オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

Roygbiv

Roygbivの感想・評価

3.8
自然・動物・祝祭ではしゃぐ人々を描かせたら右に出るものはいない、クストリッツァ。ずっと見たい見たいと思っててようやく見られた。今作もぶれずに、ありのままの自然とファンタジーとの境界を曖昧にした絶妙なストーリー展開。特にラストのフェードアウトのカットには涙が…。映画館を出るまで魔法にかけられたように見入っていた自分に気がつかなかったこの感じ、まさにクストリッツァマジック。
kazuかず

kazuかずの感想・評価

4.7
大傑作と名高い「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツァ監督の最新作。自身が主演も務めてます。

アンダーグラウンドのリマスター版を観に行ったんですが、破茶滅茶な世界観と独特のラッパ🎺音に洗脳された凄い作品でした。かなり好き嫌い別れると思いますが、自分は好きです。

今作は、アンダーグラウンドより、遥かに分かりやすい内容で2人の男女の愛の逃避行をパワフルかつ笑いと破茶滅茶な世界観で描ききってます。そして、特筆すべきは、舞台となる土地の風景の素晴らしさ。絶景に次ぐ絶景で見入ってしまいました。

前半は、監督独特の破天荒ぶりと恒例のラッパ音に、またこの流れかと思ってたら後半はハラハラドキドキの逃避行に。その逃避行の過程がめちゃめちゃ面白い(*゚∀゚*)

映画に出てくる動物たちが、かなりのキーマンに。
鷹、鶏、ロバ、熊、蛇、羊たちに目が離せません!
動物愛護団体から苦情が来そうなシーンもありましたが、よくこんな映画を作ったものだと感心( ´∀`)

とにかく面白い。
自分はかなりハマりました。オススメします。
inoko

inokoの感想・評価

-
クストリッツァ監督の『アンダーグラウンド』はこれまで見たこともないような映画で、ラストは本当に考えさせられて大好きなんだけど…

これはへんちくりんや。ジプシー系がそもそも苦手や😭😭😭
JTK

JTKの感想・評価

4.2
ある時どこかの村の戦時下。少しネジの緩んだ牛乳配達人とナイスバディな訳あり美女の愛の逃避行。
生命力溢れる圧倒的な映像と音楽であっという間の2時間。
この独特の世界観を持つおとぎ話にはちょっと稚拙なCGも逆に効果的か。
絵と音で有無を言わせない理想的な映画だった。
変てこで切なくてロマンティック。
映る映像全てがアートで密度が濃い。
かなり気に入った。
錆犬

錆犬の感想・評価

-
017/10/01 伏見ミリオン座
アンダーグラウンドやアリゾナドリームは超えられないかな
nekomori

nekomoriの感想・評価

3.2
ファンタジーめいたタイトルとは裏腹に
ぶっとんだ内戦ものだった。
しっちゃかめっちゃかで見る人を選びそう。
モニカベルッチのお色気健在(笑)
すごく癖のある作品で、好き嫌いがわかれる映画だろうなと思いながら鑑賞、わたしは嫌い派。ファンタジー過ぎて笑うところがまったく笑えない。50代になるモニカ・ベルッチの相変わらずのお色気はさすが。
momoka

momokaの感想・評価

2.8
うーんシンプルに好みじゃない!ただそれだけ。この監督の作品はいつも評価が高くて観てみるけど、私にはあわないようだ…
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

2.5
職場の人が激オススメしていたし、クスリトッツァ見たことないしで、同じような状況の友だちと見に行った。変てこ映画だった。

ユーゴスラビアという国については、アンジーの『最愛の大地』を見た、くらいの知識しかなくて、複雑すぎる事情にクラクラする。

ただ、この映画の表現は好きじゃないかもしれない。