あきら

オン・ザ・ミルキー・ロードのあきらのネタバレレビュー・内容・結末

4.0

このレビューはネタバレを含みます

羊かわいそう!!
地雷ひどい!!
血まみれのガチョウとかロバとかかわいそう!!

それにしてもモニカ・ベルッチの現役感といいランク感といいイタリアの至宝健在だね。というかモニカに対するロマンがすごかった。モニカに色々したいがためにこの映画を作ったんじゃないかって邪推するくらいにすごかった。

そこそこひっちゃかめっちゃかだしわけわかんない演出もあるけど、クストリッツァの戦争の描き方の容赦なさは凄いなと毎度思う。
正義だの人道だの総合性すらクソ喰らえみたいな理不尽こそ戦争の本質なんだろうと思わせる。

たださ、愛する女を失くして自殺しかける男にかけた「お前が死んだら彼女の記憶はどこに残るんだ」って言葉に締め付けられ、ラストの地雷原を覆う石積みの情景に泣いた。
そうしてたった一人で生きていく男の姿がもうもうたまらなかった。