オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

ジェイ

ジェイの感想・評価

4.4
画面上から悲痛の叫びが聴こえてくるようなニヒリズムを越えていこうとする寓話的物語。悲壮感を背負って踊り狂う村人たちと食肉用に捌かれた豚の血を貯めておくバスタブに浸かるあひる達。苦しい、苦しい、閑話休題、苦しい、苦しい、…と続く展開で、観るのが本当に苦しい作品。刻まれたであろう悲しみに僕が触れることができるのは映画の形をとった間接的なものでしかないのか。

主演がクストリッツァ本人だったとは!CGがCG過ぎたのは面白かった
式部

式部の感想・評価

4.3
私はハマった。すごく面白い。
19歳最初の映画にふさわしい。
ramu

ramuの感想・評価

3.5
個性的なお伽話ムービー。
ユーモラスであって悲劇的で、なんだかクセになります。

後半詰め込みな感じもしましたが、全編通して動物の撮り方が印象的で、羊ドカーンのシーンは本当に撮っていたとしたら驚きです。
鳥に音楽聴かせてる冒頭と
雨漏りをしのいでる中盤がグッと来た。
2017.1.19@早稲田松竹
《ボーダーラインを超えていけ》
や

やの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

衝撃的な映像美

ララランド以来

どう撮影しているのか?

1秒1秒が、アーティスティックで、意味を探ってしまうような映像美

意味はあまりわからない

特に追われてからのシーンあんなにいるのかなぁ?

音楽もよかった

バグダッド・カフェやコダクロームの色合い?
ごめんなさい全くはまりませんでした。
言いたいこと色々あるけど、後半盛り込み過ぎた感ないですか??

音楽とか景色とかは良かったけどね〜
あと、ヘビ嫌いな人(私も含む)にはキツいシーン沢山だったのもこの評価の原因の気が
最後のテントウムシと蛇で、ひょっとして助かる?と思ってたら、バッドエンド。

でも、ラストのタイトルの意味が分かると、主人公はそれなりに自分の救いの道を見つけたのではないかと感じる。

冒頭の時計が暴れるシーンは、ちょっと笑える。
大越

大越の感想・評価

3.8
ホドロフスキーやパラジャーノフよりよっぽど気が狂ってるよ、クストリッツァ。
smmt705

smmt705の感想・評価

-
これ、クストリッツァが脚本監督主演してるからなのか、美人に取り合いされるイケメンキャラという欲望があるのかなぁとか(失礼)、クストリッツァがリアルクストリッツァ過ぎて、物語としてあんまり見れなかった!笑、でも、動物たちのリズミカルな動きは、やっぱり魅力的!