3Dメガネ

オン・ザ・ミルキー・ロードの3Dメガネのレビュー・感想・評価

-
【薄っぺらな境界線】

事実とおとぎ話の要素を交えた不思議な世界のお話
いろんな生き物と一緒に暮らす
のどかな田舎町かと思えば
その隣では激しい戦争をしている
生と死の境界が本当に薄いカオスな世界


そんな世界でミルクを運ぶ仕事をする1人の男
銃弾飛び交う危ない道を通りながら
彼はある女性と出会ってしまい…



暴力が許される世界の中で
彼らは恋に落ちてしまい
暴力に追われてしまう
今までの人生とは全く違う展開
引き返すことはできない



いろんな動物が出てくるのも今作の特徴
ガチョウやロバ、蛇に羊
でもそんなにファンタジーしてないのか
悪趣味な演出が並ぶ
大量の羊の群れが地雷地帯に突っ込んでいく場面は少し笑ってしまった
ボンボン打ち上げられる仔羊たち
キングスマンのあのシーンを思い出しました



生と死、愛と暴力が混在する世の中で
生きる証を何に求めていけば良いのか
現実とおとぎ話の境界は薄っぺらいかもしれない