yoko

オン・ザ・ミルキー・ロードのyokoのレビュー・感想・評価

4.0
隣国との戦火の中、銃弾が飛び交う道をロバに跨りミルクを運ぶ主人公のコスタ。休戦が言い渡されるも多国籍軍の攻撃を受け、曰く付きの花嫁と逃避行へ。多国籍軍に追われ行き着く先は...

長閑かな田舎村の静と動のコントラストと、動物を使った表現力が抜群で、ユーモアを混じえつつ、戦争という重いテーマを鑑賞し易く作ってある。セリフも少なく、人々の表情や動き、音楽、風景いたる所から語りかけてくる。戦争によってもたらされるものは?鑑賞後ズッシリと重いものが残って涙が溢れた。

監督は旧ユーゴスラビアの生まれで、多民族国家で起こった数々の紛争の時代背景を生々しく表現されている。

この監督の映画は初めてだったのですが、スゴイ世界観でした。他の作品も観てみます(^^)ちょっと覚悟が必要なので、少し時間を置いて。。。