オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

りま

りまの感想・評価

3.5
長い夢を見ているようだった
なんだか意味わからない夢をみちゃったってことありますよね?
そうそれです!

ひつじさん、死なないで!
厳しい現実でもくすっときてしまうことがある作品でした
何語ですか……

77
taaamami

taaamamiの感想・評価

3.8
エミールクストリッツァの描きたいものはずっと変わらなくて、とどまることを知らない人だと思う。
micco

miccoの感想・評価

1.7

ファーストシーンから
合わなかったので多分単純に
わたしには合いませんでした

タイトルはすごく惹かれたし
パケットも好きですが、、、

わりと頭の中がハテナになる演出多かった
木上

木上の感想・評価

5.0
最高な映画を観た!!!と思ってフィルマークスチェックしたらびっくりなんですけど!評価低くないっすか…
なんであんな絵本みたいな世界を作れるんだろう。夢を夢と感じないように、非現実を非現実と感じないような。ファンタジーを脳に満たすことができる。
ストーリーはさすがの潔さだし、そのスピード感が空気に合って心地良い。
フワ~としたマシュマロをサクサク切ってトントンしたような…ぶっ飛んだ夢物語なのにテンポの良さ、選曲の最高さ、画の愛らしさ奇妙さ全部が素晴らしすぎて生きる意味すら噛み締めたよね…どうして人生はこんなに自由には行かないんだろう!!120分うまく作られてるなぁ!
ペイン

ペインの感想・評価

2.5
正直かなり観てるのキツかったな…

前半はたしかにホドロフスキーの「エル・トポ」の如く傘を挿し、ロバに乗るクストリッツァが出てきた瞬間に何か凄いものが始まるぞ~という予感がした。世界観や画作りも大変好みだったのだが…

どうやら奇をてらおうとし過ぎて空回りしちゃったように思える。その空回りぶりは近年の園子温作品のよう。クストリッツァは9年間映画撮ってなかったみたいだけどその間にだいぶ拗らせたんじゃないかな(笑)

モニカ・ベルッチともう一人の美人似すぎててホントに区別つかないし、後半のテレンス・マリック「地獄の逃避行」もおったまげ~な二人の逃避行は本当に冗長で退屈だったな…

ともあれ銃撃や爆破のシーンの迫力が凄まじくてそれは「アンダーグラウンド」の頃と変わってなくて流石だなとは思いました。この映画を一言でまとめると“不思議ちゃん”ですね。

地雷で吹き飛ぶ羊が最高!

高嶺剛かっ!

とツッコミを入れたくなるくらいに

ようわからんかったw
羊の群れが地雷原でどんどん爆死して肉片飛び散ってるシーン、凄くシュールでした。
strangers

strangersの感想・評価

3.0
途中寝ちゃって内容さっぱりだけど、
自然が綺麗で、動物たちが可愛かった。
ysak

ysakの感想・評価

3.7
相変わらず、家畜の画とみんなで踊ってる画が多い。背景との合成が雑。イーストウッドとかたけしとかウェルズとかとか、監督と主演を兼ねれる人って頭のネジどこかぶっ飛んでるな、とコレ見ても思った。や、好きなんですが。
オン・ザ・ミルキーロード
戦争下の映画でミルクを運ぶ主人公のコスタは、傘で弾をよけながら進むシーンは笑ってしまいました。愛嬌のある動物が随所に出てきて、愉快な仕上がりかなと思いましたが、最後は悲しい結末に😢😢。