オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

何この世界観?!って思った。最初は独特な音楽が苦手だったけどだんだん癖になる。それにしても動物かかわいそうだけどかわいいな。狂った男と超美女の逃飛行。この退廃的な世界観と少しファンタジックで芸術的な映像が魅力的でいつまでも浸っていたい。あと、所々入る暗くエネルギッシュな歌が格好いい。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.6
天才的"奇人" そして最高の映画監督の1人
エミール・クストリッツァ 待ちに待った新作は 自らがっつり主演まで熟す気合いの入れよう…
自身のルーツと過去の名作を彷彿とさせるような 全編に響き渡るジプシーブラスを聴いてるだけでも 高揚感で全身の血行が良くなりそう

しっかし ハッキリ言って万人にその門戸は開いてくれていないんだなぁ コレが…
むしろ 動物愛護の観点でみてしまうと 批判が鳴りやまなそうな…ね

冒頭のでっかい時計の崩壊
この瞬間に このお話は 現代でもはたまた歴史上でも どこの場所にも存在しない世界だと思えるコト…すなわちホメロスの英雄叙事詩『イリアス』に飛び込めるかどうかで この作品の評価は逆転しちゃう気がする

モニカ・ベルッチ演じる花嫁の 名前も年齢すら描かれず 動物達が神の言葉を伝達するかのように人間の運命を導く様 悲惨な大炎上 そして霧のように消えゆく……

まぁ 物語を音楽と情熱と映像で紡がせたらホント天下一品だっちゅーコト
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
‪「オン・ザ・ミルキー・ロード」‬
‪やはりクストリッツァ作品は監督名を伏せて鑑賞しても彼の作風と一目瞭然なまでに分かる独特の世界観と表現を確立してる。それにブレずに戦争を背景に奇想天外な人間の姿を描いてる…本作もそうで大自然や小動物を使った映像は美しくバルカンミュージックが映画全体にマッチしてる。‬
Lemon

Lemonの感想・評価

4.0
ドリフかよ!ってとこあったなぁ…。撮影のために動物はころしてないよって注釈があったので安心した。
tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

3.0
日常に戦争が行われている世界で、たくさんの動物たちに助けられる寓話のようなお話。
ハヤブサやロバ、ヘビ、ひつじ、熊がとても愛おしく感じられました。
映画のタイトルや、ポスター、一部の雰囲気は良いのにな。
動物死ぬのはだめだわ。
はるか

はるかの感想・評価

2.0
コント…?
私にはちょっと難しいわ。
動物殺されるのが生理的にだめ。
遅ればせながらやっと観た。前半はマジで『アンダーグラウンド』の焼き直しかと思ったが2人の逃避行が始まってからはまたあれとは違う方向性の頭のおかしさだった…。動物とんでもなくバコバコ死ぬね。これすげえわ。
動物たちとの距離感が。アヒルの団体行動は何かの比喩なんだろうか…
情報を持たずにみてよかった。
最初は何が起きてるのか全く把握できずだったけど飲み込まれていった。モニカ・ベルッチ、美しかったなあ…。