オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

nobuki2298

nobuki2298の感想・評価

2.7
正直よくわからん。
けど、雄大な景色が見られて楽しい。
でも羊がとても可哀想。。。
imagoo

imagooの感想・評価

3.8
どう生きるかは選べるけどどう死ぬかは選べない、そんな事を考えさせられる作品。
クストリッツァすぎ
終盤の展開はまじで見たことないもの見せてくれる

過去作だと背景として描かれていた悲惨さ残忍さだが、今作ではそれともろに対峙することになる

毎度生と死について強く考えてしまうなあ
エミール・クストリッツァ監督、実に9年ぶりの新作。

いやぁ、クストリッツァ健在!
今作でもやってくれましたねー。
民族紛争という悲劇をファンタジックかつメッセージ性を持たせ、かつ、その地域への愛情も感じさせて魅せるという味は今作でも全くブレませんでしたね。
クストリッツァ自身の過去作品へのセルフオマージュのようなシーンも多々あり、思わずニヤリ…かつ、ハラハラしましたね。
なので、今作で少しでも琴線に触れた方には過去の作品もご覧になっていただきたいです。

ラストシーンも壮大で素敵な幕引きになっていたかと思います。
yoneyama

yoneyamaの感想・評価

3.5
クストリッツァのパーティーシーンは相変わらず最高。独特の世界観で突っ走ってました。
❝愛が続く道を進め!!🏃💨❞

いやぁ…愛だよ、愛!! ➔『 ❙ 💓 🐐』

某湯屋の親父がぼそりと呟きそうなくらい、見事に踊り狂おしいほどの愛の物語でした。

そして記憶を絶やせなくさせるのが数々の主演をつとめた動物たちに大きな拍手をお願いいたしますッ🎵✨👏😆マグニフィセント‼!!!

最高の相棒ってのはチューイかハヤブサで決まりですな🎵✨😙🦅"

お、動物たちの讃歌がどこからともなく聞こえてきましたね❗😚〜🎵


これはもぅ、踊るしかないっすね!!!!!!!(👍๑•̀ㅂ•́)👍✧


🐔🐔🐔(,,ºΔº,,*)🐝(*´∀`)🐐ฅ(>ω<*ฅ)"
(•'╻'• ۶)🦅🦆(。í _ ì。)モ🐍Σd(°∀°d).'∴・🐎
(°ε(0ニ(`д´╬)و∑(✘Д✘๑ )🐐乁(๑˙ϖ˙๑乁)
🐣(๑o̴̶̷̥᷅﹏o̴̶̷̥᷅๑)🕊️( ´罒`*)カ¢(´;ω;`)🐞(இдஇ )"(o^ー^o)(。-艸-。)🦋(〃ノω)σ| 🦃
ヾ(。>﹏<。)ベ🐐٩( º∀º )۶🐻з\(❁´∀`❁)🐃
(*´ㅿ`*。)ル(๑❛ڡ❛๑)🐐(눈_눈)(๑✪∀✪ノノ゙🐈
✧(๑´ლ`๑)🐖(*ºั╰╯ºั)(;//́Д/̀/)ッꉂꉂ◟チ(˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑)
(艸∇〃*) (৹˃̵௰ก̀৹)ԅ(,,´﹃`,,*ԅ)( -᷄ω-᷅ )💭🎵




















さて❗

❝顔文字❞に紛れて踊っていたのは、だーれだ❓😉✨

簡単なので答えは書かないっす👍✨

それでは、おやすみなさいッ💤
Lewis

Lewisの感想・評価

3.5
難しいよー。
反戦と動物と人間と。
最後にミルキーロードの意味がわかる。
まゆ

まゆの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

生き物大活躍の映画でしたね。そしてモニカベルッチ!相変わらずお美しいですね。若い女の子にも勝ってしまう色っぽい彼女を見ているだけでたまらんです。傘を差しながら肩にハヤブサ乗せてロバに乗る主人公、は監督ご本人だったのですね。中盤から逃避行になるのですがハラハラ。でもいつも動物たちが助けてくれます。白い蝶、良かったな…。なんだか自分には珍しい映画を見ました。映画を見た!って気持ちにさせていただきました。音楽も良かったです。
戦争の無意味を描きたかったのかもしれないが、全てが虚無。ヤギの群れが爆死して行くことに、何か意味があるのか残酷で観てられなかった
この監督さんの映画は初鑑賞。自然の中で動物たちがのびのびして可愛らしい!
そしてセリフでなく演出で魅せていく感じがすごく好み。