オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.7
不思議な世界観の映画でした。

戦争ファンタジー??

設定については一体何なん?って
自分の頭ではわけがわからなかったので理解することは止め、
ただただ二人が無事に逃げきってくれーと
思ってハラハラ見ていたのですが、
見事に期待は裏切られました。
nekomori

nekomoriの感想・評価

3.2
ファンタジーめいたタイトルとは裏腹に
ぶっとんだ内戦ものだった。
しっちゃかめっちゃかで見る人を選びそう。
モニカベルッチのお色気健在(笑)
すごく癖のある作品で、好き嫌いがわかれる映画だろうなと思いながら鑑賞、わたしは嫌い派。ファンタジー過ぎて笑うところがまったく笑えない。50代になるモニカ・ベルッチの相変わらずのお色気はさすが。
momoka

momokaの感想・評価

2.8
うーんシンプルに好みじゃない!ただそれだけ。この監督の作品はいつも評価が高くて観てみるけど、私にはあわないようだ…
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

2.5
職場の人が激オススメしていたし、クスリトッツァ見たことないしで、同じような状況の友だちと見に行った。変てこ映画だった。

ユーゴスラビアという国については、アンジーの『最愛の大地』を見た、くらいの知識しかなくて、複雑すぎる事情にクラクラする。

ただ、この映画の表現は好きじゃないかもしれない。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.2
動物が殺されすぎてて、その表現の仕方が結構苦手なタイプだった‥。もう一人の花嫁(名前忘れた)の行動が破茶滅茶で、映画にアクセントどころか不自然な程号外話を生み出すような人物像も苦手だった。ただ、主人公二人が川のほとりの小屋で過ごすシーンは、退化する事による自由さみたいなものを感じて凄く好きだった。
Oshmar

Oshmarの感想・評価

5.0
私的2017年no.1。好き要素がてんこもりすぎてポイントをつかめない(ほどよかった。ハヤブサとか蛇とかロバとか新体操の女王兄妹とか偏愛ごころを刺激されまくり)。九年ぶりのクストリッツァ、ラスト10分は涙滂沱。放心状態のまま、劇場を後に。
86junk

86junkの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

監督自ら主演を務めたのもあってか、今までの作品と比べて淡々としたキャラクターの主人公。

いまだに簡潔にどういう話だったとまとめにくい内容。

映像としてはいつも動物の演出には驚く。
熊はすごい。
horry

horryの感想・評価

3.6
『オン・ザ・ミルキー・ロード』という少し甘いタイトルとは裏腹に、ボスニア内戦を連想させる暴力的な世界に、宗教的な寓話が散りばめられている。
ユーモアも、バルカン・ミュージックも、美しい風景や動物たちも、『黒根猫・白猫』『ライフ・イズ・ミラクル』『ウェディング・ベルを鳴らせ』と同じだ。
しかし、何の希望も感じられないエンディングに言葉を失う。クストリッツァはもう自分のユートピアに閉じこもってしまうのだろうか。つらく、寂しい気持ちになった。
>|