ニアペッタ

オン・ザ・ミルキー・ロードのニアペッタのレビュー・感想・評価

-
鳥、空、愛の物語が好きな生きなおしたいイタリアーナ役モニカ・ベルッチが抜群。動物たちも演技がすごいー。主人公(監督なのか!)の元フィアンセ、ユーゴの新体操の女王さんいかれててユニーク、この人もきれい。いつ男と女の話をするの?って跳ぶところで戦争が終わったらねーって思ったのにね。みんなが待ち望んだ和平のあとの、あら、別の愛の逃避行のお話になってそこからはもう一本映画を観たような感覚で疾走しました。あなたなしの人生は意味がない、真実に苦労はつきもの。コミカルな音楽とカラフルな映像で面白く見れた戦争映画&ファンタジー。
セルビアのエミール・クストリッツァ監督作品はジョニー・デップの『アリゾナドリーム』を見ていたことを再認識。