オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

ネムル

ネムルの感想・評価

3.5
まあそこそこに面白いのだが、羊地雷源爆破がなんだかコメディチックに撮られているのは合点とこない。

にしてもアンダーグラウンドの、「だが許そう」というオチに比べても、すっかりペシミスティックにか祈りの映画に針が触れてしまって、とてもしんみりした気持ちになった。こんなん撮ってしまって、クストリッツァの次作とかあるだろうか。
もう

もうの感想・評価

4.3
久しぶりのクストリッツァ監督作品。

期待を裏切らないエネルギッシュな作品でした。
いつもの音楽、いつものダンス、毎度出てくるエキセントリックな女性。

観る前はモニカベルッチどうなん?
と、やや不安でしたが素敵でした。

水に潜ったり、クストリッツァをおんぶして走ったり、地面を転げ回ったりと体当たりで感心しました。

もう50歳を過ぎているのに何てパワフルなんだ!それに相変わらずの美貌で、好きになりました。

イタリアの宝石モニカベルッチって、監督さん方に人気あるんですね。

新ツインピークスでもデヴィッドリンチの夢の中に出てきていたし…

そして、なんと言ってもお馴染みの動物たちの共演が楽しめました。

音楽のリズムに合わせて肩を動かすハヤブサの可愛いことといったら!

クストリッツァとミルクを乗っけて疾走するロバも最高です。

前半が戦場のファンタジー、後半は過酷な逃亡劇、そしてラストへ…

いつもの楽天的なクストリッツァ作品とはちょっと違う感動を受けました。
えーこ

えーこの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

クストリッツァ9年ぶりの新作!!
戦時中のとある国。
3つの実話に基づき、多くの寓話を織り込んだ物語。

ハヤブサがピュ~、
ガチョウがガーガー、
ブタ、犬、ロバ、鶏…、
相変わらず、動物たちがやかましい(笑)
音楽に合わせ、肩を揺らすハヤブサ、
鏡の自分の姿を見て、威嚇?する鶏、
可愛すぎる~♡

♪ズンチャズンチャ…
いつものリズムが流れれば、
自然と心が踊り出す。
飲めや歌えや宴もたけなわ~
クストリッツァの真骨頂!!

変わり者のミルク売り、
主役をクストリッツァ自らが演じるのは初!?
白馬の王子様ならぬロバの王子様は
なぜかモテモテ。
恋のお相手はモニカ・ベルッチて、、
抱き合ったり、キスしたり、
これは職権乱用でしょ(笑)
いい歳して、こりゃロバもハヤブサも呆れるわな~
舞空術!水とんの術!なんでもごされ~
奇想天外☆二人の愛の逃避行。

ミルキーロード、これが私の生きる道!?
人を喰らう大時計は長い歴史における戦争のメタファー??
いつの世も争いは絶えず、善良な市民が巻き込まれて、傷を負う。
"花嫁"は犠牲となった者たちの象徴?
ラスト、ひとつひとつ並べられた石は墓石のようでもあり、
戦争で命を落とした者たちへのレクイエム??
あぁ〜、動物たちが可愛い♡
羊さんの件はヒドすぎるけど…

『アンダーグラウンド』でも思ったが、水辺や水中のシーンが美しい

音楽もいい
酒場でのどんちゃん騒ぎが楽しそう
saolieee

saolieeeの感想・評価

2.7

いつもより大勢多種の動物たちが
出演されてました。

が、
メルヘン路線とは行かず。
巻き付いてしまうのは、あかん。

すぐそこにある紛争。
雨を凌ぐかのごとく
傘を差し、ロバに乗って
くぐり抜ける主人公。
というより、監督ご本人。
今回もあいも変わらずの
バタバタ珍道中。

今作は、
『戦争と動物』のように
私の中では解釈されました。

二度の鑑賞とも
途中、寝てしまった。
Who

Whoの感想・評価

3.7
毎度毎度この監督は動物の使い方が上手すぎる!それも、かなりの数でかなりの種類の動物を人間みたいに使っちゃうもんね!
いつも通りのドタバタ劇でお伽話のような映画だけど、これはけっこう悲しいお話ですな!
その悲しさもなんだかお伽話みたいな終わり方でした!
しかし、この監督は若い頃のアンソニーホプキンスに似てるよな!ハーモニーベイの夜明けの時に似てる!
世界三大映画祭を制した監督の一人クストリッツァが2016年に発表した、9年ぶりの待望の待望の新作だったそうな。

