ジャバウォッキーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ジャバウォッキー1971年製作の映画)

ZVAHLAV ANEB SATICKY SLAMENEHO HUBERTA

製作国:

上映時間:14分

3.7

「ジャバウォッキー」に投稿された感想・評価

高橋

高橋の感想・評価

-
なんでもないものが凄く下品なものに見える
食事の下品さグロテスクさを描く天才。滲み出る不快感。ジャバウォッキーでの人形が人形をつるんと食べるところは快感。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.5
ヤンシュヴァンクマイエルの短編集
ツタヤに海外アニメの枠に置いてあったのが狂気。
個人的には庭園がすき。
あの独特の白黒の奇妙な話の雰囲気。でも齣撮りはない。
やっぱりヤンシュヴァンクマイエルの世界が一番出ていたのは最後のジャバウォッキー。齣撮りがとても繊細で特に好きなシーンはお人形がお人形のスープを飲む所。口にするりと入っていく表現が最高。狂気かわいい。
全体的麻薬動画のような作品でした。
短編映像。惹きつけるセンスの塊。
ドキリとする表現が好奇心を擽る14分間。
素晴らしいです。
mephitic

mephiticの感想・評価

4.0
紳士の手品に拍手、
穴に指突っ込んでくるくるがお気に入り
切り絵と学者の皮肉ににやり

人形食べちゃう人形さん
おもちゃがおもちゃで遊んでる
にもの

にものの感想・評価

4.0
すごく好きな短編映画。
子供部屋における少女の妄想なのだろうか。セーラー服の男児による少し残酷にも思える人形遊びや、子供部屋を監視するポートレートの男(=父親)を通して、少女の男性に対する恐怖心が描かれているようにも見える。
一番好きな短編映画です

そもそも
ジャバウォッキーは鏡の国のアリスの
ハンプティーの誌の中の存在ですが
原作でも子供が倒していることから
子供部屋をモチーフにし
可愛らしくグロく美しい
吸い込まれるというより
得体の知れない何かに
引きずり込まれるという
ヤン・シュヴァンクマイエルならではの
作品が生み出されたのでは
ないかと思います

チェコ作品が大好きな方
アート作品として観れる
ダークな雰囲気に
心奪われる方どうぞ



あとは
家での静かな1週間は
ヤン・シュヴァンクマイエルらしさが
溢れていると思われます
林檎

林檎の感想・評価

5.0
今まで観たシュヴァンクマイエルの作品の中で多分一番好き!ヨーロッパのヴィンテージトイ好きな私にはたまらない映像でした。観ててすごく楽しかった!これは作業BGM候補!

チェコの絵本のような世界観。可愛いドールハウスの中でお遊戯をするミニチュアなおもちゃ達。アンティークなビスクドールが動き出し、人形の目や体を突き破って小さい人形がたくさんでてきたり、人形が人形を調理し食べたりと、シュールに毒づいてました。

Filmarksのこのサムネが残念。これじゃ知らなかった人に良さ伝わらないような( ; ; )
私見たのこれかな?

よくわかんなかったけど、こういう気持ち悪さが好きで。

庭園があったような…
あれがなんか好き。×1
dodo

dodoの感想・評価

5.0
メルヘンな悪夢の入口。
毒っ気たっぷりの世界に、どっぷり浸る。
無邪気な残酷さ。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.4
シュヴァンクマイエルの真骨頂は短篇の方が味わえるのが多いと思う。
長編は実写とストップモーションアニメの混在が多いが、今作はほぼストップモーションアニメだけで構成されてるもんな。それだけに見応えが凄いある。

しっかし、タイトルのジャバウォッキーは冒頭の詩だけ。中身からはジャバウォッキーらしさは何も無いな(笑)
強いて言えば、陶器の少女の置物が兵隊人形を大勢倒すやつがそれに値するのかな?
でも詩の内容と映像も、どう見てもリンクしてない箇所が多い。それとも解釈を重ねると読み解けるのかしら?
長編のアリスは案外と原作のニュアンスを残してたのにね。

セーラールックの子供服が独自で動き回り、人形をグツグツ煮込み人形が食べ、部屋の中で木々が育ち成った身が腐り落ちてウジが溢れる。
凄い禍々しい。圧倒的な死の臭い。

一方で場面転換には、絵が描かれたブロックを破壊する猫と迷路が必ず現れる。いわゆる“ブリッジ”ってやつだね。場面と場面の橋渡し。
こういう所はテンドンの笑いにもなってて、なんかシュールで可笑しい。

シュヴァンクマイエル密度はメチャクチャ濃い。見慣れない人には受け付けないだろうなぁ。