オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

宇京

宇京の感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

愛するひとがここで死んだ場合、目のまえにはそのひとの亡骸があるとおもうのですが、煙とともにそのひとの身体は消えてしまい、決定的なそのひとの喪失ではなく単純に引き算をしたような感覚、かなしい主人公の内面の表出、とかになんだか自己愛を感じてしまった、だから多用される俯瞰にもぎくしゃくしました。
とし

としの感想・評価

3.3
クストリッツァ監督の作品を初めて鑑賞。
独特の世界観が全面に押し出されてる映画で、登場するモティーフ一つ一つに意図があるんだろうなって考えながら観ました。

想像以上に宗教色が強い内容だなと思ったけど、東欧の情勢、特に旧ユーゴスラビアに関する知識不足を感じたんで、勉強してから観たらまた違った感想になるかも。

なにわともあれ、羊をドッカンドッカンやるシーンは見ものですね。
すごい。クストリッツァ。エミール・クストリッツァ。初体験。初めて見ましたけど、すごいなこの人の映画。


三大映画祭を制覇してる監督の一人で九年ぶりの新作だそうで。見に行くのに覚悟が足りなかった。どんなもかな?って。軽はずみに見に行ってしまった。とんでもないわ。


隣国と戦争中の山中の田舎の村。多分セルビア?兵隊たちにミルクを運ぶ男が主人公でクストリッツァ監督ご本人。しかしこれは別に戦争映画ではない。愛の映画なんですね。


おそらく戦争で使わなくなった駅舎をそのまんま家にしたちょっとリッチそうなお宅の美人の娘さん、かなりヤンチャな性格で活発ですが主人公に惚れてます。戦地に行ったお兄さんのために、戦争ビジネス利用して、どこぞの収容施設から美人の娘さんを連れてきます。

夢はお兄さんとこの娘さんモニカ・ベルッチと、自分とクストリッツァのダブル結婚式!

ところがこの娘さん、英国軍の将校にほれられててひと悶着あったわけで、かなり執念深く想われてしまってるらしいとの噂。

そのうえクストリッツァとモニカ・ベルッチの見つめ合う視線に熱い何かが…。

なんか変な予感がしつつクストリッツァは、その駅舎の家の牛の乳を、戦地へ運ぶ毎日。乳を絞るのはモニカ・ベルッチ。

その道は、つまりミルキーロードなわけですね。



音楽!そして動物!神話的だし、映像の魔術としか言えないようなリアルなのに奇想天外な絵面!

音楽に歌と踊りと酒だろう!!みんなで笑おう!愛し愛されて生きよう!もう、そうとしか言えない。


スクリーンからエネルギーが溢れるなんて書いてあるけどほんとにその通りだよ。すげえよ。ただもんじゃないよ。


響いたのはこのセリフ、男は女の美しさに狂い、女は男の優しさに狂う、だって。ねぇ。今聞きたくなかった。


あとはもう、この映画の最後まで見て、ミルキーロードとは何だったのか、というのを見届けてほしい。悲しいまでに美しい壮大なミルキーロードが見られるはず。
Cookie

Cookieの感想・評価

4.3
羊とモニカベルッチを地雷でボンボンぶっ飛ばせるのはこの監督しかいないでしょう。。そういう意味ではいかにもクストリッツァ。悪く言えばいままでの作品とそーんなに差を感じないものの、本人主演だし、これはこれで良かった。
戦闘してる最中でも人間腹が減れば食べなくては生きていけないし、本当にちょっと前まで旧ユーゴスラビアはこんな状態が日常だったんだろうなぁ。
クストリッツァならではのユーモアと生きる勇気みたいなのが久しぶりに味わえて楽しめました、
なつ

なつの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

音楽も画も全部綺麗。後半の逃走劇もハラハラしながらもこの2人ならなんとかなるんじゃないかなって望んでしまった。
動物たちがみんな本当に可愛い。特に踊るハヤブサの愛らしさがすごい。
羊の群れに隠れている時にヒロインは地雷で命を落としてしまうけれど、その直前に生まれた羊は生き残っていて、、、羊飼いのおじいさんの台詞が泣けた。
歌詞にビッグ・ブラザーが出てきたからオーウェルの1984年と世界観共有してるのかな?とちらっと思ったり…あとは小川をウエディングドレスが流れていくのはオフィーリアの暗喩?
大人の絵本みたい。もう一度見たい映画。
Marino

Marinoの感想・評価

5.0
異常!やっぱり、好きだな、エミールクストリッツァ。ほんと笑える。本人が主演とは、、、笑
Sayu

Sayuの感想・評価

3.6
イカれてる
ブッ飛んでるー
理解できん部分多数!
近くに座ってたご婦人はめっちゃ笑ってたなぁ~

痛いシーンや可哀想なシーンには目をつぶっちゃって見れなんだ、、
なのに軽快な音楽に心踊らされて
壮大な自然の映像には心惹かれてた
不思議な世界に苦しむ。笑
1回見れただけで充分かなって思ったけど
酒場のシーンは何度でも見たいかも😂
あと、ラストが好き

戦争からは逃げられないんだね~
うまに

うまにの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

あんまり乗れなかったけど、喜怒哀楽、全方位に振り切れる感情の波。そして羊大爆破。
yusuke

yusukeの感想・評価

4.0
生命力に溢れた映像と音楽とキャラクター、対照的な歴史的文脈、そして男女の悲哀の甘辛ミックスな雰囲気によって、ファンタジックでぶっとんだ物語であるにもかかわらず、決して喜怒哀楽のどれか単一の感情だけでは終わらない現実世界の感覚を抽象的に教えてくれる。
民族性を通して人生賛歌を感じさせるイメージの監督だったが、今回は宗教性に収斂していくような印象だった。
Aki727

Aki727の感想・評価

3.0
脚本や演出とかなんかもうわたしには理解の範疇を逸脱した作品。
2.5つけようか迷うほど…
でもとにかく色使いが素敵、景色が最高。

冒頭のセリフなき3分くらいのシーンはみながら、ポカーンとしてしまい惹き込まれそうになるけど、ドンドンとハテナが増える。
CGが…何を意図してあれだけ陳腐なのか、何を表してこの映画を作ったのか、この作品を賞賛する人解説していただいたいほど…