オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.7
不思議な世界観の映画でした。

戦争ファンタジー??

設定については一体何なん?って
自分の頭ではわけがわからなかったので理解することは止め、
ただただ二人が無事に逃げきってくれーと
思ってハラハラ見ていたのですが、
見事に期待は裏切られました。
Aki

Akiの感想・評価

3.5
監督の昔の作品の「黒猫白猫」「ライフイズミラクル」「アンダーグラウンド」など各作品から1つ1つ特徴的なものが出てくるのは追ってきて楽しい〜!とは思いますが、うーん‥個人的にはこの監督にしちゃあんまり‥動物を撮ってるからこそあんな羊が死ぬところは見たくない‥CG?もあまり‥。それでも逃亡劇は良かった、楽しかったです。モニカベルッチすごく綺麗。

「愛へ続く道を進め」!
EDFD

EDFDの感想・評価

4.0
どうか劇場でみたい
クストリッツァ結婚式は極上
(世界が終わっても結婚式はやる!)
戦争マジだめ。
ラストのパワー
(あんな地道しか戦争封印できん)
紛争、動物、祝祭といつものクストリッツァだが、審美的な構図が多く猥雑さは薄め。小奇麗にまとまっている。
はま

はまの感想・評価

2.7
退屈で寝てしまったせいもあると思うが、何のことやらサッパリわからず。
ドカンドカンとうるさい映画。
jumpay

jumpayの感想・評価

-
俺の心は悲しみで満たされていて、別のものが入ってくる余地なんてない
みたいな事を言うんだけど、余地がなくても入れるときは入れる、そのあとさらなる悲しみで溢れるんだろうなって予感がしても、まぁ入れちゃうんだよね〜
メメ

メメの感想・評価

3.8
地上がどれほど血にまみれ四方から銃弾が飛んでくるような状況であっても、花は咲き、蝶や鳥は空を飛び、羊は子を産み、人は人を愛するのだ。

クストリッツァ版愛の逃避行。
"アンダーグラウンド"がヤバすぎたために、クストリッツァへの期待値は自然と上がる。
今作はどこかおとぎ話のような、ファンタジー的な愉快さや可愛らしさもある反面、戦争や人間の愚かさもいつも通り描かれている。というか勿論そっちがテーマである。
相変わらず冒頭から動物がたくさん出てきて笑ってしまう(笑)あのでかいクマは本物のクマらしい、あのクマが小さい頃から仲良くしていたらしい、もはやムツゴロウさんレベルに達している。

やっぱりクストリッツァの映画はエネルギッシュで、破茶滅茶に見えるけど彼が伝えたいことはいつだって一つなんだろうなと思う。そしてやっぱりわたしは彼の映画が好きだなと再認識した。
は

はの感想・評価

-
寝て再生してを繰り返していたので逃走したり爆発したりしていたことしか覚えてない、結局どうなったんだか。
>|