夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

mazda

mazdaの感想・評価

3.9
想像をはるかに上回る強烈で斬新な映画。とにかくぶっとびまくったストーリー展開と映像の熱量に圧倒されて閉じても閉じても気づいたら口が開いてた。

物語自体はありがちで、転校してきた心を閉ざした男子高校生がルーという女の子に出会って変わっていくという話だが、この女の子が人魚だということと、人魚といっても7:3くらいの割合で魚要素が強いというか、ぎょろぎょろ動く目とゼリーみたいなプルップルの見た目からは、もはや人の要素をほとんど感じられない、かなり斬新なヴィジュアルから一発目の印象がすごい。
ディズニーとかジブリとかが好きだからちっとも説得力ないけど、人魚とか妖精とか魔女とかのおとぎチックなものにすこしも惹かれないから、予告の雰囲気と絵のタッチでなんで人魚なの?人魚の意味あるの?みたいな拒否反応がでてしまって、バイト先の劇場で公開してたにもかかわらず見送ってしまうほど食わず嫌いしてしまった最初。(結局評判をきいてうちの劇場での上映終わってからわざわざ渋谷までいってみるというお金の無駄遣いっぷり)

結果的にお金を払って観る価値が十分にあって、映画館でみれてよかったと思うし、最初の偏見をぶちのめされるような勢いに全部もってかれてすごいしかでてこなかった上映後。
どこかポニョっぽい雰囲気がありつつも、ポニョよりももっと、ティーンズみたいなパンチがあって、めまぐるしくスピーディで、新しいことをしてやった感がすごくて、ついていけなくなる観客がでてもおかしくなさそうだけど不思議なことに何故かはまれてしまう。
まったくもって異なる映画だから比較するのもどうかと思うけど、メアリで足りなかったものが、ルーの唄には全部つまってるって感じがした。どんな思いで作ったのかわからないけど、見る人がこれをみてどう感じるかということを気にせず、自分がやりたいものをとりあえず作ってみたみたいな、思いたってすぐ行動しましたみたいな、批判もふっとばすほど高速でかけぬけてる感じで、すごく自由を感じる絵だった。

べた褒めしてるけど結局この絵のタッチが好みかというとうーんとなんとも受け入れにくく、とても好みの映像ではないのだけど、一周まわって好きっていうみてるうちに謎の愛着が湧いていた。話が面白いかどうかというよりも、釘付けになってまだ見ていたいという、アニメにとってとても大事な感覚が100%で溢れていて、だから時間がたってもずっと印象に残ってる。
犬の人魚とか、ルーのダンスとか、ブロック型の水とか人魚とかいいつつどうみても鮫なお父さんとかもうはっきりいってわけわからんし、ふぁっ!?って感じだし、思うことはいっぱいあるのだけど突っ込むスキを与えてもらえない、それほどこっちのペースは丸呑みにされてる。

最後のおじいちゃんやタコ婆の再会は、まって普通にいい話やん・・・ってさんざん意味わからんことやりまくっといて普通にまるくおさめる感じもよかった。1番好きなのは鮫父ちゃんが魚の活け締め教えるとこが好き。なんども繰り返しみたいシーン多数あり。。
のぎり

のぎりの感想・評価

4.0
内向的な主人公の男の子カイが人魚の女の子ルーとの出会いによって変化。外の人間関係を作り、外に対しても興味をもつ。こういう話、とても好きな展開。ルーたち人魚と人間たちが、すれ違いから相互理解へつながっていき、最後は災害に対して共闘する流れも素晴らしい。

フラッシュアニメということで、CGより違和感なくヌルヌル動く。ズームアップしていくシーンは特にいい感じ。ダンスシーンも、ヌルヌル感とスピードで圧巻のシーン。

湯浅監督の、サイコでポップな色彩世界はルーたちの不思議な雰囲気にとてもよくあっている。最後の共闘のとき、人間たちがカラフルな傘で人魚たちを太陽から守るシーンはとてもポップで、傘というアイテムの伏線回収としてもハッとするものがあった。

【重要】
カイくん、細身でよくへそチラするしたまらん…これがフラッシュアニメの賜物か。
犬の人魚もとてもかわいい。
かなりボロ泣きしてしまった。
斉藤和義の「うたうたいのバラッド」がぐっと胸に迫る。この曲今までさほど気にも留めてなかったのだけれど認識を改めました。
宮崎駿の「ポニョ」を彷彿とさせるような設定ではありますが、目線はまったく異なる。あくまで少年少女たちの物語。未来のある終わり方がとても良かった。

海外で受賞したけれどももっと国内で話題になって観る人が増えればいいのになぁと歯痒い思い。
個人的には今ヒットしているアニメーションの中では一歩抜きん出たというか新しい次元のアニメ表現の手法を持ってる監督だと思う。そこがアニメとはこうあるべきと無意識に思ってる層にはイマイチ受けないのかなぁ。
とにかく次作もとても楽しみ。
TAKA

TAKAの感想・評価

4.2
2017-143-108-035
2017.8.28 塚口サンサン劇場 Scr.8

・好きーーーーー!♪
孤独な心を癒す優しい人魚
心あたたまるファンタジー(^_^)
・凄いぜパパさん!(T_T)
・少しだけほろ苦い(^_^)

