話大系というアニメを見たことがあるのですが
監督の作品は細部も細かい描写があってすごいなあといつも感心してしまいます。
今回もすごく細かいところまでメッセージ性が見えて良かったです。

あとはキャラクターも良いですね。
何と言ってもルーがかわいい!あとわんこたち!笑笑

笑って泣けてなんだか不思議な気持ちになれるそんな素敵な映画でした!
まる

まるの感想・評価

3.7
この監督の映画は初めて見ましたがとても良かったです。
話もユニークで面白かった!
ストーリーは少し雑かな?でも見ていてとても楽しかった映画でした。
頑固なおじいちゃんが傘を携えて船で助けに来るシーンにグッときた(T ^ T)

テーマソングである斉藤和義の"歌うたいのバラッド"も、作中で使われたYUIの"fight"も、作品にマッチしていて最高。
まるで白昼夢を見ているような、ふわふわとした不思議な感じの作品。
湯浅監督作品はやっぱり好き。
音楽とのマッチしていて…たまらんです。
Diamante

Diamanteの感想・評価

2.0
アニメでこういったジャンルには必ずしも必要な要素ではないと思うが、本当に必要最低限の非日常との境界線はあって欲しいです。そうでなければ御都合主義のごり押しとして、違和感が強く残ってしまいます。
出会える切っ掛けが簡単過ぎて、逆に今まで伝説とされてきたのが不思議なくらいで、最初の波が浮く現象を見た後の子供達の反応、数分後には違う話題になってたり、住民が人魚の子とそのお父さんへの反応が違い過ぎたり、あり得ない世界観の割にSNSや過疎化問題を取り入れたりし、妙な現実感とSFとのバランスが気持ち悪くて、かなり下手に観えました。
境界線のバランスがもう少し丁寧に作られていたら好きな作品になっていたと思います。
貴久

貴久の感想・評価

4.0
公開時から気になっていた作品です。
思い切ってBDを購入して鑑賞しました。

この映画は誰でも楽しめますが、
特に「最近のアニメ」を見慣れている人に勧めたいです!!
※最近のアニメというのはTVアニメでも劇場作品でも構いません。

見た感想を一言で言うと
「"アニメらしさ" が詰まっていて面白い!」

ストーリーも面白かったですが、映像としても、
実写ではできない、アニメらしい映像表現・描写で、
最後まで楽しむことができました。

これから観る方はストーリーだけでなく
「アニメらしさ」も楽しんでほしいです。


この作品で「アニメーションの面白さ」を再確認できました。
りさこ

りさこの感想・評価

3.9

テンポがよくて何回でも見れます
昨日見たのに今日も見ました

中3の男女と音楽と人魚のお話です

人魚って言ってもぽにょみたいな可愛らしいフォルムで本当に可愛いです

カイくんという少年が歌う少し下手な歌うたいのバラッドがとてもいいし、人魚嫌いな人の結末もジーンとします

このレビューはネタバレを含みます

 漁港の街に住む中学生たちが人魚と出会って、人魚を利用しようとする悪い大人たちとかと対立する話。

 人魚のルーのキャラクターが面白くて主人公たちとルーの出会いから交流の前半部は湯浅監督作品らしい独特のポップでシュールな映像も効果的で面白く見ることができました。ルーが歌うと勝手に踊りだしてしまうとか素直に楽しいシーンでした。

 ただ中盤の人魚の存在に大人たちが気づいてそれでお金儲けをしようとして、主人公はそれに反対するけどその流れに逆らえず…。案の定、ルーが嫌いなライトを浴びせられたりして疲れちゃったりして人間社会との軋轢が発生して、ルーを救おうとする主人公たちの活劇。という流れは何百回と見てきたような展開でどんどんと退屈に感じてしまいました。人魚に恨みを持つおじいさんおばあさんとかとの対決があったりして、人魚は怖いと思っていたら実は優しい…。というのも面白くもなんともなかったです。むしろ人魚に愛する人を殺されたと思っていたおばあちゃんの前に人魚になった愛する人が現れたりしましたが、どうして何十年も姿を現さなかったんだろうか。そして有無を言わさずおばあちゃんも人魚化させられたりして問答無用に仲間にされてヴァンパイアみたいな人魚たちでした。主人公自身もずっとうじうじしていて最後にやる気をだすだけにしか見えず面白みに欠ける主人公なのも痛かったです。

 ルーを恐れる割にはルーのお父さんは明らかに異質な存在なのに街の人たちは受け入れて役場みたいなところで働いてたりして、どういうリアリティラインなのか戸惑う描写もありました。

 とはいえ、斉藤和義さんの歌がめちゃ良いというのは再確認できる映画でした。