ジャバウォッキーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジャバウォッキー1971年製作の映画)

ZVAHLAV ANEB SATICKY SLAMENEHO HUBERTA

製作国:

上映時間:14分

3.7

「ジャバウォッキー」に投稿された感想・評価

pika

pikaの感想・評価

4.5
初シュヴァンクマイエル。
クソwwwめちゃくちゃ面白い。
意味があるのかと深刻に見るよりも頭空っぽにして次々起こる不可解でシュールな展開を楽しむものでいいでしょうか?
初めてなのでよくわかりませんがこのシュールさがたまらなくてずっと「なんでだよwww」とツッコミ入れながらニヤニヤ楽しんだ。
迷路からの猫がもうたまらん!笑
「きたっ!」ってニヤニヤが止まらない。
字幕なしで最初見て何かベラベラ喋ってるから急いで字幕ありを見たけど字幕入れても何を言っているのかイマイチよくわからないところが凄くいい!笑

深い意味とかあるのか全然全くよくわからないけど、見たまんまをストレートに受け止めて「うへぇ」とか「プフッ」とか「えー!」とか言葉にならない声出しつつワクワクしながら堪能する、ある意味での娯楽エンタテインメント映画なんじゃないか!?笑
深い意味があったらすみません。

クセになりそうなんでまた見たくなる。
出た!って思った。
『アリス』で観るおもちゃ箱のような混沌がストーリーなしにひたすら炸裂。
溢れる想像力に圧倒されるので、観てて脳トレにもなりそう。
ひなこ

ひなこの感想・評価

1.5
本当はオテサーネクかアリスが観たかったんだけど、近所のツタヤにこれしかなかったので。今回のはシュールすぎてあんまり観てられなかった…
oqmr

oqmrの感想・評価

-
相変わらずあたまおかしいヤン・シュバイクマイエルワールド。今作はあまりグッとこなかった。
なんなんだろう、毎回同じような人形劇なのに。
「鏡の国のアリス」に登場するジャバウォッキーの詩からヴィジョンを感得したシュヴァンクマイエルが、そのイマジネーションの世界を独特の感受性を活かして映像化した作品。

ストップモーション技術を駆使した実写アニメと、呪術的な音楽の相乗効果が半端ない。グロテスクなのに気持ちがよくなってくる、悪夢的幸福感の妙。一体、何なんだこれは!?

「アリス」の前哨戦的な位置づけともいえるため、シュヴァンクマイエルの「アリス」が好きな人には必携の作品。もちろん、アナクロなドラッグ映像を欲している人にもオススメ。
ryothis

ryothisの感想・評価

3.3
シュルレアリスム的な何か その6。
今作が短編集のラスト。
ラストはとびっきり意味のわからない作品でした。どうもありがとうございました。
何回かある迷路のシーンでいっつも猫にバカにされてるみたいになるあれはなんなの。すごい面白かったけど 笑

やっぱり意味がわからないものには不安感を感じるようにできてるんだろうな。人って。
とか言ってみる。

短編集の半分ぐらいの作品にストップモーションがあるんだけど、やっぱ無条件で良いよね。ストップモーションアニメって。
あの粘土の毛虫のストップモーションアニメ(わかる人はいるのだろうか)を観てた小さい頃から、ストップモーションは不気味で可愛らしくて好きなんだよなぁ。

追記
調べたら小さい頃に観ていた毛虫の正体がわかりました。
「ニャッキ!」
っていうストップモーションアニメの中のクレイアニメっていうジャンルに位置するものらしい。
http://youtu.be/NcxO4ms2xvQ
一応URLを。
今見ると全然不気味でも何でもなかった 笑
小さい頃は不気味で怖かったんだけどなぁ。それも知らないものへの恐怖からだったのかも。
KSat

KSatの感想・評価

4.2
後の「アリス」にも繋がる、おもちゃによる饗宴、暴力。

観ていて凄く楽しい。子供時代の妄想が噴出する。
小さな子供に見せる映像のような作りだけど、中味自体は逆に見せれなさそう。
最後に黒猫かわいそ~~

1回目
すげーシュールですごい好き(笑)

アイロンのところがお気に入り
みゆ

みゆの感想・評価

4.0
『鏡の国のアリス』の怪物ジャバウォッキーの詩が朗読され、
おもちゃが動き始める。
傍若無人かつ人工的なおもちゃの動きを、
黒猫が予測出来ない乱暴さで破壊する。
/ シュヴァンクマイエル映画祭2015 上映作品 説明より