オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

r

rの感想・評価

4.1
戦争が終わらない国を舞台に
MILK運びの男と美しい花嫁の愛の
逃避行がはじまる。
_
…嫌いな訳がなかった♡笑
かなり観る人選びそうだけど私は
控えめに言っても好きな映画♩
戦争時の物語なので苦手な描写も
あったのは事実🍒…ただ、観てる内に
難解の描写の意味が分かったり、今作も
踊りたくなる音楽に数々の狂乱な演出、
それらを彩る森の動物たち🐿
((今回は沢山、主役級の動物いる))
これが作品の醍醐味なのかなて🍀
クストリッツァ作品は"映画映画"してて
"夢""自由"を与えてくれる(*´꒳`*)
前作のUNDERGROUNDに比べ
目を覆いたくなる場面増えてるけど
今回はユーゴの自然、ハヤブサの視点と
情熱的な逃走劇♡♡心、弄ばれる🍒笑
変人←、変わり種映画好きな人以外にも
観てもらいたいクストリッツァ作品🎞
ずっと観てたい映像作品でした🎯
_

停戦のパーティーみたいな時に耳ピクピクしながら楽器演奏してる人が好き過ぎる。
後半にかけてしょぼい兵士との鬼ごっこがひたすら長かった。
アンダーグラウンド見たくなった!
McQ

McQの感想・評価

3.5
蛇がミルクを飲み、ハヤブサが踊り、人や羊が宙を舞い、アヒルは相変わらず汚物まみれ、、

戦時下のとある村を舞台とし、3つの実話に寓話を織り交ぜたというクリストリッツァのドタバタラブストーリー。

劇場公開を見逃してしまい、待ちわびた本作ではありますが、やはりツボな要素がてんこ盛り。

描かんとしてるところは、これまでとほとんど変わらない??と思ってしまうけど、クリストリッツァ唯一無二の世界はやっぱり好き過ぎる。

全体通して見ると素晴らしいのだけれど、個人的にメインとして描かれる恋愛部分にとことん入り込めず、、

モニカベルッチだけかなり浮いてないですか?(実際何度も宙に浮いてはいましたが、、)

クリストリッツァがイチャつきたいが為のあれこれにどうしても見えてしまい、、

むしろミレナ役のスロヴォダミチャロヴィッチが超絶魅力的だったので、後半は不満だらけ、、

モニカファンの方には申し訳ないのですが、モニカいらないなぁと、、

それにしてもハヤブサをはじめ
動物たちが可愛いすぎ。
emily

emilyの感想・評価

4.1
戦争中の、とある村。銃弾をよけながら、ロバに乗ってミルクを運ぶコスタ。村一の美人で英雄ザガの妹に愛されていて幸せだったが・・ザガの花嫁として連れてこられたイタリア女性に一目で恋に落ちてしまう。戦争は終わるが、彼女はある過去のため追われる身で、村は襲撃されてしまい、コスタとイタリア女性は愛の逃避行へ旅立つ・・・

 銃弾が飛び交う中、生き物の暮らしをしっかりと描く。あひるや鳥たち、生きてる物にスポットを当て、生の演奏と、ダンスと歌が目間苦しく日常を包み込む。独特のリズム感と、静寂とを巧みに操り、ユーモア満載のコメディを見せたかと思うと、後半は愛の逃避行になり、シリアスな部分も見せる。終戦しても、争いはやまない。現社会と皮肉に交差し、パきっとしたファンタジーな色彩の中、現実と幻想を行ったりきたり、観客に息つく間を与えない。体が躍りだすような音楽と、目間苦しいカメラワーク、シンプルなメッセージと共存。すべての要素から監督らしさを味わえる。エネルギッシュで、愉快で楽しくて、まさに”映画”の中にしっかりのめり込める夢の2時間5分。
pachi

pachiの感想・評価

3.2
『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』で有名な奇才エミール・クストリッツァ監督映画。しかも本人主演。
過去作品のファンとして楽しみにしていた本作。
-----
戦争が続く小さな村で、牛乳を前線に運ぶ仕事をしている主人公。きっかけは突然、恋に落ちてしまった主人公と自身の恋人の兄の婚約者。二人はそれ以上に複雑な理由もあり逃げることに。二人に幸せなゴールはあるのか?
----
『黒猫白猫』などでみせたあの独特の音楽や演出は健在。しかし、彼の作品にしては真面目なドラマを目指しすぎたのでは?というくらい優等生なストーリー展開。
クストリッツァ監督に求めるのは、あの独特な『はちゃめちゃ感』なので個人的には期待程では無かった。逆にクストリッツァ監督作品初めての方は本作から観てから『アンダーグラウンド』『黒猫白猫』にてを出した方が入りやすいのかもしれないです。
#ぱち映画 #映画 #おすすめ映画 #おすすめDVD #movie #movielover #映画部 #映画好き
marmelo

marmeloの感想・評価

2.0
残念だがクストリッツァのワースト認定。途中で映画館を出たくなったくらいだ。

動物さん逹とモニカ・ベルッチしか良さなし。今までのクストリッツァの茶目っ気はどこにいったのか。

残酷でも苦しくてもどこか救いがあったから彼の映画が大好きだったのに。クストリッツァ本人でなく別の役者にした方が良かったのでは。
冒頭から
アヒルの群れが豚の鮮血に次々と飛び込み
嗚呼もうやっぱり初っ端から クストリッツァ〜😍

画面から溢れるばかりの動物たちのエネルギーと 胸踊るバルカンミュージック
嗚呼もうやっぱり大好きクストリッツァ〜😍

馬鹿騒ぎの結婚式
流れ漂う ウェディングドレス……
お馴染みのシーンもタップリだし〜💕とワクワクしていたら

後半からは
ワクワクだけでは済まなくなり
監督自らが出演した意味が納得!

戦争が終わらない国
溢れる生命達を残酷に叩き潰す銃弾への怒り悲しみ が
監督の あの 笑ったような 泣いたような
怒りの表情に 凝縮されていた

それにしても
美し過ぎる モニカベルッチ😍

* 4/13 DVD鑑賞
視覚的にも音楽的にも美しい作品でしたが、動物好きにとっては目を覆いたくなるシーンが多かったのがつらいところでした。
mika

mikaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

「唯一 意味があることよ 何があろうとも 誰かを愛するって」
nknskoki

nknskokiの感想・評価

3.7
アンダーグラウンドの巨匠エミール・クストリッツァの新作
彼の映画は音楽が楽しいしあいかわらず動物を効果的に使う
おそらく人間の隠喩として動物を用いているんだろうけど、殺戮描写に人間ではなく動物を用いることで従来の戦争映画とは違った感情によって戦争の愚かさ悲しさを植えつけてくる

とにかく美しいユーゴスラビアの大地
これはもう毎回書いてる気がするけど、この中世ヨーロッパの雰囲気が好きすぎる
僕はドラゴンクエストの世界観にとても影響されているので、大地や草木そして湖で構成されたこの何か桃源郷のような風景が最高に染みる
ジプシーや宴の雰囲気とか、あー😩ユーゴスラビアに行きたい

あと何と言っても出てくる女性が全員僕好みでセクシー
あー😩ユーゴスラビアに行きたい