オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 38ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
男の願望を載せ、ロマンティシズムに突っ走ったその果ては…。ローカル色放つ自然の景観と人間、そこにてんこ盛りの動物たちも加勢。ブラックユーモアを嚙ました強烈な画、物語から溢れ出す音楽…クストリッツァ節は全開。

ただし、意図するところ有りなのは分からない訳でもないが、M.ベルッチを持ってきたなら、主役は申し訳ない…絵的に監督本人じゃない、もう一寸若いイケメンを所望。
Kenzie

Kenzieの感想・評価

3.8
動物がいっぱいでてきたり、牧歌的だったり、お祭り騒ぎで銃撃ち放したり、まさにクストリッツァ節は今なお健在!といわんばかりの作品だった。ただ、ストーリーの掴みのインパクトもなければ中盤もだらけていてなんだか退屈だった。CGも雑だし。期待が高かっただけに残念。
ただ、ラストシーンは非常に美しくて感動した。あのラストシーンがあったから観た甲斐があったと思えた。クストリッツァの作品はどれもラストシーンが夢幻的で天国にいる気持ちにさせてくれるんだな。

このレビューはネタバレを含みます

もっとハッピーな内容かと思っていたら銃弾飛び交う戦時中の話でした。
特にコスタとモニカベルッチ演じる美女がやっと二人きりになれたと思ったら幸せはほんの一瞬で、後はやたらしつこい黒兵士たちに追われる逃避行の日々。
ラストのヤギたちが次々と爆発死していく所は正直観てて辛く哀しくなってしまいました。
うーんやっぱり話の展開にあんまり納得できなかったなあ。
noriko

norikoの感想・評価

3.0
記号化されたクストリッツァの特徴が色濃く出ている作品であるものの、全体として凡庸な印象が否めないです。
騒々しい程に狂乱する動物たち、そして酔狂な音楽に身を委ねる人間たち。
あの結婚式前夜の狂騒劇がこの映画の最大のハイライト。
特に愛しのマノイロヴィッチさまが、相変わらずの胡散臭いお姿で登場してくださったのですから私の興奮も最高潮に。

そして悲しいかな興奮は長く続きませんでした。
何せ二人の逃避行に緊迫感がない。
ならば一層「黒猫白猫」のようにファース色を強めれば良かったのに。
緊迫とファースの間を中途半端に行ったり来たり。
そこに摩訶不思議なリズム感があればいいのですが、残念なことに出来損ないのジェットコースター状態。

話も展開も凡庸で中だるみが凄まじい。
そうなれば自然と役者に集中せざるを得ない。
そう、ここが最大のネック。
なにせ役者クストリッツァに魅力がない。
そしてクストリッツァ劇場では、モニカは輝かない。

彼の独特の映画にはやっぱり灰汁の強い役者のほうが栄え、いわゆる「スター」との相性は良くないです。
本作も「スター」モニカを持ち上げていますが、彼女よりも前半に登場した無名のミキ様の妹役のほうがはるかに魅力的に映っていました。
そう、こういう女性のほうが合う。

クストリッツァとモニカではなく、この妹役の女性とミキ・マノイロヴィッチさまの絵のほうが、はるかに”らしい”映画になっていました。
もうこのままでは、クストリッツァはモニカにキスしたかったんだ!としか思えないですもん。
ただただ残念。

またメタファーがたくさん散りばめられていますが、どれもこれも記号化され過ぎており、一気に安っぽい作風になってしまったのが残念。
暗喩を使うのならば、せめて安っぽいCGはやめて。
安っぽいCGを多用したいなら、ファース色全開の映画にして。

総じてマノイロヴィッチさまの扱いが雑!
そして登場時間短い!

ただ相変わらず音楽”だけ”は最高です。
takandro

takandroの感想・評価

4.2
クストリッツァの最新作見れるだけで幸せ…もう音楽たまらない。歌い踊り銃乱射してるとこなんて、もうキチガイ。最高ですよ。
モニカベルッチのおばさんなのに色気ムンムンで。この前クロアチアとか行ったし、ボスニアヘルツェゴビナもちょっと寄ったからなお良し。
寓意と幻想に満ち満ちた愛の逃避行。全編通して音楽が良い仕事してた。わざとらしい描き方は決してしないのに、後半はワンシーンごとにものすごく心打たれた。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.0
東宝シネマズシャンテにて。以前セルビア奥地の映画村まで行ってしまったほど好きなエミール・クストリッツァの待望の新作を公開初日に鑑賞。故郷ユーゴの内戦をモチーフとし、動物たちにいつも以上に雄弁に状況を語らせるという彼らしい、いや彼しか作れない空気感。しかしここ最近続いていた能天気なノリとも一線を画し、ロマンスに民族の行く末を絡めた「アンダーグラウンド」の頃のような壮絶な現代の叙事詩に仕上がっている。前半若干退屈気味だったが逃避行が始まってからの濃密さに圧倒され続け、そしてラストのあの画が本当に忘れ難い...監督、素敵な新作をありがとう。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

4.2
お前はTakeshi Kitanoか!と思わずツッコミたくなる、流石のエミールクストリッツァの自作自演劇場。

でも、これが素晴らしい。基本的には戦場における愛の逃避行劇なのだが、その演出と映像が素晴らしい。

様々な動物の使い方、演出の仕方が特に素晴らしくあれ程実写で表現できるのは賞賛に値する。後半に羊の群れが出てくるのだが、あれは完全に人間のメタファーだろし、ハヤブサ、特にその視線は自由を求める主人公のメタファーに感じる。

戦争の悲惨さを伝えるのが、クストリッツァのメインメッセージだったと思うのだが、それをユニークにそしてシニカルに表現する様は流石の一言! そして鳴り響くバルカン音楽。。。
もっとバルカン音楽ぶち込んでくれた方が満足出来た、、、CGをけっこう要所で使っていて綺麗ではあったが…
いずれにせよ楽しい
エミール・クストリッツァ監督、実に9年ぶりとなる長編最新作!
しかも今回は監督兼主演ということで、俳優業は多分「セブンデイズインハバナ」以来5年ぶりとかになるのかな?

ヒロインは御年52歳にして今や美熟女の頂点に君臨する"イタリアの宝石"モニカ・ベルッチ。
この熟年男女による愛の逃避行がスラップスティックに繰り広げられます。

ソ連解体後に独立と紛争の激しい交戦が続く、東欧のとある国。
日々の糧であるミルクを毎日運び、小さな村で倹しく生きる男。
村に嫁いできたものの、過去のいざこざで多国籍軍から追われるはめになり、ミルク運びの男と共に逃走する美しき花嫁。
虚実幻想を交えてクストリッツァが作り上げる狂騒の世界。

本作には蛇が度々登場しますが、蛇といえばアダムとイヴを誘惑して楽園追放へ追い込み、艱難辛苦に満ちたこの世界へと我々を導いた張本人(蛇)。
しかしそんな争いの絶えない失楽園の地で、蛇は偶然にも男からミルクの施しを受けます。
その恩返しによってこの男女は現代のアダムとイヴよろしく狂乱の現実から逃れ、二人にとっての愛の楽園を目指して邁進することに。

一方でハヤブサは自由を求める男のメタファとなり、愛の理想郷・楽園への道程を見守ります。

動物たちの生命力、戦争の凄惨さ、陽気なバルカン音楽が本編を覆う中、最後に用意された二人の運命とは…。

ミルキーロード。
それは人間があらゆる苦難を乗り越える為に課せられた神への道であり、純然たる愛の道であり、
また我々が歩み続けねばならぬ人生そのものの「道」を表しているのかも知れません。