オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 51ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

yoheikono

yoheikonoの感想・評価

4.2
作品冒頭に出てくるこの作品の成り立ちが示しているように、緩やかに繋がったいくつかの物語が展開しているように見えるため非常にごちゃっとした手触りとなってきる。
音楽に合わせて飲み歌い踊る場面はすべて最高。後半のヤギのシーンも最高。
suzu

suzuの感想・評価

4.3
前半めちゃめちゃ笑った
後半、羊だった。
初めてクストリッツァ自身に、辛かったんだ!と言われた気がした(本人が主演やってるし
クストリッツァの今までの映画で好きなシーンぽいのもちらほらあって楽しかった
みね

みねの感想・評価

2.5
ある程度わかりやすい映画が好きな自分には正直最後まで観るのがつらかった。

壮大な景色が観れたと思って映画館をあとにした。

映画に詳しい人と行けば、前後でしっかりと解説を聞けて良いと思います。

このレビューはネタバレを含みます

冒頭からのガチョウの跳躍は『アンダーグラウンド』だ!だったけど、豚の血にまみれてハエがたかる。この死臭はクストリッツァが嗅いでいる人間の悪臭なんだろうか。
この人はどうやったら人類が戦争をしなくなるかをず~っと考えてきたんだろな。
『ライフイズミラクル』『黒猫、白猫』とかを思い起こさせるシーンが沢山あって、クストリッツァファンは節々でニヤニヤしたのでは。私はかなりニヤニヤしてました。
『アンダーグラウンド』から20年以上経っても人類の戦争へのスタンスは変わってないのかしら。
「お前が死んだら誰が彼女を思い出すんだ」は次の世代へユーゴの紛争のことを伝えたいんだと勝手に解釈。もう一度あの戦争を振り返ることにしよう。
angryaoi

angryaoiの感想・評価

4.0
神話の中に挿入される真理な言葉が強い。アヒルが行列なしているのと同じように、「君が死んだら誰が彼女のことを想い続けるんだ」って言葉が勝つ。
みい

みいの感想・評価

-
シュールなおとぎ話のような映画。

個性が伝わってくる女性達、楽しそう感じが伝わってくる演奏、鮮やかな映像は良かったけど、終盤は同じような事が何度か続き、いつ終わるのかと感じるくらい長く感じた。

でも楽しい映画だった。

9月に鑑賞。
nana

nanaの感想・評価

-
絵本のようだった。アンバランスな演出につい声出して笑っちゃうことも。重い事も、スッと受け止められる映画。踊り狂ってる女の人が魅力に見えちゃう音楽がとても良かった!
TOSHI016

TOSHI016の感想・評価

3.5
ミルクは関係ないってゆうかあるってゆうか。どっちやねん!てな感じのぶっ飛び系。ちょっと長いよ。
honobon

honobonの感想・評価

4.5
過去作のセルフリメイクのようなシーンがありにやっとなる瞬間がありつつも、CGを使って表現しているところもあって新鮮にも思える
時計に咬まれた!を始めとするスラップスティック、冒頭からハヤブサの飛行、ガチョウの行進など力の入れ方やっぱりおかしい。
ナルト

ナルトの感想・評価

3.9
終わらない、愛と戦争を繰り返す人間達。
それを皮肉るような、人間臭い動物達。

ファンタジーで、残酷で、でも不思議と心地良い。