村井優一郎

羅生門の村井優一郎のレビュー・感想・評価

羅生門(1950年製作の映画)
4.3
なんかカメラワークがすごいとか演出がすごいとか色々言われてるから、気にして観ようってしてたんだけど、なんだか普通に楽しんで観てしまった。
良い意味ですごいわかりやすいなと。多分セリフがなくても演技と演出だけで話追えるんじゃね?って思うくらい。それってものすごく大事なことだなーっと観てて思った。