オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

ナガミ

ナガミの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

グロいし、頭痛くなったけど、見て良かった…笑

3人の敵兵士がずっっっと追っかけてくるのが怖くて苦しくて嫌だった。
akane

akaneの感想・評価

4.0
反戦、戦時下の愛、といったテーマなんだけど、基本的に表現がポップでトチ狂ってる。好き。
最初から最後まで引き込まれたが、15年後の場面は少し冗長に感じた。
雄大な自然と牧歌的な暮らしの中に自然と存在する戦争の描かれ方にハッとした。

あと動物の扱いがひどくてそれも滑稽さの一つだなぁと思ってたらエンドロールでNo animal was harmed during shootingって出て笑った。
クストリッツァにしか描けない寓話だった。いい意味で終盤はどんな着地点を迎えるんだ、とソワソワし始めたんだけどそうきたか〜と言わんばかりのラスト。
時計に咬まれる、とかバカバカしいエピソードはあるけどこの人にしかこのトーンで“戦争”は描けない気がする。相変わらず音楽も好き。
kp

kpの感想・評価

-
初クストリッツァ。生と死と愛と戦争と音楽とファンタジーと可笑しさと、膨大な要素が詰まった映画。笑って観てたら劇的な展開に引き込まれてハラハラしたり、ラストで涙したり、疲れた。圧巻でした
7子

7子の感想・評価

-
クストリッツァの思いが切実すぎて、心が引っ掻き回されちゃう。あまりに素晴らしいんだけど、だからこそ、きれいなところで生きてきたしそう生き続けたいと思ってしまう自分にはあまり向いてないんだろうなと感じちゃった。悔しいな。

寓話の要素が強めなぶん、一歩引いたところから見ていた。
pomme

pommeの感想・評価

4.0
生と死と愛と戦争の物語。
たくさんの動物たちに囲まれて、人間はどの動物よりも愚かだなあ、とつくづく思ったのだった。

監督によれば、ミルク運びの男と花嫁はアダムとイヴだそう。蛇はイヴに禁断の実を食べるよう誘惑したとして良いものではないと言われているが、古代エジプト等では神の一種だった。また、禁断の実を食べさせた蛇はその後、アダムとイヴと共に楽園を去ったのだそう。そのため監督は蛇に感謝を示したかったのだそうだ。
ask

askの感想・評価

4.1
初めてのクストリッツァだったけどすんなりとその世界観に入り込めて楽しめました。
imur

imurの感想・評価

3.7
牧場での様々な動物との生活や、酒場での音楽など心が踊るシーンが多かった。
主役のコスタは始めさえない男だと思ったけど、後半にいくにつれて優しさと強さにあふれたいい男だと感じてきた。
普段見ないようなジャンルの作品だったから途中寝落ちしたけど(笑)日常では味わえない気持ちにさせられた。
Marrison

Marrisonの感想・評価

1.4
内戦終結を寿いで真の平和を願ってこれ作ったのかは、はなはだ怪しい。悪い意味で不真面目な映画だから。
主要女優二人(スロボダ・ミチャロヴィッチとモニカ・ベルッチ)の自己アピ臭がものすごく鼻についた。老若男女すべての観客を幸せにしようなんて務めは頭にないんであろう躍る彼女たちのせいで、低俗なミスコン見せられてるみたいな気が時々した。
主役のミルクマン・コスタ(エミール・クストリッツァ。こいつ、監督自身か)は、キモメンの上に表情ゼロ。巨匠ちばてつやさんの漫画内にしかいないはずだったこういう見かけの男性は、ギターが上手いとか実業家としてバリバリだとか消防士として大活躍とかサッカー選手であるとか、何か一つでもいいから(女にゃ真似のできないような)凛々しい動きと合わさった時に輝きだすタイプであり、単に大人しく変なスタイルで牛乳運んでるだけで美女二人にモテようなんて、甘いよ。雨漏りの時の左右に鍋のシーンだけは絵として面白かったけど、でも、そんなのは日本の漫画雑誌にしょっちゅう出てきそうな凡々アイデア。
だから、ラスト45分間ぐらい、コスタと嫁(モニカ)がいつまでもいつまでも逃げ延びようとするので、「早く死ね。早く死ね」と私は祈りながら観た。
そしたら、途中でモニカが「私の美しさとあなた(コスタ)の優しさは、みんなの悪意を生むのよ」と言った。何だ、あんた自分で全部わかってんじゃん。────最低点(1点)にしようと本当は決めてたけど、彼女とシナリオの自覚に免じてちょっとだけ加点してあげる。それと、血で行水するアヒルたちが熱演だったから。
映画内の人間たちがことごとく醜悪な一方で、動物たちはみんないいひとばかりだった。もしも爆弾シーンで実際に羊を殺してたとしたら私は監督を絶対に赦さないかんね。
動物はみんな真面目だ。動物は人間と違って本当に真面目。あなたたち(動物)にチュッ。
Marhythm

Marhythmの感想・評価

3.5
なんとも言えない。
哀しさもおかしさもあったり、やさしさもあったり、不条理もあったりで…生きてるって事なのかなぁ。
おばちゃんが言ってた言葉が印象に残った。