龍

泥棒役者の龍のレビュー・感想・評価

泥棒役者(2017年製作の映画)
2.1
アンジャッシュさんのネタみたい(笑)

ラーメンズを観たくなる作品

ゆるーくふふっと出来る作品だ
でも舞台で観たい

些細な幸せを大切に
過ちや後悔だって気を付けていてもするもので
その過去があって今があるのなら
隠そうが言おうが例えそれがどんな事であろうが
きちんと向き合うべきものに向き合い決断せよ
生きているうちはどんな決断でも下せる
伝える場合、相手が受け止めてくれるかは別問題だけど割り切りも大切