泥棒役者の作品情報・感想・評価

泥棒役者2017年製作の映画)

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

「泥棒役者」に投稿された感想・評価

Ellie

Ellieの感想・評価

3.5
丸山くんの演技を初めて見ましたが、特に違和感なかったです。
ただ主人公としての印象は薄いなと思いました。
市村正親さんが今までにないおちゃらけキャラで、時々真面目な顔をして叱ったりする時とのギャップがおもしろかったです。

前半のストーリーはアンジャッシュのネタを見ているようにみんなの勘違いがたまたま通じちゃうのがおもしろかったですが、後半は薄っぺらい部分があったためか見終わった後のスッキリ感はあまりありませんでした。
Kaorinon

Kaorinonの感想・評価

3.0
丸ちゃんぽいなー😊舞台劇みた感。市村さんがいらっしゃったからかな?高畑充希ちゃんの役の女の子は彼女としてカンペキ。息子の彼女なら大歓迎(笑)←なぜか母目線😁 WOWOW録画
OhtAN

OhtANの感想・評価

3.1
記録
楽しかった(❁´ω`❁)
be

beの感想・評価

3.6
記録。
正直期待はずれ。。。
設定はおもろいけど、設定を崩すの早すぎやし、オチへの持っていき方が中途半端でした。
t.t34

t.t34の感想・評価

2.9
面白かった。
やっぱり市村正親さんの演技は凄かった。
原作:西田征史

舞台演劇を舞台っぽい感じのままにグランドホテル方式で作られた映画。
群像劇で、喜劇で、ドタバタしながら笑かせてくれる。舞台仕込み特有のテンション高めなユーモアのセンス。アンジャッシュのすれ違いコントを見てるかのようでもあった。でも最後には人情味溢れるいいお話しで締めくくって、ホロっと泣かせてくれる。
丸山くんのキャラクターが映えてた。良くも悪くもそのまんまの感じ。ぜんぜん憎めなくて、むしろ応援したくなっちゃうような泥棒さん。一方で、童話作家役の市村さんはコテコテにキャラを作り込んでてプロだなって感じだった。
この作品にも作家の苦悩があって、藁にもすがる思いで泥棒でもいいから頼る、そんな人間味が出てて良かった。
メグ

メグの感想・評価

3.0
泥棒しようと入った家で色んな人に色んな勘違いをされて、結果色んな役を演じなけらばならなくなるワンシチュエーションコメディ。

舞台っぽいなーと思ったら、やはり舞台の映画化でした。あらすじから期待した通りのバタバタコメディだったんだけど、後半ちょいちょいしんみりコースも入ってきてどのテンポでのればいいのかわからなくなる印象。

でも、丸ちゃん見直しました!喋り方とか普段と全然変えてて完全に振り回されるキャラになってました。市村さんは流石だったなー。

三谷さんが監督したらどうなったかなとチラッと思いました。
>|