夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

郁世

郁世の感想・評価

3.3
"夜は短し歩けよ乙女"よりは全然観やすかったです笑
また、主人公のカイやルーが可愛くキャラクターが受け入れやすかった。

湯浅監督は、ダダダダっと会話や展開が猛スピードな感じや、リズミカルでポップな表現が好きな方なんですね。
湯浅監督の評価の高さといい、新しい時代の日本のアニメーションって感じですね。
Anna

Annaの感想・評価

3.7
確かにポニョ感。笑
ただ、歌が好きなことが伝わってくる。
しばらくは「歌うたいのバラッド」とYUIの「fight」ずっと聞いてると思う。

このレビューはネタバレを含みます

天才湯浅監督作品ですから、劇場に駆けつけなければならなかったのに…仕事で行けませんでした…ホントに残念だった。


ので、レンタルで鑑賞。


大きな岩によってあまり日が差さない日無町という港町に住むカイは中学生男子。ネットに自ら出す音を重ねた動画をアップしたところ、クラスメイトがバンドに誘ってきて…というのが冒頭です。


なんで人魚が歌が好きなのか?カイのお母さんはなんで東京に残ったのか?カイのお父さんは都合よく味方になるのか?ユウホのお父さんは簡単に悪に走りすぎるし、おじいちゃんに至っては何がしたいのか不明な上にヘリまで運転出来るし、ルーの不思議さを認めてるのに学者やら何やらが来ないのはなんで?とか、スマートフォン海に落として動く?カイが急に歌い出すの変じゃない?人魚能力高すぎ!とか、ユウホの変わり身が早すぎる!カイはほとんど何もしてなくない?など、ツッコミどころが満載です、まだあるけど。

なんと言っても、ポニョから完全に離れる事が出来てない。

しかし、しかし、です。

アニメーション、という媒体を使った映像と音楽と動きがサイコーです。手塚作品の何か?を思い出させる、あの足の動き!キモチイイ〜サイコ〜だ〜ルーの声も心地イイ〜そして主題歌が素晴らしい。この音楽と映像の同期こそアニメーションの醍醐味。


その醍醐味を余す事無く映し出す映画。

サイケな素晴らしい作品。

だが、やはり私にとっての湯浅監督最高傑作はやはりマインドゲーム。

脚本はもちろん中学生くらいを目指して書かれていると思う。ジュブナイルモノとしてはコレでオッケー!

歩いて帰ろう と同じくらい好きになったよ、歌うたいのバラッド!
ひろ

ひろの感想・評価

4.2
センスが爆発している\(//∇//)\
ワンギョが、ダンスが、可愛くてしかたないw
太陽を浴びることができないルーが、その街に夜明けをもたらす。音楽は世界を救う(о´∀`о)
ルーと出会ってからの主人公のウキウキ感は尋常じゃない、まさに一生に一度のキッカケ。クライマックスもしっかり盛り上がって最後、切ないーーーーー!夜明けって切ない(´;Д;`)
特にOPの入り方やら回想の掘り下げなどの演出は好き。

ストーリーの突拍子な感じが趣向と合わなかった
P

Pの感想・評価

3.6
序盤のルーとカイがラジカセを担ぎながら、深夜のまちを散歩するシーンが好きだった。

アニメーションも線がすごく自由でのびのび〜としてて、配色も現代風で可愛くて良かったと思う。
子供のような無垢な感情を、すごい勢いでぶつけられて結果ホカホカしてる。ワン魚群の対応が大人すぎて切ない。
NANA

NANAの感想・評価

3.8
現代風なアニメーション作りがステキでした。ダンスと歌のシーンにとてもワクワクしました。まるでMTVを見ているみたい。「歌うたいのバラッド」がこんな風に生かされるんだ、と思わず涙してしまったシーンも。幻想的なのに、どこか懐かしくほろっとしながらも現代風を忘れない作品。観てよかったです。

2017-11-5-129
iepuras

iepurasの感想・評価

4.5
面白かった!好き!

でも、ここの街の人達!
犬捨てすぎだろ!
ふうか

ふうかの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

やっぱ湯浅監督めちゃいいっすわ。。結構ね、ポニョだな、ってね、思うんすよ。でもね、ポニョよりね、ルーのがね、断然100倍かわいいんっすよ!!!!!!
ダンスのシーンの描写がすき。陰影あんまはっきりつけない色彩描写とかもすきなんだけど、やっぱりこの、なんてゆうの、足の感じ?とかすごくすき。あ、湯浅さんだ!ってなる。すき。
音楽のアレンジもよくて。ほんと。さいこうですね〜〜。
元々森見がすきだったから、オリジナルめっちゃハズレだったらどうしよう〜〜って思ってたけど全然いらん心配でした。
あと2回くらいみたい。
なんか結末がねえ。いろいろ考えられそうなんだけどねえ。「夜明け告げる」やし、「夜明け」が何かっていうはてななんですけどね。