オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

じゅん

じゅんの感想・評価

4.2
混乱に次ぐ混乱笑
なんだかよくわからないけど、面白かった!!

踊るハヤブサ、リュビツアがかわいかった
アヒルかと思ったらガチョウなのね
そして不憫なヒツジさん…
mmm

mmmの感想・評価

3.7
いやーーーーー疲れた。笑
途中、エネルギーを吸い取られていることに気づいた。観ているだけなのに、疲れている(笑)
あらすじをきちんと読んでいなくて自分が思っていたストーリーと真逆に進んで行くから楽しかった!(けど疲れたw)
音楽は相変わらず最高◎
きっともう見返すことはないと思うけど、さすがの作品でした!

後半は切なかった。ひつじさん。

グロいのは大丈夫だけど
動物のリアルな目が怖すぎる!!
けど、あれを撮れるのは本当にすごい!
なすび

なすびの感想・評価

5.0
う、あ、、、、、、、、観ているうちにどんどん映画にエネルギーを吸い取られているような、これでもかこれでもかと見せ付けられる圧巻の映像そして生や愛へのエネルギーを前にへにゃへにゃになってしまった…とりあえずエンドロール中に意識をなんとか戻して、頑張って立ち上がった。

今まで見てきたクストリッツァのとは比べ物にならないくらい戦争の影響が死に方に現れていた。ある意味1番リアリズムだけど1番ファンタジーだった。でも戦争はその二面性を常に持ち続けているのかもしれない、戦争中は夢か現か人々は錯綜しているし現実が1番ぶっ飛んでいて、それでいて幻想が1番真実に近い気がした。またもや戦争に対する意識を改めさせられた、それは別に教えられたとか学んだとかいう生易しいものではなく、目の前で見せ付けられたというようなものだった。クストリッツァが涙を流す最後、もはや他人事ではないと思った。

動物たちすげーどうやって撮ってるんだろ!?!?クストリッツァって山に篭って修行でもしてたのかな??

最初の方で流れる白黒映画「鶴は飛んで行く」たまたまこの前見たのでめっちゃ興奮した!!!確かに、あの映画はある意味すごくこの映画にリンクしている気がする…

とにもかくにもスクリーンで見れて良かった。クストリッツァ意外と若いな笑
予想もしていなかった結末。
たくさんの愛くるしい動物たち。
銃声と爆発音。盛大な結婚式。
最初からドキドキハラハラ。
面白かった!
Aika

Aikaの感想・評価

4.0
数えきれないほどの動物、盛大な結婚式、陽気なバルカンミュージック、銃声に爆発…クストリッツァ監督の大好きな要素をぎゅうぎゅうに詰め込んで、美女二人に言い寄られる主演は俺!
これ作ってる最中楽しくて仕方なかっただろうなぁ笑

そんなTheクストリッツァ監督な前半から一転、後半はモニカ・ベルッチの手を引き愛の逃避行へ。

モニカ・ベルッチはあくまでも″花嫁″であり名前もない尊く純粋な愛の象徴。
50代と60代の熟年カップルなのにとても初々しくて可愛らしい。
幻想的なシーンにも壮大な自然にも映える2人の愛は、様々な障害を乗り越えていけるのか。


つい最近クストリッツァ監督の傑作3作品を劇場で観たばかりだったので、それと比べたら少し薄味だったかな。
それでもどのシーンを切り取っても、クストリッツァ印!なのがやはりすごいし、予測不可能な展開に寓話的な要素も加わり新たな魅力もあった。

