オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価 - 61ページ目

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

あす

あすの感想・評価

3.8
出て来る動物がみんな可愛い。それだけで観てよかったと思える。
cyph

cyphの感想・評価

3.7
後半予算かやる気か元気かあるいはぜんぶがなくなっちゃったのかなというかんじ&心にくるタイプのグロ描写でどんどん意気消沈していく2時間ではあったけど前半の豊饒さを思い返すとクストリッツァありがたやとなる

画質よいしビビッドだし空撮多いしでアニマルプラネットかなと思うシーンもばしばしありよかった 楽器に合わせて踊るハヤブサ 鏡の前で狂ったように飛ぶ練習するニワトリ ミルクを飲むヘビ 手のひらからみかんをもらうクマ そんなこともあるかよって思うしそんなことがあり得る世界って教わるだけでわりにかなりうれしい

酒場のパーティーがクライマックスってくらいよかったし噛む時計や脱衣麻雀的なゲームしてる婆さんもよかった 名のない国 戦争の終わらない国 マコンドを思い出してた
ろめお

ろめおの感想・評価

4.5
タイトル出てから10分くらいの間にこの監督が作る映画の良さみたいのがギッシリ詰まっている。

しかしまあ動物たちがいい演技しよる。
あ、動物愛護団体の方は観なくて大丈夫です。

35/90 movie2017
Sae

Saeの感想・評価

2.9
独特な世界観。基本的にぶっ飛んでるが、神に選ばれた男と美女の逃避劇ってことかな。出てくる動物が魅力的で、大自然をバックにした舞台が爽快で良かった。
寓話的な世界観とストーリーがどうも苦手。エミール・クストリッツァ監督の世界に没頭できないのが悔しい。さまざまな動物が闊歩する大自然の映像は楽しめた。『マレーナ』の頃と変わらぬモニカ・ベルッチの美しさに感服。
たそ

たその感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

現実とファンタジーの狭間

色んな意味でぶっ飛んでる‼︎
特に前半はサーカス状態‼︎
血まみれアヒルに踊るハヤブサ、鏡と格闘する鶏、怪物時計...さすがに笑う‼︎笑

現代に戦争と動物と音楽を用いて紡がれた新たな神話。


戦場が白く染まるラストは涙。
kamakurah

kamakurahの感想・評価

3.5
エミール・クストリッツァ監督、9年ぶりの新作。脚本・監督ばかりか自ら主演して中身の破天荒ぶりはさすが。この監督にリアルを望む観客は皆無のはず。愛の逃避行を、とにかく終始ヴィヴィッドな画面でこちらに投げつけてくる2時間10分。堪能しつつも、やや物足りない感あり。同世代の映画作家として敬意は払うが、足腰、弱り始めたかなという印象。マドンナはモニカ・ベルッチでなくてもよかったかも。

#オン・ザ・ミルキー・ロード
たくみ

たくみの感想・評価

3.5
ミルク売りと美女のありえない逃避行物語。鬼才エミール・クストリッツァが監督と主演を担当。

なかなかぶっ飛んだ展開でクストリッツァ監督らしさは出ていたけど、御大とモニカ・ベルッチって取り合わせは愛の逃避行にはやや老けすぎではなかろうか?(笑)

不思議な魅力があるので嫌いではないけどね。
BS2011

BS2011の感想・評価

3.5
監督本人が出演するという危惧を感じていたが・・・さほど心配には至らなかった!相変わらずのハチャメチャ感はすごい(特に動物がすごい)!
銃撃や爆弾の量はダンケルク以上なのでは?
菩薩

菩薩の感想・評価

3.6
いつもの騒がしさと動物園に放り込まれた様な感覚、ロバにアヒルにハヤブサに蛇、特に狂騒とロバを撮らせたらこの人の右に出る者が果たしているだろうか。モニカ・ベルッチも50過ぎて流石に寄るとババァだなって感じだが、それでも乳搾りからの牛乳撒き散らしダッシュの流れはエロすぎて、俺も恍惚のミルキー・ロードを爆進しそうになった。とは言え後半の逃避行のグダつきは流石に萎えるし、もう蛇が最悪すぎて一気に冷める。前半は5、後半は3ってのが正直なとこだし、あの地雷原でのシーンなんて普通の人からしたら不快感しか残らないのでは?失楽園、理想郷なき現代社会、逃げても逃げても追いかけて来る暴力をファンタジーと忍びの技でかわして行く…。あれから15年の虚無感に満ちた落とし方もまずまず、とは言え逃げるならモニカ・ベルッチとではないだろう、乳の一つも、あるじゃなし。相変わらずの調子の狂ったクストリッツァ節を観れたって評価は出来るけど、流石に過去作は超えてこない、これも老いなのかな…?ちぎれた耳縫うのは初めて観た気がする、くっつくわけないだろあれで(褒めてる)!雨漏りのとこが一番好きかな。