n2

羅生門のn2のレビュー・感想・評価

羅生門(1950年製作の映画)
3.9
初黒澤明作品。白黒映画もかなり久しぶりだった。

証言からそれぞれ違う回想シーンが始まる、全員が主観で語るから真偽はつかない。みんな都合の良い嘘をつく。
木こりも「俺は見たんだ」って言うけどじゃあ何がわからないのか。自分すら信じられないのか。

登場人物の誰も信用できない、最後のシーンすら嘘なんじゃないかと思ってしまいました笑

昔の映画は長いエンドロールもなくパッと終わるのが良いですね笑