オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 38ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

okimee

okimeeの感想・評価

4.5
パンフレットの販売がなかったよー!
だれか解説してほしいよー!!

なんといっても動物たち・音楽・風景でしょうか。
ほんと、素晴らしい寓話であるな。

冒頭で、豚の血を浴びるアヒルの行動が「?」だったけど、そのあとのシーンですぐにわかる。

元体操選手の陽気な美女に、鏡に向かって延々と飛び跳ねるニワトリ、噛み付く大きな時計。
隼手懐けたい〜!
みーんな好きなのよ、監督が。
「誰が彼女を思い出すんだ。愛の記憶を絶やすな」

誰かに追われる展開になったときのために、やせて運動しないとな。。
美しさと悲しみが分かちがたく結ばれている。音楽も映像もずっと楽しくて、結末が悲しいからといってその物語が悲しいものだと言い切るのもおかしな話だよなというようなことを考える。騒がしさやバカっぷりが悲劇を茶化していずちゃんと進行に寄与しているのがすごい。いいもの見た
ずっとこの映画のことを考えてる。on the milky road・・・ミルキーロード(=永遠)の上で。愛の記憶を絶やすな、愛へ続く道を進め・・・・クストリッツァの贈り物だ
Taul

Taulの感想・評価

3.0
『オン・ザ・ミルキー・ロード』
ミルク運び屋の恋と戦争の寓話。動物たちの溢れる生命力がコミカルで、内戦の悲惨さも織り込んだドタバタ劇。クストリッツアの自作自演で、若くなかったチャップリンを思い出す。粗も多いし逃走がしつこいが、そんなこと超えていくような終盤爆発する訴えが凄い。
いい評価が多いなか
わたしには難しすぎた…

血に染まったアヒル
◯◯に吹っ飛ばされるヒツジ
グロ過ぎて何の祭りや〜〜と思った(笑)(笑)(笑)

いろんなメッセージを受け取れたけどな〜

日本に生まれ育って 自由に恋愛できて 自分が結婚相手を決めれる(中にはそうじゃない方もいるも思うけど)
女子会と称して結婚しても飲みに出れる環境で本当によかったと感じた。

日々、命が危険にさらされることもなく過ごしてるけど、いつ死んでもいいぐらいに選択、決断していこうと強く思ったわ〜
denkikanにて。

最初から約100分くらいまでは あ、ハズレ映画引いた…と思いながら見てたけど、終盤のある展開でやっとこの映画の伝えたかったコトが分かり一気に引き込まれた(多分この解釈だけでは足りてない)。

そう考えながら思い返すとオープニングのシーンから心にズバズバくる一本だったと思える作品。
KKMX

KKMXの感想・評価

4.2
喜びや怒り、愛の尊さ、内戦の虚しさや大国の介入のクソさ加減、悲しみに嘆き、人間の愚かさやくだらなさ、ユーモアやバカにするようなギャグ、人知を超えた大いなる力などのいろんな具が、濃厚で猥雑なバルカン音楽の出汁とともにグツグツと煮込まれた、旨味Maxの寄せ鍋のような映画でした。とにかく、過剰です。
生命のエネルギーがほとばしり、整合性などクソくらえって感じで、スウィングしながら突っ走るノリに、今まで気づかなかった心のツボを突かれた気分です。いやースゴかった。

正直、ストーリーは漠然としか覚えておりません。でも、「いいんだよ、細けぇことは!」的なパワーを感じて、チマチマと考えるのを止めて感じながら観た結果、よくわかんないけどメチャクチャ良かったという結論に達しました。

全編通して複雑な空気感だなぁという印象もあります。単色ではなく、様々で相反する感情を感じさせようとしているように思えます。
「その複雑さが人間なんじゃないの」とまるでクストリッツァ監督は映画で語っているような。凄惨なシーンですら、悲劇でござい、と描写していないように思ってしまった。人間の複雑さを肯定するような、懐の深さを感じました。
ただ、ラストのシーンだけは、悲しみと祈りのトーンで彩られており、印象的でした。

そして、何よりもモニカ・ベルッチが妖艶すぎて最高です!007の時はいかにも、って感じでしたが、本作ではより自然な官能美を感じました。
魅惑的な眼差しと長く豊かな黒髪がとにかく扇情的で、ほうれい線や手のシワまでもがセクシー。仕草や声も艶っぽく、衝撃的でした。美しい人は年齢関係ない、というかそれぞれの年代の美しさがあるのだな、としみじみ思いました。イタリアの宝石という異名は伊達ではないです。
Garu

