オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 53ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

【 地雷原のファム・ファタール、ミルクに溺れる 】

冒頭のハヤブサでもう持っていかれましたよ。(猛禽類大スキ!(≧∇≦)
これだけで1P増し。
しかも音楽に合わせて踊るし^^;
全体の音楽(バルカン音楽?”もヨシ。(あの楽器何だろう?鉄琴みたいな、ピアノみたいな)
これで更に1P増し。
ただ歩いてるだけに見えるガチョウの集団も、凄いこだわった画なのがわかるし、期待大で見始めた。

何事も、序盤張り切り過ぎると後半は息切れするジャン。マラソンとか(笑)
今作はそんな事はなく、最後まで “ みっちり” だった(^◇^;)
こだわり抜いた演出、『どうやって撮ったの?!』と想像つかない映像多々。

この作品を好評価すると“ 動物愛護的にどうなの?!” とかツッ込まれそうだけど、旧ユーゴスラビア = 地雷は人間が生んだ業だし。
かと言って、今作は戦争の愚かさや悲惨さを描くのがメインの作品ではない。
“ 愛” のお話だからね。

それでもなんて言うのか‥‥
家畜を飼ったりの “ 日常” が奪われる残酷さ、って意味で、『ダンケルク』よりよっぽど戦争を描いてるよなーーと感じましたけどね。個人的には。
ほんでもって、ワンダーウーマンとかスパイダーマン・ホームカミングとかより、よっぽど『映画を観たーーー!』って感じになる。

しかしモニカ・ベルッチ、よくこの役やったな‥‥
濁った川の中とか羊にまみれたり、ホントカラダ張ってますわ‥‥
あのミルク屋の娘もサイコー
ヨーロッパなのに、どこかラテンなノリ。

最後の主人公が、手塚治虫『火の鳥・鳳凰編』の我王と被った。
人間界・俗世を離れ、熊をも手なづけてたり ^^;
火の鳥にもテントウムシ出てきてたな‥‥
(地雷原に石を敷き詰めたら、爆発しないのかな)

とりあえず蛇に出会ったら止まって拝んでおこう(^◇^;)
nuruko

nurukoの感想・評価

3.5
戦地でふてぶてしく生きる人々と表情豊かな生き物、銃声とノリノリのバルカン音楽、賑やかで混沌とした前半は見応えがあり、後半もハッとするシーンが所々挟まれているので見飽きなかった。ミルクをこぼしながら走るモニカベルッチが印象に残ってる。
とはいえ、好き…!という気持ちにはならなったんだよね…。神妙な顔でアート作品を見つめる私をご想像ください。ハマれず残念
U子

U子の感想・評価

3.4
私はあんまりおもしろくなかった。
ジプシーのときと、アンダーグラウンドが好きすぎて比べてしまうとだめかもしれない。
監督が主演もいいが、モニカベルッチと出たかったのかなとか邪推してしまう。
最後の爆発シーンは、B級映画みたいで面白いし、ラストもすごいなあと思うのだけど、全体的にみるとあんまりだと思う。
音楽も、もっと欲しい。
1号

1号の感想・評価

4.0
期待を裏切らない。
ワールド炸裂ひつじも炸裂、すげかった!
タイトルも秀逸だと思います。
ekoda8

ekoda8の感想・評価

4.0
ミルクをこぼしながらかけよるカットは個人的映画史のベストアクトトップ30に入る。

エンドクレジット、動物たちに名前があって愛らしい。
masaken

masakenの感想・評価

3.4
クストリッツァは「ジプシーのとき」に続いて二作目。
opからストーリーに収まらぬ画面の過剰さ、猥雑さ、無秩序にやられてしまう。何と多幸感に溢れた混沌だろう。
中でも背の石壁に花火を映しながらの…シーンは白眉。
最高だ。
中盤までは。
後半からの一転してたっぷり甘い展開にはどうも乗れなかった。
主演するクストリッツァもモニカベルッチも、悪くはないのだが…今作の魅力は彼等を取り囲む人々にあるだろう。
ミレナ演じるミチャロヴィッチが飛び抜けて楽しく美しい。それに対する役を演じるにはモニカベルッチは歳をとりすぎているだろう。
猫

猫の感想・評価

4.0
クストリッツァ全然好きじゃないけどこれは凄まじかった。傑作。
神

神の感想・評価

4.0
パーティーシーンがちゃがちゃ具合と雨漏り避け努力(両手に鍋)よかった。羊地雷爆発も容赦なくてよかった。
音が凄い。
スクリーンから来る生命力みたいなものが、めちゃくちゃパワフルで観た後どっと疲れた。
emedia

emediaの感想・評価

3.8
おとなのための残酷グリム&イソップ童話でした
心を病みつつも村人に愛されるコスタ
他の家に金で買われた花嫁に一目惚れ
この女のためならと愛の逃避行に・・

とにかく動物たちの描写が激しい
唖然とするほどに寓話に迷いこんでいく

肝心なミルク配りが雑だったり
危険な巨大時計との関わりも謎のまま
コスタに恋する娘が
強烈にぶっ飛んでいるのは間違いない
どこからストーリーが始まったのか?
思い出すには?どうにも頭が痛い
恋する男の想いが積み上げられていく
ここだけで充分なのだね・・

モニカ・ベルッチは
『サイの季節』(バフマン・ゴバディ)でも
艶かしい色合いを醸し出していましたね