初めて観たよークストリッツァ。突き抜けてんなー!「えー!」とか「わー!」とか声が出てしまった。

動物の皆さん、ハヤブサのリュビツァさん、ロバのトミーさん、黒いわんこさん、ガチョウの皆さんに、羊さんたち、そして御蛇様。CGは御蛇様の一部シーンのみらしい。一体どういう演技指導なのか。だってあの熊さんもやで!ムツゴロウなんですか。旧ユーゴのムツゴロウ的なことなんですか。

肩にハヤブサを乗せて、ロバに乗ってミルクを運ぶコスタが監督ご自身。JKにかかれば「かわいいー!」とか言われてそうな風貌。村のマドンナのミレナ嬢はエネルギー溢れてて魅力的。時計と戦うお母さんを助けててめっちゃえらい。麗しのモニカ・ベルッチの妖艶さは今作でも変わらずまぶしい。

クストリッツァの楽器の音色はいいなあ。踊りたくもなる。異国の知らない楽器がたくさんあった。

生も死も、幸せも不幸も、夢も希望も絶望も、全部混ざって愛のかたまりとなり大爆発してた。これはコメディなんやなあ。

見終わってのこの気持ちは多幸感でいいんかな。なんで多幸感???でもやっぱり多幸感。

「私の美しさもあなたのやさしさも、人の悪意をひきだすだけ」
 センス・オブ・ワンダーでしょ。
 観客の期待をいい意味で裏切る、逆ブランド主義というか、そういう才能だ。
 スタジオ・ジブリなどはブランドの安心感が観客動員に繋がるのだが、この監督は違う。違うように作っている。
 映像には表現の限界があるので小説を書いた、というように現実を超えるどころか、表現の枠も超えてしまっている。
 自分の意図にあった表現方法を直観で選ぶ感性の監督なのだ。
 そいういう意味では北野武監督にも似ているが、さらに先を行っている。
 ともかく、物語の展開をはじめ予想がつかない。
 ユニークだから、面白い。
 他にはない才能だ。
 ハリウッドには、プロディーサーの要求どおりに映画が撮れるマーベル・ユニバースの監督など「職人監督」は大勢いる。だが、この監督のような作劇と表現方法を取る人物はいない。
 だから、突っ込みどころ満載の、この展開は逆に面白かった。
sakomaru

sakomaruの感想・評価

3.6
シュール
展開がよめず、幸せで残酷な絵本をみているようでした。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
エミール・クストリッツァが製作・監督・脚本・主演を務めて製作された2016のセルビア映画

鬼才エミール・クストリッツァ監督の9年振りの作品。「アンダーグラウンド」は個人的にオールタイムベストな作品なので、クストリッツァ監督へのリスペクトは計り知れない。世界三大映画祭で愛される監督の作品だから楽しみなのは当たり前。しかも、他の監督の作品に俳優で出演したりはしてたけど、自分の作品に主演するのは初めてだからどうなるか興味津々だ

戦時中にロバに乗って戦地へミルクを運ぶ男性と他人の花嫁とのロマンス、逃避行を描いた作品なんだけど、そこほ鬼才クストリッツァ作品だから、言葉で説明するのは難しいストーリー展開だ。いつも通り動物がたくさん登場するメルヘンチックな感じは監督作品らしい。ロバやハヤブサ、アヒル、鶏、ヘビ、熊などと絡むシーンがあるが、このご時世にCGを使ってないというからクストリッツァ監督のこだわりを感じる

主人公コスタが世話になってるうちの花嫁を演じるのがイタリアの至宝モニカ・ベルッチ。いやいや50代で花嫁役って無理があるだろ…と思いきや色気あるし美しいままなんだよなあ。この人は宇宙人なんじゃないかな。全く歳を感じない。クストリッツァ監督が60代だからキャストの平均年齢がやたら高齢。でも10代のキャストでまとめた日本のつまらない恋愛映画とかよりはるかにいいなあ。人はある程度歳をとらないと味が出ないね

クストリッツァ監督作品では定番のジプシー音楽も大好きだ。ジプシー・ブラスの陽気なリズムは作品に華を添えてるし、シリアスなシーンすら面白く思えてくる効果がある。もちろん陽気な客ばかりではないが、自らがミュージシャンとして世界ツアーをしている監督だからこそ、音楽へのこだわりは強いはず。クストリッツァ作品は音楽と一体化した世界観がたまらないのだ

メルヘンチックでロマンチックでシュールな世界観。時にコメディ、時にシリアス。破綻しそうな展開。見る人によっては破綻していると言っていい物語。これこれクストリッツァ節。彼の作品は寓話という言葉が1番よく当てはまる。でも小説や絵本では表現しきれないから映画で寓話を語る。多くの人に響かないかもしれないけど、戦争を憎み、音楽と動物、人を愛するエミール・クストリッツァ監督の作品はこれからもずっと好きなことは間違いない