オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

deadcalm

deadcalmの感想・評価

3.5
「アンダーグラウンド」のクストリッツァ新作は完全にカルト映画だった。ひたすらクセが凄い。バカバカしいギャグシーンと予想外にエグい暴力的シーンと雑な CG 処理と宗教的寓意と猥雑なバルカン音楽が、独特の死生観を反映した少々共感が難しいストーリーを彩る。どこまで狙ってるのか読めない。監督兼主演のクストリッツァの演技も、感情表現に乏しくただ大根なんだかそういうキャラ演出なんだかよくわからない。っていうか全員何考えてるんだかよくわからない。
中盤でやたらダラダラしたシーンが続いたかと思えば、突然スイッチが入ったかのように訪れる壮絶な地獄展開。脈絡とか条理を文字通り木っ端微塵に吹っ飛ばす無茶苦茶なラスト。
もうこれ完全にカルト映画の楽しみ方になっている。基本がツッコミ待ち仕様。一方でときどき異様に美しいシーンも出てきて反応に困る。 (ラストカットなどは素直に好きだと言える)
クストリッツァはいわゆるアート・ミニシアター系のカテゴリにいる巨匠のイメージだったけど、ほんと一筋縄ではいかない人でもあったのを思い出させられた。
yokopi

yokopiの感想・評価

4.0
19か20歳でアンダーグラウンドを映画館で観た以来の、エミール・クストリッツァ作品。

オン・ザ・ミルキーロード、すごかったぁ。私は好きだわ。

慌ててWikipedia先生に監督のこと教えてもらったけど、ものすごく頭の良い方なのだろうなぁと。

なんていうか、細部までディテールまですごく気を使ってる感じがするし

あぁもううまく説明できないからやめよ

とにかく、色々考えることのできる作品と思います。余韻がすごいです。

皆さんおっしゃるように、羊が…。あれCGですよね…?
来夢

来夢の感想・評価

5.0
名作「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツァ監督の新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』
戦争の最中の愛の逃亡劇。とか言うと、ベタな恋愛ドラマに聞こえてしまうかもしれないけれど、相変わらずぶっ飛んでる映画です。羊もぶっ飛んでます。ファンタジーのようでリアルなようで、シュールで思わず笑ってしまうけれど、そこは戦争ドラマでもあり、ずっしりもきて、最後のカットは涙腺を刺激する。
人の色々な感情を全部詰め込んだような素晴らしい作品でした。
はる

はるの感想・評価

4.0
愛の寓話でした。

原作は「蛇に抱かれて」
クストリッツァ本人の短編

人も虫も動物も等しく扱われるざっくり言うなら生命賛歌。
命の鼓動をバルカンミュージックが鼓舞し駆け抜けながらも祈りにも似た余韻で締めくくる。

大好き

虫など簡単に殺せてしまう
動物を殺して喰らう
どんな思いでどんな人間だろうと人など一瞬で死んでしまう

その先にある愛の寓話。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
セルビア・アメリカ・イギリス共同作品。監督、脚本、主演はエミール・クストリッツア。不思議な映画でした。戦争中のセルビアで一人の兵士が毎日近くのところで牛乳を取りに行く。そこに二人の女性が居て、二人が彼に恋をしてる。ラジオで休戦になったのを知り、普通に暮らすと思ったら、どこの兵士しかわからないが、その休戦を破り、村を焼き尽くす。主人子の兵士とイタリア・セルビアの女性が生き残り、その二人が追いかけられ、いろんな試練にぶつかる。結末も不思議で、やっぱり観客は半分に分かれて、好きか嫌いになる。自分は結構好きだったが、エンディングはちょっと理解出来なかった
アヒルにたかるハエはCGか。爆ぜる羊はCGか。クマとの口移しはCGか。知らない。クストリッツァは動物が大好きか、もしくは大嫌いなのだろう。

個人的に、真面目な反戦は『アンダーグラウンド』で、不真面目な狂騒は『黒猫・白猫』で十分堪能した。前半はまだしも、逃避行が始まる後半がまったくもって退屈だった。

いちいち金と手間をかけすぎて、主役男優に熟練した役者をキャスティングする余裕がなかったのだろうか。どうして自分で演じることに決めてしまったのだろう。これではチャップリンではなく、むしろギャロではないか。
こじ

こじの感想・評価

4.2
アニメのようなアイデア、画作りを

見事、実写として表現した

素晴らしい映画だった。

CGの部分も多いが

今の時代

実写でここまで表現するのは

途方もない製作側の労力を考えると

見応えがある。

ラスト

物悲しい気分になるのは

まさに大人の寓話といった感じ。
ごめんなさい。これまでのクストリッツァ作品の個人内評価が高すぎたのか、この作品は期待を大きく下回りました。ただ、動物の使い方が素晴らしい。
アンダーグラウンドも、これも、好きじゃなかった。描かれるすべての感情が断続的に思えて。
ぽむ

ぽむの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

巨匠とよばれてる“らしい”

行定勲監督の遠くの空に消えたと作りたいもの方向性が似てるのかな?って思った。