夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

yurina

yurinaの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ルーと犬にしか好感を持てなかった。
画風が変わったりするの面白かった〜
おばあさんが再開したくだりがハイライト。
天才湯浅政明!!面白い!!
人魚のルーと漁港の町に住む少年カイの友情を描いたファンタジー作品です。
とにかくルーが可愛っらしい〜ワン魚も可愛いし。
冒頭のタイトルが入るシーンに鳥肌が立ってそこで気付いたのはコレ音楽映画なんだって事です。斉藤和義の『歌うたいのバラッド』が大きくフィーチャーされていたり、主人公たちがバンドをやっていたり、人魚が音楽が大好きだったり、全編音楽が肝になっていますね。
ただ可愛いらしいだけでなく、湯浅監督らしい気持ち悪さや残酷さも十分に発揮されていて、クライマックスには想像を軽く超える感動が待っていました。それにしてもルー可愛かったですね〜
湯浅ワールド全開で「崖の上のポニョ」み、ありつつjpopが好きになる映画
わんぎょかわいい
ある日主人公のカイは人魚の伝説が残る町に住むことになる。そこで小さな人魚のルーと出会い、様々な出来事が起きていく。

この作品は昨年上映され、何度も見たいと思っていたのですが、中々予定が合わずようやくNetflixにアップされたので即鑑賞。

ここからは感想になりますが、この映画お世話抜きでここ数年間で1番でした。
やはりアニメーション映画は良い。
ラストのシーンはまさに歌うたいのバラッドと言ったところか。

ルーとの出会いがカイの全てを変えていく。
こんな青春時代も悪くないと思いました。

歌うたいのバラッドを起用した映画関係者に拍手です。

初の満点採点です。

ありがとうございました。
か

かの感想・評価

5.0
これ、わりかしマイナーなまま終わってしまったのが本当に残念ってくらい面白かった
映画館で観れてよかったなー
鮮やかで繊細で、優しいのに胸に突き刺さってくる感じ。
終盤は結構泣いちゃった。
特に傘のシーンはブワッときてしまった……

オマージュなのかなんなのか、既視感のあるテイストがそこかしこに見受けられるのはちょっと気になりましたが、世界観は好きです。
でも人間のエゴが酷すぎてしんどいなぁ……人魚たちの優しさに救われた感じ。
ねむようこさんのキャラデザが好き

中学生なのにローマの休日のオマージュしてたのが萌えた

湯浅監督のアニメの動きおもしろいな
まいか

まいかの感想・評価

3.7
同監督作品の「夜は短し~」よりはストーリーがわかりやすくて好き。

最後とかウルッときた。

ただ、ポニョ感……。
さがわ

さがわの感想・評価

4.0
すごい泣いちゃった…うねうねダンスおかしいし、斉藤和義よすぎたね…
三本足

三本足の感想・評価

2.0
4787/181

みんなのうた的なアニメーション

話は無理やりな感じ
好きやけど
感動するやつおるんやなこんな無理やりで

絵はキライな芸風やけど
回想の輪郭のないぼやけたやつ
にじんだやつとかメインのやつとか
みんなのうたを思い出した
おれのいい思い出の懐かしさのおかげ