りんごチャン

羅生門のりんごチャンのレビュー・感想・評価

羅生門(1950年製作の映画)
3.8
いきなり画がカッコいい。セリフもかき消すほどの大雨に打たれる朽ちた羅生門。その下に途方もなく佇むちっぽけな男ふたり。

「わかんねぇ、さっぱりわかんねぇ」から始まる物語。どうした何があったと煽られる音楽。登場人物の千変万化する心情。本当にわかんねぇ。男曰く、羅生門に住んでた鬼が人間の恐ろしさに逃げ出したという話さえあるという。今も昔も人間は恐ろしい。終盤、男三人の心情がバラバラになったシーンが痛々しかった。深いな…

ちなみに芥川作品で一番好きなのは「蜜柑」。そんな作品無いわ、梶井基次郎の「檸檬」と間違えるな、と一蹴した国語教師が高校時代に居たな(-_-;)