オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 47ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

音楽とダンスと動物はやっぱりよかった。

悲しく、面白おかしく、残酷で、優しくて、そして真っ直ぐで…
最後は結局じーんとしてしまった。
モナ郎

モナ郎の感想・評価

4.1
クストリッツァの今までのスタイルを残しつつ、少し視点をずらして描いた物語、という感じだった。
生の力強さと、その裏に潜む残酷さを、物語というフィルターを通して、観ている側にこれでもかと投げかけてくる。僕がクストリッツァに惹かれるのは、一度ハートに火がついてしまったらもうそれは一般的な道徳の正しさ、正しくなさでは図れないし、どうすることも出来ない。それならいっそこの火をとことん大きくしてやろう。みたいな大きな生命力を映画が持っているところ。だからクストリッツァ映画に出てる登場人物は毎回お祭りであんなにはしゃいでるんだと思う(笑)
ハートの火を燃やしまくった結果、最終的にどうなったかは作品ごとに全然ちがうけど・・。
NATSU

NATSUの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

エミール・クストリッツァ作品大好きだけど、今回はあまりはまらなかった。
特に後半が辛かった。

家に帰ってから「ライフ・イズ・ミラクル」を観て、やっぱ最高だなと。
坂上

坂上の感想・評価

3.3
動物をよくもこれほど愛くるしく撮れるもんだな。熊にオレンジ与えるところなんかまるでムツゴロウさんでした。
動物の可愛さもさることながらストーリーも面白くて、この骨組みによくもあれだけぶっとんだ肉付けができるもんだ。
細野

細野の感想・評価

3.5
クストリッツァ監督の新作との事で楽しみにしていました。

狂気を感じさせる程の振り切れ具合は今までの作品でも一番です。(特に後半の羊)

この監督の映画に出てくるバンドの演奏シーンは
いつだってテンションが上がります。
次も期待しています。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

4.5
4.5点
楽しみにしていたクストリッツァ9年ぶりの最新作。

…でもね、あんまりよろしくなかった。
モニカベルッチがミルクを入れた缶を抱えて、こぼれたミルクでミルクまみれになってたところが、この映画のピークだった。

あとはもう既に「ライフ イズ ミラクル」でやっていた事の焼き直しっぽかった。
線路脇の時計台のある建物も「〜ミラクル」の舞台ではなかったか?
監督主演でリメイクした感じですな。
後半のバランスも悪く、あまり良い出来ではないように思える。

ちょっと熟女パブとジンギスカン行ってくるわ。
Mariina

Mariinaの感想・評価

3.5
初エミール・クストリッツァ
独特。
フルCGでもなさそうな動物たちの使い方が気になる。
ノースモーキングオーケストラが演奏して、村人たちが踊るシーンよかった。
そこからの後半の逃亡シーン長かったなぁぁ。
咲

咲の感想・評価

4.3
初めてくストリッツァの作品観たけど、すごい世界観が好き。
音楽とかもう最高
グロいなぁて思うシーンもあったけど、なかなか面白かった……!
かっぱ

かっぱの感想・評価

4.2
今までのクストリッツァ映画の要素もあるのだが、まず思ったのが世界観、敢えての安っぽいCGなどホドロフスキーの作る世界観に似ているというのが1番最初に思った感想だ。

この映画で最も素晴らしいのはやはり動物の使い方。
ハヤブサ、ブタ、ガチョウ、ヘビ、ヒツジ、クマとほぼ全てCGなしで撮っているというのだから素晴らしい。
それら1つ1つにどのような意味があるのかを汲み取るのは難しいが、寓話的世界観を盛り上げる役割を大いに果たしている。

また自身でバンドもやっているからであろうが、音楽の使いどころもユニークで面白く、ロケ地に関してもドローンの撮影が最大限に発揮できる広大な大地で美しくかつ、どこが現実離れしている形で撮影されている点も特筆すべきことである。
aki

akiの感想・評価

4.0
ミルク運びが美人な花嫁をさらって逃げる話。

この監督の作品はじめて見るけど、面白かった。
世界観とかすごい。
動物がたくさん出てくる映画で、動物にも演技指導をする監督なんてはじめて聞いた。
アヒルが歩くシーンや羊の群れのシーンとかほんとに言うことを聞いてた。

後半の展開なんてすごい。
衝撃の展開ばかり。

映画というより芸術作品みたいな作品。