Garuの感想・評価

3.9
羨ましいくらいの監督特有の世界観。

ファンタジーのような人々や動物たち。
動物たちが不思議と素敵に見える。一体どうやって撮ってるんだろうか。ハヤブサやロバを仲間にしたい…

そこに反して恐ろしいシーンや悲劇的なストーリーを演出する。
訳が分からなくなりそうなところを世界観で大きくカバーするセンス。
まさにエミール・クストリッツァ劇場。

パーティーのシーンが最高。
不穏な空気も残しつつ、架空の国?なのか自由の喜びがより自由に見える。あんなシーンを撮ってみたい。

直線的な意見はなく、難しく考えずに観る人それぞれが戦争や愛を感じる話だと思った。

個人的に監督の作品はそれほど好みでもないのだが、表現のしかたがマネできない素晴らしいものを作るセンスはやはり素晴らしい。

このレビューはネタバレを含みます

マジック・リアリズム、その先にある現実への祈り。

屠殺されたブタの生き血で水浴びする
ガチョウの群れにハエがたかる。
鏡の前でゼンマイ仕掛けのように飛び跳ね続ける
メンドリがポコポコと卵を産む。
ハヤブサとロバとクマは主人公である監督と友達。
のどかな日常で争っているのは人間だけの
無垢さと愚かさが混然となった
いつものクストリッツァ監督の独創的映画世界。

そこはまたもや花嫁をかっさらう話で持ち切りだ。
銃は祝砲となり、邪悪な権力者を笑うバルカンサウンドが
ようやく休戦を迎えた村をにぎやかにする。
両手に花嫁な監督による、体を張ったスラップスティックな
笑いのシーンも私たちを和ませる。
共に喪った者同士である監督と花嫁が
惹かれあい、寄り添う場面から滲む
人の持つ温かみ。

現実と虚構のはざまで、私たちはいつものように
動物たちと戯れ遊ぶ破天荒な登場人物たちの
ユーモラスな祝祭に加わろうとした瞬間。
大時計は二人の花嫁の手に噛みついて
その時間を停止させてしまう。
現実がじわじわと侵食してきたのだ。

ギリシア神話の悲恋物語のように
焼かれた村から監督と花嫁は逃げ出し
野原と山河をいっさんに駆けていく。
追う兵士の姿は黒子にもISにも見てとれる。
スコープで狙い、祝祭に火を放ち、山の上から監視し
楽園を目指そうとする者達を追い詰める。
無垢な動物さえも殺すのが戦争だ。

これはなんだろう、どうしたことだろう。
いつもの陽気で野蛮で、
ロマンチックなバカ騒ぎはどうなった?
言葉を失う悲痛な場面が続いていく。

今となっては唯一愛だけが意味のあるものだと
必死に逃げる二人を
ヘビとハヤブサとヒツジは何とか助けようとするも
この物語は悲恋の結末を迎えてしまう。

虚構は、現実に敗北してしまうのか。
どうにもならない悲惨な世界の現状が
映画におけるバカ騒ぎさえも影響を及ぼし
やがて焼き尽くしてしまうのか。

生命力に漲った昨日までの祝祭が今日には灰と化す時
荒唐無稽の裏にあったグロテスクな現実に
私たちは深く打ちのめされてしまう。
毎度登場する河に漂う花嫁衣装が
祭りの後に流れ着くのは、果たして目指した楽園なのか?

ヒツジ飼いの老人が、嘆き悲しむ監督を諭す。

「お前が死んだら誰が彼女を思い出すんだ。
愛の記憶を絶やすな」

涙がこぼれた。
唯一愛だけが意味のあるものであり
祝祭が終わっても愛へ続く道を人は進む。
地雷原に石を積み、彼女の記憶と夢見た楽園に泣く監督。

生き延びよう、伝えよう。
監督の祈りがしみじみと伝わった。

現実がそれを嗤い、消そうと企だてても
純真なるものが絶えず続きますように。
昔ばなしの救いのない結末にむかついた子供が
ある日寓話の真意に気づいて涙を流すとき。
陽気な音楽の底に流れる悲痛な叫びを知ったとき。
生きることのネガとポジを受け入れられたとき。
私たちは昨日よりも強く生きていける。
桃

桃の感想・評価

3.5
前半はとっても楽しい雰囲気。パーティーみたいなシーンはとにかく楽しい!!って感じだった。後半たたみかけて重苦しくなっていく。一緒に見た人がカオスと言っていたけど、たしかにそんな感じだった。
グロいが苦手な身としては、思わず目をつぶるシーンがいくつかあった。
動物が出てくるシーンたちはどうやって撮影してるんだろう。