オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

犬君

犬君の感想・評価

4.2
当たり前に面白い。オープニングからお家芸の動物ラッシュでサイコー。
ラストに出て来るクマはもちろん本物で、クストリッツァとは数年来の交友ってインタビュー記事みてめっちゃ笑った。
nonkasvas

nonkasvasの感想・評価

4.2
いままでのクストリッツァ作品とは少し印象が違う。(UNDERGROUNDとジプシーのときしかみてないけど)エンドロールに名前を出してもいいんじゃないかと思うくらい名演技をする動物たちと血湧き肉躍るジプシーブラスの音色は相変わらずだけど、なんか根本のテーマが軽やかになってる印象を受ける。戦争なのにファンタジーで、実話と寓話のバランスが良く、生き様とか死生観とか宗教観とか重いテーマを動物を使ってポップに見せたり、大人っぽさと子供っぽさが混在してたり、ほんとバランス感覚がいい。
監督自ら主役を演じてモニカ・ベルッチとイチャイチャしたりドリフみたいなことしたりアクション俳優みたいなことしたり、クストリッツァが映画で(今)やりたいことを全て詰め込んだ作品なんじゃないかと思う。
クストリッツァは撮りたいものが一貫してる。動物、戦争、ジプシーミュージック、花嫁。クストリッツァ自身が出演しだしてるのは最近から?
映画「アンダーグラウンド」の エミール・クストリッツァ監督が監督・脚本・主演までこなした意欲作。今作も戦時下の人々を描いていますが、特定の国の出来事ではなく、架空の国の話らしい。

休戦、交戦、そして終戦と状況は変わっていきますが、前半は戦争中とは思えないのどかな場面もあり、ガチョウや羊、熊とかも出てきたり、なかなかのんびりした雰囲気もありました。ミルク飲む蛇や白い蝶とかファンタジー要素もあるのかな~。

物語はそんな村でミルク運びやっている男性コスタ(エミール・クストリッツァ)と他の土地からやってきた女性(モニカ・ベルッチ)との愛と逃避行を描いた話です。女性を追ってくるのが武装した男たちなので、後半はうって変わった展開に目が離せませんでした。

しかし、コスタの最初の格好はちょっと滑稽でしたね。雨傘をさし、肩にペットのハヤブサを乗せてロバに乗り、銃弾が飛び交う中をミルク缶を運んでいくって、ちょっと普通じゃない(なんかよくわからないおっちゃん)です。
もっとも村の飲み屋で酒を飲んで騒ぐ人々が、拳銃バンバン撃ちながら盛り上がっていく様子も普通じゃないのですが...(笑)
なんか何でもありな感じがしましたね。
そういえばフラッシュダンスの曲が流れるシーンもあったり、時にグロいシーンもあったり。
いい意味で自由に作っているようで、面白かったです。音楽もなかなかでした。

ラストシーンも何か意味がありそうな感じがしました。なんとなく途中の羊のシーンにも似てましたが、結局、よくは解らないんですけどね...
反戦へのメッセージはあるんでしょうね。たぶん...ですが。不思議な余韻のある作品でした。
りま

りまの感想・評価

3.5
長い夢を見ているようだった
なんだか意味わからない夢をみちゃったってことありますよね?
そうそれです!

ひつじさん、死なないで!
厳しい現実でもくすっときてしまうことがある作品でした
何語ですか……

77
taaamami

taaamamiの感想・評価

3.8
エミールクストリッツァの描きたいものはずっと変わらなくて、とどまることを知らない人だと思う。
micco

miccoの感想・評価

1.7

ファーストシーンから
合わなかったので多分単純に
わたしには合いませんでした

タイトルはすごく惹かれたし
パケットも好きですが、、、

わりと頭の中がハテナになる演出多かった
木上

木上の感想・評価

5.0
最高な映画を観た!!!と思ってフィルマークスチェックしたらびっくりなんですけど!評価低くないっすか…
なんであんな絵本みたいな世界を作れるんだろう。夢を夢と感じないように、非現実を非現実と感じないような。ファンタジーを脳に満たすことができる。
ストーリーはさすがの潔さだし、そのスピード感が空気に合って心地良い。
フワ~としたマシュマロをサクサク切ってトントンしたような…ぶっ飛んだ夢物語なのにテンポの良さ、選曲の最高さ、画の愛らしさ奇妙さ全部が素晴らしすぎて生きる意味すら噛み締めたよね…どうして人生はこんなに自由には行かないんだろう!!120分うまく作られてるなぁ!
ペイン

ペインの感想・評価

2.0
正直かなり観てるのキツかったな…

前半はたしかにホドロフスキーの「エル・トポ」の如く傘を挿し、ロバに乗るクストリッツァが出てきた瞬間に何か凄いものが始まるぞ~という予感がした。世界観や画作りも大変好みだったのだが…

どうやら奇をてらおうとし過ぎて空回りしちゃったように思える。その空回りぶりは近年の園子温作品のよう。クストリッツァは9年間映画撮ってなかったみたいだけどその間にだいぶ拗らせたんじゃないかな(笑)

モニカ・ベルッチともう一人の美人似すぎててホントに区別つかないし、後半のテレンス・マリック「地獄の逃避行」もおったまげ~な二人の逃避行は本当に冗長で退屈だったな…

ともあれ銃撃や爆破のシーンの迫力が凄まじくてそれは「アンダーグラウンド」の頃と変わってなくて流石だなとは思いました。この映画を一言でまとめると“不思議ちゃん”ですね。

地雷で吹き飛ぶ羊が最高!

高嶺剛かっ!

とツッコミを入れたくなるくらいに

ようわからんかったw