Hokkaido

心に吹く風のHokkaidoのレビュー・感想・評価

心に吹く風(2017年製作の映画)
3.0
感情を剥き出しにしない物静かで大人しい性格の二人の物語が、自然の造り出した美しい景色と共に穏やかな展開で進行する作品で絵画的印象を持ちました。
大好きな美瑛、富良野が舞台なので楽しめましたが、穏やかな分抑揚が少なく、メリハリが無く単調にも感じられてしまう造りは、観る人や心状を選ぶ作品かと思います。

美瑛、富良野の中でも、丘の風景が特に美しい上富良野から美瑛にかけてのエリアが風景のメインになっているようです。
今やお約束の青い池もしっかり網羅されていてある意味観光PV的でもあります。
作品全体からユン・ソクホ監督の美瑛・富良野への思い入れが感じられました。

以下諸々、、、
春香が隠れたスーパーふじとか懐かし過ぎました。人目を気にしなくてはならないのは小さな田舎街にはありがちな場面なのでしょう。
あとこの作品でラーメン山頭火は無いんじゃないかと思いましたが、考えてみれば美瑛富良野にはこのシチュエーションで使えそうな飲食店はあまり無いかとも思いました。

初夏の美瑛・富良野を訪れたくなる作品です。

余談ではありますが、美しい丘陵田園風景、農家の方々は平地に比べ作業性が悪く、土壌の流亡等只でさえ苦労が多いようです。昨今問題にもなっている観光客のマナーは守って楽しみたいものです。