オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

エミールクストリッツア大好き過ぎる。
銃撃戦の中を真剣に牛乳配達するのっけから最高。
アヒルの血風呂も、葡萄に切り耳、極楽鳥や羊の丸焼きも大好き過ぎる。
くっだらない(彼の謎の哲学)を信じてやり通すカッコよさ。。もうひたすらにニヤニヤ。何がオンザミルキーロードだよww
戦争や恋愛をこじつけてズートピア作りたかっただけだろ!こうしゃくたれのディズニーより全然最高だよ!
アンダーグラウンドしか見たとなかったけど、この茶目っ気よ。こだわりよ。映像愛よ。
エミールのおっかけがしたい。
いよ

いよの感想・評価

4.0
愛についての寓話
陽気で物騒などんちゃん騒ぎと
高地の美しい風景を楽しむ
モニカベルッチの美しさは健在
兵士たちとの追っかけっこがコントみたいで笑う
地雷原のシーンってラム肉の焼ける匂いが漂ったりしてたのかな
爆薬の臭いの方が強いか
なきょ

なきょの感想・評価

3.4
クストリッツァ監督の前作を全部見ないと語るのむずいんだろうなぁ。
でも絶望的な状況を愛する人(年の差かなりあり)と逃げて逃げて逃げまくるっていうストーリーは憧れちゃう。
2017(151)
雄大な自然と直ぐそこにある戦争と死、その中で生きる人間の愛と生命の物語
隣家の妹の新体操とダンスと酒の飲み方が最高で正教会のシーンもアガった
(110)
今日は神代植物公園に秋バラ見に行くはずが、乗ってる電車が人身事故を起こして見なくて良いものをたくさん見て帰宅
切り替えるために映画観にいったけど羊がバラバラに爆発してました

コンディション的問題でケッコー寝たけど、変な映画で面白かったっす

@ 有楽町シャンテ
hrsw

hrswの感想・評価

3.5
エミールクストリッツァ監督の今までの作品より落ち着いてた印象だったけど、そのせいか観入る映画で良かった。戦争の背景も前半の賑やかさも、監督の色は十分健在だった。そして美女。
動物だいすきクストリッツァー!
ムツゴロウ王国ならぬクストリッツァ王国!

相変わらず過激、残酷、それでいてどこか滑稽、愛嬌あり、の
喜劇作品だけど名作アンダーグラウンド超えは勿論無理!

ちなみに開始5分ほどのシーン、アヒルづくしや〜〜
おもてたらあいつらはどうやらガチョウらしいです。
アヒルとガチョウの見分け方サイトはこちら・・
http://bunbunnetwork2.kitunebi.com/duck/difference.htm
vanilla

vanillaの感想・評価

-
戦争があってものどかな暮らしがあり、愛し合う人がいる
目覚めたら戦争が終わってるといいなと思った
ずっと悲しい夢を見てるみたいな気分だった
寓話がぶっ飛んでいて目眩が。
タイヤの位置がおかしい車が出てきた時点で、もうこの後何があってもこの世界にどっぷり浸かろうと決めた。
最高。
たなま

たなまの感想・評価

3.0
初クストリッツァ。とてもチャーミングで牧歌的なのだけど時折何のメタファーなんだろ?と首をひねるようなモチーフやアイロニカルな仕掛けが登場。と思わせて特に意味はないのかもしれない。ターセム・シンみたいな映像美の中で爆発するラムチョップが最高。他作も観てみたい。