泥棒役者の作品情報・感想・評価

泥棒役者2017年製作の映画)

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

君は、誰? 脅されて仕方なく泥棒に入った一軒家の豪邸で、訪問者たちに、次々と”別人”に間違えられる【元・泥棒】。 自分の正体を隠すため、何役もを必死に演じるハメになった彼は、はたして、無事に屋敷を抜け出し、愛する恋人の元に帰れるのか・・・!?

「泥棒役者」に投稿された感想・評価

Ellie

Ellieの感想・評価

3.5
丸山くんの演技を初めて見ましたが、特に違和感なかったです。
ただ主人公としての印象は薄いなと思いました。
市村正親さんが今までにないおちゃらけキャラで、時々真面目な顔をして叱ったりする時とのギャップがおもしろかったです。

前半のストーリーはアンジャッシュのネタを見ているようにみんなの勘違いがたまたま通じちゃうのがおもしろかったですが、後半は薄っぺらい部分があったためか見終わった後のスッキリ感はあまりありませんでした。
泥棒に入った大豪邸で、訪問者、住人にいろんな人物に間違われて1人で何役も演じるはめになるザ コメディーって感じ。
舞台でやったら面白そーって思ったら元々舞台だったみたい。見たかったな。
最後まで飽きなかった。
声出して大爆笑する程じゃないけどハラハラドキドキって感じ。
石橋杏奈って可愛いのね。
cocoguffy

cocoguffyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

それぞれのキャラが立ってて面白かった。
話の進み方がアンジャッシュ。
途中から、みんなの過去が分かって…。
「まだ終わってないにゃー!」は良かった。
彼女が良い人すぎて。可愛かった。
Andersen

Andersenの感想・評価

3.9

1つのセットと基本の5人の人物だけで物語が進んでいって、ある種の演劇っぽさを感じたけど、笑いのセンスがすごく良くてめちゃくちゃ面白かった。
舞台となる作家の家がこれまたすごく華やかなおとぎ話空間でワクワクした。
1人の嘘がみんなの嘘に。
OG

OGの感想・評価

3.5
序盤はまさに昔ながらのコント☺︎
まるでアンジャッシュさんのネタのようですね☺︎
中盤からクライマックスにかけては、ある程度予想ができるものの、観ていてホッコリさせてもらえました☺︎
個々のキャラクターが生きた作品だなぁと思います☺︎
舞台を観てるみたいな映画!
伏線の回収もしっかりしてて、コメディーだけどちょっと泣けるシーンもあって、見終わったあとは あぁ〜!楽しかった〜!って言いながら帰った記憶がある。笑

あとは丸ちゃん!
はじめ役がすごく合ってた!!!
みずほ

みずほの感想・評価

3.1
面白かったといえば
面白かった!笑
舞台版が好きだったので見ました。
また違った雰囲気でとても楽しかったです。

丸山くんの主人公は…根っからの純粋という感じでしたね。
(隣の家のクレーマーが、舞台版で主人公やってた片桐さんで…舞台版を思い出しかけた時にイメージをぶち壊しにくるのほんとズルいと思いますw)
棚

棚の感想・評価

3.5
アイツがコイツになって、コイツがアイツになって、、登場人物が顔見たことない同士だから主人公がその人物になっちゃおうていう面白いやつ。もうしたい放題でこれは笑うわ。面白い→感動。舞台感。
>|