オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

森下

森下の感想・評価

3.7
クストリッツァの中では評価は低い方かな。
演者達が老けてるし、CGがあからさま過ぎるし、羊はぐちゃぐちゃに殺すし、なんだかなあ。
壊れた時計、羊飼いのおやじ、地雷原に敷き詰められた石
mu

muの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ノアを彷彿とさせる主人公と結婚式を迫る家族の狂気。
愛する人のいる場所が、乳の河の流れる地。約束の地。理想郷。

どちらが狂っているだろう?
時計は人を殺しもできる。
傘を差してロバに乗る姿はエルトポのオマ-ジュ?
どちらも狂っているのだろう。
殺戮の炎は神の炎のように描かれ、シシュポスは不条理こそが世の常と、誓いのように身を捧ぐ。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.4
もうこれは笑いのセンスが肌に合うか合わないか。これに尽きると思う。戦争のバカバカしさを描く描き方はたくさんあると思うけど、地雷を踏んだ羊たちが次々と血と肉塊になっていく場面とか、銃弾の雨が降り注ぐ中ふつうに傘をさして歩く場面とか、男と女がキスした瞬間に家が壊れるとか、気合の入った場面は多いけどいまいち乗り切れない自分がいて。モニカよりもう一人のヒロインの方が好きだったせいもあるかも。とりあえず動物さんがたくさん出てきて、ハヤブサ(ワシだっけ?)に牛に羊に蛇に等等等。クストリッツァ映画初だけどもしかして動物が毎回こんなわんさか出てくる作風なのかな。匂いが漂ってきそうでまるで動物園。
QvQ

QvQの感想・評価

3.7
クストリッツァ映画は好き。音楽もいいし、いっぱい出てくる動物がいつも性格や意思を持ってて生き生きしてるし、戦争が常に付いて回ってるのも監督の経験値からすれば重きが置かれるのもそうだろうと思う。クストリッツァ監督は生きること死ぬこと、そして一番大事なのは愛、それに尽きるということを常に語ろうとしているんだろうと私は思っている。

けど、何だろう?何故かこの作品は大きく気持ちが動かなかった。私は「ライフイズミラクル」の方が好きなんだよなあ…。もっと言えば「ウエディングベルを鳴らせ」もこれより上。
自分の中で新鮮さがなくなってきちゃったってだけなんだろうか?それともクストリッツァ監督のもっと違った視点の映画が観たかったってことなんだろうか?

世界は動いていて、もちろん不変のものも語り継がなきゃいけないこともたくさんあるとは思うんだけど、好きなクリエイターには常に今を感じつつ、それが投影された映画を観せて欲しいとか思うのはこの作品観た感想としては当たってないのだろうか?

作品として単体だったらもうちょっと評価あげていいのかなっていう気もします。グッとくるセリフも何個かあったし。

「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツア監督の新作。
やはり名匠でした。
これはおススメです。

隣国との戦争真っ最中のある村での話。
コスタは、ミレナという女性の家で搾られるミルクを配達する仕事をしている。
実は、ミレナはコスタに惚れていて、彼と結婚することを密かに望んでいたが、コスタにはその気がない。
そして、ミレナの家へある訳ありのイタリア人女性(役名無し)がやって来ることになり、コスタは大騒動に巻き込まれることになる。

やはりストーリー展開は、「アンダーグラウンド」に通じますね。
隣国との戦争という状況下で牛乳配達をするコスタの様子が、飄々と描かれています。
また、村人たちのパーティーの様子は、アングラのそれですよ。殆どもう...

さらにコスタとイタリア人女性が命を狙われ、特殊部隊から逃げ回るという後半の展開も加わって、最後まで目が離せなくなります。

そして、この作品で特筆すべきは、出演している動物たちです。
動物たちの演技(?)がとにかく凄いんです。

よく訓練されたハヤブサ🦅やクマ🐻、演技達者なロバ、鏡の前のニワトリ🐓、兵士の気をそらすために飛ぶ蝶🦋、そして蛇までも🐍..
そして、クライマックスでは、羊がマトンになっちゃうの🐑?

ちょっと待ってください!
‘No animals were harmed in the making of this film.’ですよね...と確認したくなるほど、動物たちが活躍しています。
本当に素晴らしい!

DVDで初視聴でしたが、これは劇場で観るべき作品だったと思います。
エミール・クストリッツァ監督作品を観るのは「ライフ・イズ・ミラクル」に続いて2作目。今回は3つの史実を題材にした架空の物語なのだそうで、ファンタジー色が強めで、ストーリーも演出も、より自由な感じがする。

登場する人間と動物の数が同じぐらい?という独特の世界観や、戦争の対比として鮮烈に描かれる動物達の生命観、戦時下でありながら音楽と宴を忘れない人間の本能、、、、現実的な社会規範に縛られないクストリッツァの表現が「ライフ・イズ・ミラクル」以上に冴え渡っている。

ただ、主役として出演しているクストリッツァの俳優としての力量には疑問を感じた。戦争で心神喪失という事なのだろうか、それにしても表情が一辺倒で終始猫背。彼を囲む2人の女優が快活で魅力的な事もあって、なんだかもどかしく感じた。もうひとつ気になったのが、動物の死や鮮血を象徴的に描く手法のあざとさ。プリミティブでしょ、独創的でしょ、というアピールが聞こえて来そうだ。結局のところ、クストリッツァとクストリッツァを愛する人達が作った、クストリッツァを愛する人達の為の映画という印象が強い。
あきら

あきらの感想・評価

5.0
まるで童話を読んでいるかのようなとても贅沢な時間だったなぁ…
高橋久美子のエッセイに書かれてたクロアチア旅行の話を読んでまたクストリッツァ見たくなった。
ラストの石の配置はアンダーグラウンドで最後に切り離される島=ユーゴスラビアを想起させる。
ラストの重さに引っ張られてしまうけど、冒頭の時計騒動や結婚式でのケンカ&ダンスはとても笑った。
しお

しおの感想・評価

2.7
うーん、まずコスタのおじいちゃん感が凄くて、なぜ二人の美人に好かれたのかがよく分からん。
とりあえず動物達の演技が凄いと思った。
と同時に、動物好きは見てて辛くなると思う。
まあ戦争が土台にある映画だから仕方ないけど…。
shogoki

shogokiの感想・評価

4.0
コメディとラブストーリー、そして戦争が絶妙に溶け合った独特な世界観。
あと壮大な景色がとても良かった。