夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

ルーがポニョの300倍かわいい
独特の映像表現
空気感、テンポはさすがすぎる!!
そのかわりキャラクターの誰にも感情移入ができなかったのが残念。。
mae

maeの感想・評価

2.5
わたしだったらすごい後悔するし自分を責めるけど…と思う結果だけど、それでも劇中の人物があっけらかんとできるのは「好き」故のことなんだろう。もはや無償の愛ともいえるべき「好き」の偉大さについての映画だった。
ラスト、おじいちゃんのお母さんの死にまつわる本当のエピソードはぐっときた。
snow

snowの感想・評価

3.4
子供向けかな。歌うたいのバラッドがとてもいい!キャラクターかわいい♥
てよ

てよの感想・評価

-
まったく凄いと思うが、やはり湯浅政明の若者同士のコミュニケーションや身体表現が受け入れられない自分がいる。
かぺ

かぺの感想・評価

4.0
名作感、音楽が常に鳴ってて楽しいし映像表現も素晴らしい。最初から最後までタイトルからすべて作り込まれてるし 本当に没頭できた 優しい映画です!ラブ!
karolly

karollyの感想・評価

4.5
めっちゃ好き!!めっちゃ好きー!!

ジブリの中でもポニョが大好きな私ですが、ポニョを彷彿とさせる。でもジブリにはこの感じ、できない!!!

あんまり有名でない?のかな。それが不思議。ステキな気持ちになる映画です。
てぃだ

てぃだの感想・評価

4.1
何故にこれ公開時twitterぐらいでしか話題になってなかったのかが分かんない。水害の描写があるからか。とっても面白い。匿名性が確保されてしまってから、「憎悪やら嫌い」やら、人間が誰かを貶めたり中傷したり馬鹿にしたり愚痴にしたりを気軽にやっちゃうしできちゃう瞬間を目にすることが多くなったけど、そんなことよりももっともっと「自分の好き」を発信していくべきだと思った。「嫌い」よりも「憎い」よりも「好き」をもっともっと表現していこうと思った。そういう生き方は見苦しいかもしれないけど、でも誰かを、何かを羨んで憎んで嫌って生きていくよりも「愛して」「好き」をもって生きていく方がたぶんもっとずっと楽しいと思う。「好き」も「嫌い」も紙一重の感情かもしれないけれど、今日の「好き」が明日の「好き」とも限らないけれど、それでも一つでも多くの「好き」を大事にしていこうと思う。
主人公の心理描写がもうちょっと共感できる感じなら良かったかな…
めっちゃ良かった〜音楽ってほんと最高だ。
劇中の曲全部よかったルーが可愛い
この映画アニメ界で一位二位を争う級に好き
みんなのそれぞれの愛に泣いた
終

終の感想・評価

4.0
歌ってるシーンがたまらなく好き
おじいちゃんの行動がたまらなく好き
傘を差してあげる優しさが好き
愛いっぱいで好き!