情熱的でユーモアたっぷり、シリアスだけどエネルギッシュ、楽しくて哀しい。

どんなごった煮でもスパイスが効いていてその香りにそそられる。そして必ず美味に仕上がるのがさすが。
あーや

あーやの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

レビューが恐ろしく遅くなっちゃった!いかんいかん。
みんな大好きエミールクストリッツァの最新作「On the milky road」です!いつものクストリッツァらしい騒がしさもありつつ、泣けてしまう大人のラブファンタジーでした。
冒頭から大量のカモがバスタブに飛び込んで豚の血を浴びてハエを食いまくっていたり、表情豊かなロバが人間のように振舞っていたり、音楽好きなハヤブサが肩を交互に揺らして踊ったり、クマにオレンジを餌付けしたり・・・。ヘビが身体に巻き付くシーン以外はCGを使ってないとクストリッツァがパンフレットに書いていましたが、そうとは思えないほどしっかりした役割を持って動物達が生き生きと登場している。この動物達のバカ騒ぎがなんともクストリッツァらしい。もちろんクストリッツァの作品なので音楽も忘れてはいけない。本作では絶大な信頼を寄せいている息子のストリボールが音楽を担当していた。バーで酒を飲んで大騒ぎしながらピアノの上で泥酔した女性がくねくね踊り出す。乱発されるピストルもクストリッツァの映画では楽器の一つでしかない。無茶苦茶にド派手!いつもの感じが楽しくて楽しくて観ている私もお酒が進みます♪♪そんな酒乱騒ぎのあとの可愛いシーンが、洗面器でフィアンセとモニカ・ベルッチのふたりを雨漏りから守るクストリッツァの優しさだ。彼の純朴さに癒されます。そんな優しいクストリッツァに向かってとんでもなく美しいモニカ・ベルッチが牛乳持って走ってくるシーンが堪らん!!50歳超えてあの瑞々しさは何?!豊満な胸もクビレもそのまま!スタイルバッチリやん。今でも全然”現役の女”だった。すごいなぁ・・。そんなモニカ・ベルッチの設定はワケありな超絶ええ女。そして彼女が毎晩観ている映画が「鶴は翔んでゆく」なのです!私が最近ド肝を抜かれたカラトーゾフ監督の1本。モニカ・ベルッチはそれを観て毎晩泣いているんですよ。。めっちゃええ女やん・・・!(本作を観たあと衝動的に家に帰って「鶴は翔んでゆく」を再度観ましたが、何度観ても素晴らしい作品。この映画の感動に慣れることは一生無いでしょう。もう「この映画しか観ずに死ぬまで満足していろ!」と言われても黙って頷けるほど素晴らしい作品でした。改めてこの作品に出会えて本当によかったと心から思いました)
軍に命を狙われ続けている女と親友は動物しかいないような男。人生を諦めかけていたふたりが爆撃音の轟く内戦国で出会い、仮初の恋に燃えて愛の逃避行を実行する。激しくてロマンチックな物語ですね。絵面だけならもっと若いカップルの逃避行の方がもちろんしっくりくるでしょう。ただ、命をかけて愛するような人もいつ出会うかなんてわからない。本当の愛に巡り合わないまま人生も半ばを過ぎたふたりが、やっと巡り会えた生涯の愛に現を抜かしたって良いではないですか。
でもねぇ、後半は切なかった。さっきまで巨大なカボチャを浮き代わりにして川をふわふわ浮いたり、葦の中でどこかの村人が山羊と戦っている様を観て微笑んでいたのに・・そんな幸せも束の間。しつこい軍人の追手からは逃げられない。そして最後は地雷がそこら中に埋まった土地で最愛の彼女は黒い煙になり消えてしまう。二人の隠れ家もキスの最中に崩れながら煙になっていきましたが、煙の描写は美しくも儚くてとても幻想的でした。上手い。逃避行後は前半の騒々しいクストリッツァ調とはかなり異なっていたからか、大きな円を描きながらズームアウトしてゆくラストでは涙が出てくる。。愛する女性を失った男性は神に縋り、彼女の死んだ場所で彼女の愛を何度も反芻しながら彼女を弔う。切ない・・・。鑑賞前「クストリッツァの新作やし♪」と黒ラベルのでかい缶を持ち込んで飲み始めていたのですが、後半は黒ラベルの存在を忘れてハラハラしながら観ていた。これまでのクストリッツァとはだいぶ違った作品のテイスト。でも今のクストリッツァだからこそ撮れた作品ですね。
「自分が監督をして且つ俳優として出るのはしんどいからもうしない」そうですが、これからもオリジナルの映画を撮ってかっこいい音楽を演奏するチャーミングなクストリッツァに私はずっとワクワクさせてもらいます。てかまずは私がセルビアに行かねば!!!
み

みの感想・評価

4.2
これは大好き過ぎる!素晴らしくって、観終わった後は拍手をしてる人もいた(変な人)。豚、鳥、蛇、鶏、馬、どうぶつたくさん。賑やかで映画全体に溢れんばかりの生き物の生命力というか、エネルギーがあった。それと同時に人の愚かさも…。映像美と音楽なんかはほんとに素晴らしくて開始10分で思わず惚れてしまうような魅力があった。アンダーグラウンドを観た人はこれには全然及ばないというレビューを見かけるけどどんだけ凄い映画なんだ?まだ観てないのが悔やまれる。。
何というか好きなところと嫌いなところが入り交じった感じ。突然グロテスクなところと、さらっと良い台詞言ってくる感じは好き。何を見せられているんだろうという感覚は常に残り、変態的とも捉えられそう。
とにかくオープニングが最高すぎて素晴らしくてくらくらして思い出し吐きそうだ、今
花嫁のウェディング帽へんてこなのもかわいかった
わけあってクストリッツア敬遠してたけどだめ、猛省こころから。
砂

砂の感想・評価

4.2
今回はまさにクリストリッツァ映画の集大成と言えるような、凄まじいエネルギーでジェットコースターのように激動する喜悲劇。本人が主演も担い、いつも以上にその落差が激しく悲劇色が強い逃避行ラブロマンス。
蛇以外はCGなしというのがとんでもない。今の時代であろうがおかまいなしの表現もあるが、生き生き動物が作中の重要要素でもある。やっぱすげぇわ。