好きーーーー!♪

(^_^)

天真爛漫な人魚の笑顔が、
鬱屈した孤独な心を癒していく。

いやぁ~、こういう話好きだわ(笑)

「ポニョみたい」
ってご感想が多いみたいですが、ポニョ観てないので分かりません(* ̄∇ ̄)ノ(笑)
だけど本作の雰囲気は好きですねぇ(^_^)

やるせない鬱屈を溜め込んで孤独に耽っていた少年、海(カイ)。

風光明媚でのんびりした田舎町も
心を癒してくれるとは限らない。
寧ろ田舎の人懐っこさが鬱陶しい・・・

ファンタジーなんだけど、そんなところもしっかりと描いてる。

海の水の色が、必ずしも綺麗な色だけじゃない。
そんな描写も好ましかったな。

バンドに誘われたのをきっかけに、
ルーと出会い、
いや、寧ろルーに出会いたくてバンドの練習に参加したのか(^_^)

奔放で屈託のないルー♪
歌と踊りと、そして海(カイ)が大好き(^_^)

そんなルーや仲間と接してるうち、
心を取り囲む壁が少しずつ崩れ始めて
再び時が動き始める・・・(^_^)

ありがちだけど、
いいよねぇ~♪(* ̄∇ ̄)ノ

ストーリーのシンプルさに癒されるよ(^_^)
そして歌と踊り、
みんな楽しそう!( ̄▽ ̄)b
本作も広義ミュージカルだよね(^_^)

そんな楽しげな街の中でも
色んな人生があって、
色んな考え方があって。

そして色んな人がいる・・・

必ずしも悪って訳じゃない。
だけど・・・
人間って、弱くて哀しいかもね。

そんな思いもあって、
ルーのパパがルーを守るためにみせる悪魔の形相には涙がチョチョ切れた。

凄いよパパ・・・(^_^)
愛だね♪(* ̄∇ ̄)ノ

そこから物語はクライマックスを迎え、
そして大団円へ。
少しだけほろ苦いラスト。

決して奇をてらったものでなく、
オーソドックスな物語を
監督のイマジネーションで自由に描いた作品。

そんな感想かな(^_^)

少しだけ、
特にクライマックス以降が長かったかなって気もしたけれど
それは好みの問題かな。

ミュージカル仕立ての甘酸っぱい青春ファンタジー。

よい作品でした。(^_^)

ありがとう!塚口サンサン!(* ̄∇ ̄)ノ
(もういい(ФωФ)・笑)

追記。
・「夜は短し歩けよ乙女」のときに出会ったおねーさんと、また会えるかな?なんて、少しだけ思ってたのはここだけの話で。(笑)
・・・え?会えるわけないじゃない。
そんなに映画みたいにうまくは行かないのよねぇ・・・( ̄▽ ̄;)

なんつって(笑)(* ̄∇ ̄)ノ
すごい!何なんだあの自由で楽し過ぎるダンスシーンは!表現の素晴らしさをまざまざと見せつけられたぞ。
絶妙なゆるさのある絵柄や不思議な世界観がおもしろいなと思ってみていたが、意外とジーンと来るシーンも多くて、終盤に差し掛かる頃には挿入歌の〝歌うたいのバラッド〟がかかるだけでもう勝手に涙腺ゆるゆる。
感想をどう言葉にすればいいのかわからないけど、一つわかることは〝わんぎょ〟が可愛い!
hiro

hiroの感想・評価

3.5
テーマがとても分かりやすく誰でもみられる映画。
ダンスシーンの独特の世界観が面白かったです。
伊緒

伊緒の感想・評価

3.6
結構なファンタジーで、その設定についていけるかでこの作品の評価は大きく変わると思う。私はかぐや姫とかポニョとかが苦手なので、ちょっと「ん〜?」って感じでしたが、それにしても音楽の使い方が良かったです。

傘が名産の街、というのが後々になって効いてくる細やかな設定も好きです。
蒼維

蒼維の感想・評価

3.6
あっさり言ってしまえば、人間と人外の王道物語だがアニメーションの質も高く湯浅監督の個性を残しつつ、とても見易い映画になってると思います!
テーマも良かったし、何より愛らしい人魚たちが素晴らしかった。
いつだって本当に怖いのは人かもね。
asuka

asukaの感想・評価

5.0
いいよ!この作品。

と、オススメされて観た。
何も言わない。とりあえず観て(笑)

家族にも、友だちにもあまり心を開くことのできなかった少年が、人魚のルーと出会って色々な体験をして…

この町では、人魚は忌み嫌われていてその理由は人間サイドからみると確かにそうよね。
嫌うよねってなる。

でも、物事を反対側から見てみたら?
ネタバレになるからあんまり書かれへんけど、これは本当に観て欲しいしなんであんまり話題になっていなかったのか本当に謎。


そして、斉藤和義さんの歌うたいのバラッドが主題歌やねんけど、ぐっとくる。
帰り道、音源漁ったくらい(笑)
歌詞もすごく、この作品とあっていて。

そして最後に、ルーのお父さん役の声優さんはあの方です。
なんの前知識もなく観て、エンドクレジットでぜひ驚いて(笑)
すっごくあってるから!
君の好きは僕を変えるってのがぴったりだった、まっすぐな'好き'って感情が良かったです。