Trip

羅生門のTripのレビュー・感想・評価

羅生門(1950年製作の映画)
3.6
羅生門展行きたくて初鑑賞。

3人の証言、こうも食い違うのか。特にあの、決闘?のシーン。
多襄丸は、奥さん巡って夫である侍と正々堂々と戦ったと言っていたのに、実際に柚売りが見たのは、2人とも逃げあってるのか戦いを避けようとしているのか、って言うなんともコメディのようなシーン。
おいおい…って思った。
あとはもう京マチ子さんの演技に凄みを感じた。。
旅法師のように、柚売りの言葉を私たちは信じることができるのかな。あの子供を預けてしまってよかったのか…