Koko

羅生門のKokoのレビュー・感想・評価

羅生門(1950年製作の映画)
3.1
人には誰しも弱みがあり、見栄を張り、都合の良きように解釈するのかもしれない。
複数人の視点を展開しているのに提示のされ方が分かりやすいからスムーズに理解できる。そして少しずつ話の全体が見えてくる。すごいなー