FACT

羅生門のFACTのネタバレレビュー・内容・結末

羅生門(1950年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

初めて黒澤明監督の作品を見ました!
ちょっと役者が何を言ってるか聞き取りづらいところもあったけど、ストーリーが逸材だった。
まず、その事件の真相の話をしていくのだが、一人一人違って、人間は何故こうなのか、信じるとは、などに陥る作品であった。
最後も自分たちが疑心暗鬼になってしまう
あと、色々なシーンがあるが、それによって毎回人格が違う演技が上手い。それとわざわざ縄を解いて戦うのも昔の武士道精神があっていいと思ったし、最後の決闘もリアル感があり役者、監督共々凄なぁと思った。