オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.8
クストリッツァ監督のことを存じ上げていなかったので、パンフ見て「え!出演してはったん!」となったやつ(笑)
コミカルに表現する中に深いものを感じるけど、私は上手く咀嚼できていないのでまた観たい。
動物たくさん出てくるよ!

予告がすごく好きだった!
アイリッシュ系の音楽好き♡
窓がバーンと閉まったあと小屋が崩壊して笑った
この監督さんの映画は初鑑賞。自然の中で動物たちがのびのびして可愛らしい!
そしてセリフでなく演出で魅せていく感じがすごく好み。
dodo

dodoの感想・評価

5.0
ミルクを好む実はイイヤツの大蛇。
踊るハヤブサ
戦争中なのに、何故かユーモラスで、お茶目なミルク運びの男に、村人たち。
みんな悲しみを背負って死と隣り合わせでも、愉快に踊る。
かなり寓話的だけれど、とてもすき。
言葉も表情が乏しくても彼の心情が何故か伝わる不思議な不思議なお話
tomi

tomiの感想・評価

3.7
" 何があろうとも誰かを愛するって
唯一意味のあることよ "

二人の愛の逃避行は
川の中、山の上、羊の群れの中
どんなところへ行っても愛があればきっと楽しい。
鮮やかな色彩、ぶっ飛んだファンタジックな演出が面白かった。
eiga

eigaの感想・評価

4.0
「お前が死んだら誰が彼女を覚えてるんだ。愛は記憶してやらないと」

記憶。

争いを引き起こすのも記憶だけど、
愛をなくさないために必要なのも記憶。

羊が爆破。

熊に餌付け。

広大な敷石。

どうやって作ったんだろう感。

アレハンドロホドロフスキー的な。


人間以外のものがたくさん出てきた。
ファンタジー要素。
雰囲気はとても良かったもののそこまででした。

動物を沢山使っている点と画面の作りが好きでした。
アンダーグラウンドを見た後で期待が高過ぎたのかも知れません、、
2018 6.21 鑑賞
文句なしの傑作。クストリッツァの凄味全開!モニカ・ベルッチも良いが、もう一人の美女の狂いっぷりが好きだなあ。あとはロバたち生き物の見事な演技も良い。
蛇は苦手だが・・・
予告やポスターで牧歌的な映画をイメージしていたが全然違っていた。
冒頭、豚の血の風呂に飛び込むアヒル。何か不穏な印象を受け、これから始まる悲劇の象徴ではないのかと思いながら鑑賞を続ける。
前半比較的明るく楽しい感じで映画が進行する。村のみんなは仲良しで、休戦決定や結婚式前夜には村あげてどんちゃん騒ぎ。主人公コスタは何故かモテモテで、2人の女性達に挟まれ、今後どの様な選択をするのか気になる。
しかし、後半へ突入するとまさかの展開でモニカ・ベルッチとの逃避行が始まる。コスタの自発的な行動からではなく、こんな形で逃走を始めるなんてっと思ってしまった。
映画の終わりは、コスタが長い年月をかけて苦行を行うが、あれは自分への罰だったのだろうか?苦行の末に隙間が全て埋まった時には何を思うのか?気になってしまった。
監督には愛だの平和だの何か伝えたいものがあったと思うが、後半からの富野由悠季的な皆殺しで、私には本作のメッセージ性が読み取れなかった。
>|