オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

初日に観にいくつもりがずるずると。。。やっと観た!そして最悪だった
だいすきな過去作は越えられないて解っているしそんなのは問題ではなく
は?ていうシーンが多すぎて、まぁそれは自分のクストリッツァはこうあるべきだという結局ファンとしての気持ちが邪魔してるのだろうけど感覚的に、は?の連続だったからもう駄目だ
あとから思い返すと言いたいことは...て無理矢理良くすることはできてもやっぱり観ていて違和感覚えたらおしまい
でもクストリッツァは変わらず好き
お前が死んだら誰が彼女を思い出すんだ。って台詞が深い…。
r1ace

r1aceの感想・評価

3.3
「寓話ならしゃあないかー」
としか言いようが無い奇想天外な展開。
美人二人に囲まれ両手に花と思ったら
怒涛の展開で死人ゴロゴロでびっくりした。

とにかく動物の使い方が唯一無二。
アヒルさん血にダイブ、
相方の鳥さんウインド攻撃、
蛇さんツイスト攻撃、
ロバさんアラ可愛そう、
そしてラストの羊さん大爆破、
読んでて何が何だか分からないと思うけど、
本当にこういう映画なんで(笑)

理解が難しいけどいつか理解したい、
そんな映画ですわ。
ryopeee

ryopeeeの感想・評価

3.5
なんともシュールで悲しいお話でした。動物がたくさん出てきます!
動物をあんなにも近くで撮る魅せ方に監督のこだわりを感じました。
もっとここで起こることをみていたい。何回も観たい。ちょうよかった。最高
中庭

中庭の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

焼け爛れた遺骸の眼孔からガラスの義眼がこぼれ落ち、燃え盛る花嫁の哀れな姿に悲嘆する者はただの一人もいない。日々戦闘と隣り合わせでありつつも保たれ続けていた牧歌的な風景のイメージは、たった三人のソルジャーの手によって、意外なほど小気味好いアクション演出とともに、動物もろとも粉々に粉砕される。雷の夜に物理法則を無視して天へ舞い上がったモニカ・ベルッチは、羊たちが虐殺される地雷源で爆風に巻き上げられ、文字通り宙に霧散してみせる。
タビ

タビの感想・評価

-
不思議な世界感。
気になったのでこの映画の背景をちょっと調べてみた。
嗚呼そうなのかと、切なくなった😿
内紛、戦争、平和の名のもとの暴挙。
それらをコミカルに寓話的に描いたのね。
風刺も込めて。

重くて深いよね。
じゃあ、この映画を観た私はそれらを理解出来たのかと言うと、難しくて理解出来なかった。

動物達がいっぱい死ぬ。
もうそれだけで苦しくて無理だった😭
羊が…羊が…😭
スコアつけれませんでした。
金柑

金柑の感想・評価

3.8
羊…羊よ…

謎CG
画面の隅で地味にいるドライヤーおじさんとか耳ひくひくおじさんとか、そういうのが好き
あと黒猫白猫のおじさんは一発で分かったよ

謎ユーモアが好き
きっと意味があるんだろうけどなんだかよく分からないフレーズの組み合わせみたいな

ツィンバロンを映画音楽で聴くことは度々あるけど映画の中で実際に弾いてるのは初めて見たかもしれない

動物とやたら仲良しなおじさんという図が好きなのはたぶんドリトル先生とかのせいだしナルニアをぼんやり思い出してた
サバ

サバの感想・評価

3.8
なんとも不思議な。
クストリッツァ監督作品は初めて観ます。
他の作品もこんな感じかなぁ。

アヒルがガアガア、ブタがブヒ〜、ロバがヒヒン、血の桶に、ハエが!
そしてハヤブサが‼️

私は、あまり観たことが無いようなオープニングで始まります。

愛の物語。
戯曲のような、おとぎ話のような。
牧歌的な風景に似合わない戦争。
映像がとても綺麗。
動物の使い方がスンバラシイ。

モニカ・ベルッチは、歳をとっても綺麗。
観終わっても余韻に浸れる映画でした。
>|