オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

うーん、戦争だのなんだの以前に愛という人間のエゴで死んで行くロバや羊が見てらんない。ミキマイノロヴィッチが健在で嬉しかったくらい。
mory

moryの感想・評価

4.1
20171126 シネモンド金沢にて

エミール・クストリッツァ主演・脚本・監督、紛争の続く架空の国におけるミルク売りの愛と再生の寓話。

銃声と爆撃が鳴り響く中での、過去を捨てた男と女のロマンスを軸にした音楽劇とファンタジー。先月鑑賞したアンダーグラウンドの時も思いましたが、この監督の言葉や世界観は、ユーゴスラヴィア・サラエヴォで生まれ、経験したからこそのものだとつくづく感じます。国が無くなるという経験をしたことが無いものには絶対に描けない、わたしたちの語彙の中にはない生き方に打たれます。

登場する動物たちがとても愛らしかったです。ヘビのあのシーン以外なんとCG無しなんですって!特にロバとハヤブサがかわいかったです。
kurumi

kurumiの感想・評価

3.5
この監督の映画の音楽と、動物たちが好きで楽しみにしてました。よかった!
コスタが優しいからかなんでも巻き込まれてしまうね、、、
aya

ayaの感想・評価

4.1
友人に勧められ、「劇場で観て欲しい」という言葉に背中を押されてスケジュールに捻じ込み、観てきました。友人よ、背中のみならずツボまで押してくれてありがとう。

絶妙なアートバランスをお持ちの監督で、全然知らなかったことが恥ずかしい。
過去作品も絶対に観よう、と思いました。
ミシェル・ゴンドリーともウェス・アンダーソンともクリストファー・ノーランともターセム・シンとも異なる『ファンタジック・ナマモノ使い』。
まだいたのか!という驚きでした。

舞台は、見て!と言わんばかりの大自然、生き物たち、人々の営みと死。ファンタジーと異国と郷土の濃縮度が凄まじい。悲壮感と「どう見ても戦場」な世界にユーモアと明るさを散りばめてあって、それこそもう大宇宙。

シンプルな単語を並べた純粋な愛の詩を、素朴だけど美しい素材の紙とペンで何枚も何枚も力強く書く、っていう感じの作品でした。
生と死は表裏一体だけれど、愛には裏も表もない。意味があるか、ないかというだけ。けれどそれはすなわち私であり、あなたでもあり、ひとりではなくふたりである。そんなような内容でした。

ロマンス部分はスタンダードな基礎をいきつつ、思いもよらぬ奇抜なトッピングをした演出。光と色の効果がしびれるほどロマンティックで、『こんなラブロマンスがスクリーンで観られるなんて生きててよかった』と感動しました。
「きれいだ」「それは私の不幸よ。私の美しさも、あなたの優しさも、人の悪さを引き寄せる」
というような台詞の応酬は、映画歴の浅い私みたいなぽんぽこりんが劇場で体感して心打たれてる場合じゃないよね⁈ってくらいヴィンテージ感溢れるものでした。
そんな台詞を繋げつつ展開はあんなにもダイナミックっていうね。 やられたわ…

モニカ・ベルッチの役が、モニカ・ベルッチ以外はあり得ない感じ。120点のキャスティングでこんなのずるいよ、って思いました。『世界の惚れて当たり前な美女』選抜です。

あと、サウンドトラックも最高。所々歌がはさまるのも好き。セルビアとかユーゴスラビアとかあの辺り全然全くなんの知識もないけれど、だんだん台詞が気持ちよくなってくる。

良かったです。価値観が近い人には薦めたくなる。
近頃 微妙な作品が続いてたので、リセットできてすっきりです。
miku

mikuの感想・評価

4.4
冒頭の5分くらいから
あれ?これわたし見れるかな?
って怖気ついた豚の断末魔の叫びと
鮮血を浴びる真っ白いアヒルとコスタの夢。

戦争と動物と人間の生と死を描いていて
テーマは重い、描写も重い。けど
バルカンミュージックが最高にかっこいい。
病室で雨漏りをかばってあげるコスタにはほんとう可愛くて面白かった(笑)
カボチャダンスもね。

愛する人を守るために
大好きな村や大好きな動物をも犠牲にして守ってたのにその愛する人まで死んでしまうとはなんとも切なかったけど
「誰が彼女を思い出すんだ!愛の記憶を絶やすな」
という言葉には涙がじわり。

たくさんの動物や人間が死んだけど
ひつじの子供は産まれたし生きている。

なんかスゴイ映画を観れたなぁ、、
恋子

恋子の感想・評価

4.0
イカした音楽が鳴り響き、動物、ヘンテコなメカ、硝煙の匂い。
世界は混沌としてエネルギッシュ。
最高だった。
MSTshozi

MSTshoziの感想・評価

4.1
笑えるけど笑えない。
笑えないけど笑える。
展開と音楽とにとても心地よく振り回され、合間合間の動物たち。
ストーリーやら演出やら個々の歯車が噛み合い、それで何ができてるかはわからないが、その歯車の一部にされるような、その世界に放り込まれるような感覚になる。
身体と、生活と、戦争と、恋と、他の生き物と、様々なものの中で生きている事をいつのまにか引き込まれて、いつのまにか気づかされた。
umeko

umekoの感想・評価

4.2
天国と異国の狭間trip

最後まで読めないストーリー展開で痺れました。

綺麗だし動物の愛おしさ
細かい事はよく分からんが、楽しみにしてたし楽しんだ。

所々とても観念的で、意味を考えるとちょっとついて行けない気はした。

いつもの動物奇跡的演技。どうやってんのほんと。

最後の敷き詰め石はどこかアンダーグラウンドを思いだしました。

動物、人、終わらない戦争。

人の良さの塊みたいなひとなんだろうな。

しかし、羊…。

クストリッツァはカウリスマキの映画に似合いそう。もう引退か。
戦時中にミルクを届ける配達人の男と美しい花嫁が繰り広げる情熱的な愛の逃避行のあれこれを描く
バルカンミュージック背景にエネルギッシュなシーンの数々 (アンダーグラウンドほとではなかったけと)最高!