オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

lala

lalaの感想・評価

4.5
ウエディングドレス、アヒル、馬、犬、猫、水中シーン、空飛ぶシーン。今回はハヤブサ、蛇、羊、熊とかも加わった。(あっ監督自身も)笑。クストリッツァの作品はいつもどっかにもってかれる。でもどこにもってかれてるのかはわからない。毎回ファンタジーな世界描かれてるけど不思議と現実見つめ直そうと思ってしまう。すごいとしか言えない。
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

舞台はヨーロッパの架空国家。隣国と戦争中の国境沿いで、主人公は戦地にミルクを宅配する仕事を担っていた。ある日、戦地に出ている村の英雄の花嫁として謎の美女がやって来る。主人公はひと目で恋に落ちてしまい…という話。

鬼才として知られる監督の作品だが、この監督の作品は初見。どんな監督だろう?と思っていたら本作の主演の人がその監督だった。

戦争の話なのにどこかシュールでユーモアに溢れている作品。大きな時計に不具合が起きるシーンや音楽や踊りの場面は楽しげで、主人公がロバで戦場を駆け抜けるシーンもコミカルである。そして、何と言ってもほとんどCGを使わずに撮ったという多彩な動物を使った演出はバリエーション豊かで細やかな表現が満載で、これだけでも充分観る価値のある映画だった。花嫁役の女優さんは007のスペクターにも出ていた人だと分かったが、他の役者さんは全然知らない人たちだった。休戦後の中盤からは打って変わって重苦しい雰囲気に。たくさん人が犠牲になるし、逃避行の場面は危機感が半端なかった。そして、衝撃の結末には唖然としてしまった。
羊とか、ホントに死んでないよね…?
豚の血の風呂に入るアヒルから始まるこの映画、クストリッツァらしいなぁと思いながら鑑賞しました

銃を撃ちながら大騒ぎ、あれ?これアンダーグラウンドのマルコじゃん!

戦争をテーマに添えてるのに、何故か音楽とかハッピーで、全体的に見るとダークなトーンでやっぱりクストリッツァ作品好きです

愛の逃避行がメインっぽく銘打ってるのに逃避行シーンがだらだら長い…笑
クストリッツァ監督ってこんな方だったのね、もっとおじいちゃんかと思ってた。

地雷羊

このレビューはネタバレを含みます

動物がたくさん出てくるけど、豚がイヤイヤ連れていかれて殺されるシーン(姿は見えないけど、血飛沫があがる)とか、地雷で羊が吹き飛ぶシーンとかあるので人を選ぶかも。

動物、歯車、ダンスシーンなど予告やフライヤーの雰囲気に惹かれて見ると思った以上にグロい&シビアなので注意。
炒飯

炒飯の感想・評価

3.5
今日は疲れたのでデリバリーの中華を頼みました。
最低金額が決まってて、ほいで無料で餃子を頼めるチケットを使ったら、なんだか一人でビュッフェを開く結果とあいなりました。
メインディッシュはもちろん
炒飯です。

どんちゃかどんちゃか

アンダーグラウンドの監督とわかっていたので、腰を据えて、しっかり見るつもりで見たのに、想像以上にエネルギッシュで、視覚聴覚感覚を全て使い切りました笑

最初はなんだ、このおじさん(監督本人)が主人公のホッコリ話と思いきや
ガンガンにランボーするおじさんを中心に戦争中の話なんだと現実には戻される

戦争を斜めから見て皮肉るような描写やリアルなシーンが多いのに、最後まで胃もたれせずに見れたのは要所要所の自然の美しさや、水辺の爽やかさが繋ぎとしてあったからかしら

正直ドリフのシーンとか、みずから網に捕まるシーンとか、ラストのCGとか、ちょっと理解に苦しむ描写もあったけど、なんだか勢いでやっちゃった!
パワー!!!!

って言われたら許しちゃう笑

水と自然の最強合体コケも終盤たくさん出て来て、幸せを感じていたのに。。
なんだよ、あの、スーパーサイクロンちゅうは笑

終盤がなんだかついていけなくなり、スコア、下がりました苦笑

出てくる女性がモニカベルリッチを始め、とにかく妖艶で、エロスを放ってました。

ちくしょう、寡黙はモテる要素なのか。







無理ー!黙るの無理ー!

どんちゃん騒ぎにドカンドカン騒ぎ
最後に残ったのは、
棘を全部削ぎ落としたピュアでした。

※動物好きは見ちゃダメよー🐑💣
動物がたくさん出てくるからこそ、ありゃダメだ!!
クストリッツァは監督も音楽も演技もできてすごい

意味わからないの具現。ここまでの意味のわからなさをこのクオリティで作れるのは本当にすごいし、それでも最後まで見れちゃう魅力がある作品。よくわからないけど笑えて泣ける。
どんな思考回路してんだろ

昨日見た映画4
なんか、映画を死ぬほど見たくなるテンションってあるけど、それ
Mouki

Moukiの感想・評価

-
記録

面白かったけど、
主役が監督じゃないほうが もっと感情移入出来たかな(^_^;)
ほのぼのとした空間の中に母国の内戦を風刺する描写が本当に素晴らしい。演出がとっても毎回勉強になる。おなじみの動物達を使った演出も粋だった。ヒツジが軽快に吹っ飛ぶシーンはかなり好きだった。
ユーゴスラビアの鬼才エミールクストリッツア
彼の作品は初めて鑑賞しました。

絵図で表現すると、こんな映画でした……

🐦🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑
🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑👨💖👩🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔫🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🐑🔥🐑🐑🐑🐑🐍

本当に、こんな映画だったのです……
羊が1匹、羊が2匹と数えたくなりましたが
決して眠くなるような映画ではなかった。

でもコレは私にはレベルが高すぎました……
弾丸のように素早くも毒蛇のようにも忍び寄る
静と動を備えた愛と狂気が見え隠れしており、
それでいて芸術的アプローチが凄まじくて
私には理解できなかったのが悔しいです😢

オンギャー!ミルク飲むどー👶オンザーミルクノムドー👶オンザミルクノムド👶オンザミルクロムド👶オンザミルクロード👶オンザミルキーロード👶…とか書くのが恥ずかしくなるくらい
私には難解で敷居が高い作品でした。

ひ……羊さんが可哀想です🐑(´;ω;`)